レクサス NXとUXに、カラーをテーマにした特別仕様車が登場

公開日 : 2020/01/12 14:55 最終更新日 : 2020/01/12 14:55


レクサス NX300 “Bronze Edition”のエクステリア

Lexus NX300 “Bronze Edition”

レクサス NX300 “Bronze Edition”

 

 

NXの内外装にシックな“ブロンズカラー”を採用

 

レクサスは、コンパクトプレミアムSUVのNX300に特別仕様車「NX 300 Bronze Edition」、UX200に特別仕様車「UX 200 Blue Edition」を設定。NX300は1月9日から、UX200は2月3日から全国のレクサス店を通じて販売する。

 

「NX300 Bronze Edition」は、NX300の「I package」をベースに、ブロンズ塗装のアルミホイールを採用。レクサス独自の塗装技術により、繊細かつ重厚な金属質感を表現した。さらにインテリアにもブロンズカラーの専用オーナメントパネルやステッチをあしらうなど、内外装をブロンズカラーでコーディネートし、NXのスポーティさにエレガントな印象を与えている。

 

この他にも特別仕様車専用ブラック塗装のスピンドルグリル&フレーム、ボディカラー同色のフェンダーアーチモールなどを採用。すっきりとしたエクステリアを実現した。また、パーキングサポートブレーキ(静止物)「PKSB」、ブラインドスポットモニター「BSM」、リヤクロストラフィックアラート「RCTA」などのドライブサポート装備を標準設定し、安全性にも配慮した。

 

レクサス UX200 “Blue Edition”のエクステリア

インストゥルメントパネルに標準モデルではチョイスできない専用カラーの「コバルト」を採用しているのも特徴。ブラックのインテリアと相まって、非常に印象的な室内空間も実現している。

 

Lexus UX200 “Blue Edition”

レクサス UX200 “Blue Edition”

 

インテリアに専用カラーのコバルト&ブラックをチョイス

 

「UX200 “Blue Edition」は、UX200をベースに専用内装色コバルト&ブラックを採用。ルーフレール、ハンズフリーパワーバックドア、パーキングサポートブレーキ(静止物)「PKSB」などを標準設定し、よりアクティブなスタイルでの多様なライフシーンに応えた。

 

また、特別仕様車の「Blue Edition」を含むUX200全車で、ラゲージスペースを拡大したローデッキタイプを標準設定し、最大荷室容量310リットル(アンダーデッキを含む)を確保している。

 

 

【車両本体価格(消費税10%税込)】
NX300 “Bronze Edition”(2WD):490万円
NX300 “Bronze Edition”(AWD):516万5000円
UX200 “Blue Edition”:405万円

 

 
【問い合わせ】

レクサスインフォメーションディスク

TEL 0800-500-5577

 

 
【関連リンク】

・レクサス公式サイト

http://www.lexus.jp