ポルシェ、718 ケイマン&ボクスターに自然吸気6気筒&6速MTの「GTS 4.0」を投入!

公開日 : 2020/01/16 16:30 最終更新日 : 2020/01/16 16:30


ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0のフロント走行イメージ

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 / 718 Boxster GTS 4.0

ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0/718 ボクスター GTS 4.0

 

 

ケイマン GT4と同じNAの4.0リッターボクサー6を搭載

 

ポルシェAGは、ミッドシップ2シータースポーツ「718 ケイマン」および「718 ボクスター」に自然吸気の4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した「GTS 4.0」を追加すると発表した。

 

718 ケイマン GTS 4.0及び718 ボクスター GTS 4.0が心臓部に積むのは、718 スパイダーや718 ケイマン GT4と共通の4.0リッター6気筒水平対向ユニット。718 GT4と718 スパイダーが最高出力420psなのに対して、GTS 4.0は最高出力400ps&最大トルクは共通の420Nmを発揮。このユニットに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は293km/hに達する。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0のフロント走行イメージ

718シリーズに、718 スパイダー及びケイマン GT4と同じ4.0リッターの自然吸気6気筒ユニットを搭載するGTSの“4.0”が加わった。

 

7800rpmまで軽々吹け上がる自然吸気ユニット

 

自然吸気の6気筒水平対向エンジンはピエゾインジェクターを使用した直噴ユニットで、低負荷時に2つのシリンダーバンクを交互に停止させる機構や、可変インテークシステムの採用などにより効率性を最大限に高めている。7800rpmまで軽々吹け上がるエンジンは、標準装備したスポーツエグゾーストシステムにより独特のサウンドも演出される。

 

可変減衰力ダンパーを備えたPASM(ポルシェ アクティブサスペンション マネージメント システム)シャシーの採用によって車高が20mmダウンされており、メカニカルLSDを備えたトルクベクトリング機構のPTVも標準搭載。

 

PSMスポーツモードが選択できる横滑り防止機能のPSM(ポルシェ スタビリティ マネージメント)やダイナミックマウントPADM(ポルシェ アクティブ ドライブトレイン マウント )も完備した。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0のインテリアイメージ

トラックプレシジョンアプリは、高解像度7インチタッチスクリーンを備えたポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)と連動して使用できる。

 

サーキットの仮想インストラクターも搭載

 

最新のスポーツクロノパッケージを標準装備しており、ポルシェ トラックプレジジョンアプリも使用可能。これはサーキットのインストラクター役を担うアプリで、操舵角やブレーキ圧、前後/横Gなどの走行データを記録・アウトプットできる機能や、自身の走行ラインを確認できるGPSトラック機能、理想的なラインを走る仮想車と比較できるゴーストカー機能などを収録している。

 

足元に装着するのは20インチの軽合金製ホイールで、フロントに235/35ZR20、リヤに265/35ZR20タイヤを履く。強化ブレーキを採用しており、クロスドリルドディスクとレッド塗装のキャリパーを装備。ポルシェ セラミック コンポジット ブレーキ(PCCB)もオプションで選択することができる。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0のリヤ走行イメージ

GTS 4.0には、718 スパイダー及び718 ケイマン GT4由来のツインテールパイプ・エグゾーストシステムを採用している。

 

ブラック基調で引き締めた内外装

 

エクステリアではダークトーンの意匠を随所に施すことで印象を引き締めている。スポイラーリップやフロントエプロンのエアインテーク、フロントフォグライトとリヤライトのレンズ、リヤバンパーやホイールにブラック基調のカラーリングを採用した。

 

インテリアは、スポーツモデルらしくステアリングホイールリムやセンターコンソール、シフトレバー、ドアアームレストなどにアルカンターラを採用(ケイマンはルーフライニングとAピラーもアルカンターラ仕様)。シートはサポート性に優れたスポーツシートプラスが標準となる。

 

ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0のリヤ走行イメージ

718 GTS 4.0シリーズの日本導入時期は未定。本国では2020年春導入、北米は2020年夏の受注開始を予定している。

 

本国導入は2020年春予定、邦貨で約1004万円から

 

日本仕様にはリアルタイム交通情報を備えたオンラインナビゲーションモジュール、音声認識機能、アプリ連携サービスPorsche Connectも標準装備。BOSEサラウンドサウンドシステムやブルメスター製のハイエンドオーディオはオプションとして用意される。

 

718 ケイマン GTS 4.0及び718 ボクスター GTS 4.0の導入は欧州が2020年春、北米は2020年夏の受注開始を予定しており、日本市場については未定。本国仕様における付加価値税込みの参考価格は718 ケイマン GTS 4.0が8万1926ユーロ(約1004万円)、718 ボクスター GTS 4.0が8万3949ユーロ(約1029万円)。