ベントレー、2019年の販売台数において過去最高の1万1006台を達成

ベントレーの最新ラインナップ

前年比5%増を記録、7年連続で1万台を超える

 

ベントレー・モーターズは、2019年の販売台数が前年同期比で5%増を達成。総販売台数は1万1006台となり、7年連続で1万台を超える車両を販売した。

 

創業100周年を迎えた2019年、ベントレーの最多販売地域は米国となったが、欧州各国や英国でも大幅な増加を記録。ベントレー・モーターズが成功を続けている理由として、刺激的な新型モデルを導入したことに加え、特に「コンチネンタルGT W12」や「ベンテイガ V8」の世界的な供給力の向上も一因として挙げられている。

 

コンチネンタルGTは、クーペとコンバーチブルの両方に高性能V8エンジンが導入されたことでシリーズ全体の需要が大幅に向上。ラグジュアリーSUVのベンテイガも、販売記録を樹立するほどに需要が高い上に、新たに追加された「スピード」や「デザインシリーズ」、さらに同社初の電動モデル「ハイブリッド」がその魅力を高めることになった。ベントレーのビスポーク部門であるマリナーからも3種類のベンテイガ限定生産モデルが発売されたが、すべて早々にソールドアウトしている。

 

ベントレー コンチネンタルGTの走行シーン

ベントレー コンチネンタルGTは、2019年に最も多く販売されたベントレーのモデルとなり、前年と比較して54%の増加となった。ベンテイガの販売台数も18%の増加を記録している。

 

Bentley Continental GT

ベントレー コンチネンタルGT

 

コンチネンタルGTシリーズが好調な販売記録を牽引

 

ベントレー・モーターズの会長兼CEOであるエイドリアン・ホールマークは、2019年の好結果について、以下のように喜びを語った。

 

「2019年は、ベントレーにとって多くの理由で特別な1年になりました。ベントレーは100年にわたる歴史で4度目の年間販売台数1万1000台超を達成したのです。さらに、7年連続で1万台を超える実績も残しました。この結果は、すべての地域で需要が高まり、コンチネンタルGTコンバーチブルの導入が大きな成功を収めたこと、さらに5つの主要派生モデルや限定生産モデルの導入によるものです」

 

「これまで年間販売台数の20%を占めてきたフライングスパーが、2019年の販売台数にほとんど加わらなかったことをみても、この結果は注目に値します。この実績は、ベントレーの収益性の回復を確実にし、再建が成功裏に進んでいることを示しています。2020年及びこれからの100年に向かうベントレーの可能性を明確に示しています」

 

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブルの走行シーン

日本市場では過去最高となる522台を販売。しかしラグジュアリーブランドにとって重要市場である中国では、高まる需要に対して車両供給が追いつかず1940台の販売台数に留まってしまった。

 

Bentley Continental GT Convertible

ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル

 

日本では過去最高の販売を記録も中国では供給不足に

 

68ヵ国に238の正規販売店を擁するベントレー・モーターズは、2019年の販売記録において過去最高を更新した。

 

南北アメリカでは2018年と比較して30%増の2913台を販売。ベントレーはこの地域を最多販売マーケットと位置付けており、記録的なセールスを達成したコンチネンタルGTによって後押しされている。

 

ヨーロッパでは、2018年の2536台に対して2019年は2670台を販売。前年比5%増を記録した。これは、世界全体の販売台数の24%を占めている。また、ベントレーの故郷である英国では堅調な業績を維持し、前年比10%増の1492台を販売した。

 

しかし中東では前年実績を下回る852台に留まり、中国でも供給力の不足に苦しむことになった。新型コンチネンタルGTの中国における販売は12月中に開始されたものの、年間の合計販売台数は1940台と、前年の2219台を大きく下回った。一方日本は、2018年実績の439台に対して19%増の合計522台を販売。これは過去最高記録となる。

 

ベントレー・モーターズの創立から2世紀目に入り、新型フライングスパーが本格的にデリバリーされる2020年はベントレーブランドにとって刺激的な1年になると見られている。フライングスパーの日本における納車は、2020年第二四半期以降を予定している。