ボルボ、XC60 T8 ポールスター エンジニアードを日本初公開【東京オートサロン2020】

公開日 : 2020/01/22 11:55 最終更新日 : 2020/01/22 12:04


東京オートサロンのボルボブース、XC60 T8 ポールスター エンジニアードのフロントスタイル

VOLVO XC60 T8 Polestar Engineered

ボルボ XC60 T8 ポールスター エンジニアード

 

 

2020年の夏頃に導入予定の限定車を参考展示

 

ボルボ・カー・ジャパンは、東京オートサロン2020の会場にて、XC60 T8の特別限定モデル「XC60 T8 Polestar Engineered」を参考展示。2020年夏頃に追加導入すると発表した。

 

東京オートサロンのボルボブース、XC60 T8 ポールスター エンジニアードのリヤスタイル

ボルボは人気のサブブランド「ポールスター」を展開。こちらは参考展示となったSUVモデルのXC60 T8 ポールスター エンジニアード。

 

ダイナミックなエクステリアと専用20インチホイールを装備

 

ポールスターは、ボルボの電動モデルを開発・高性能化を担うブランドであり、語源は北極星。元々はボルボのレーシングチーム「ポールスターレーシング」からスタートしているだけにそのパフォーマンスアップは既に定評のあるところだ。

 

また、ボルボ・カー・ジャパンでは「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェア」という車種別のコンピューターチューニングメニューを提供し、ボルボユーザーにとってポールスターブランドの認知度はかなり高まっている。

 

そして2019年末、ボルボ・カー・ジャパンはプラグインハイブリッドシステムを採用するセダンモデルのS60に、ポールスターのパフォーマンスチューンと特別装備を与えた特別仕様車「S60 T8 ポールスター エンジニアード」を30台限定で国内発売したが、なんと受注初日に完売になっている。

 

東京オートサロンのボルボブース、XC60 T8 ポールスター エンジニアードのホイール

XC60 T8 ポールスター エンジニアードは2020年の夏頃にリリース予定。好評を博してあっという間に完売したS60 T8 ポールスター エンジニアードとはホイールのデザインは一緒だが、XC60は20インチとなる。

 

人気のSUVモデルだけに競争率は高くなると予想

 

S60 T8 ポールスター エンジニアードの好評を受けて今回の東京オートサロン2020では、SUVモデルのXC60 T8 ポールスター エンジニアードを初公開。参考展示ということで価格その他詳細は未定だが、発売時期は2020年の夏頃を予定しているという。

 

XC60 T8 ポールスター エンジニアードは、先行して限定販売され人気を博したS60 T8 ポールスター エンジニアードと同様に、アグレッシブな印象を見るものに与える「エクステリア・スタイリング・キット」と専用の鍛造20インチホイールを装着して展示。

 

東京オートサロンのボルボブース

ボルボブースではXC60 T8 ポールスター エンジニアード(参考展示)とS60 T8(完売)の、2台のポールスターモデルを展示していた。

 

S60 T8はエンジン出力の向上やトルク制御の変更、足まわりの調整やブレーキ強化など、エクステリアのみならず動的パフォーマンスの向上にも注力していた。XC60 T8 ポールスター エンジニアードの登場も楽しみだ。

 

 

【問い合わせ】

ボルボ・カスタマーセンター

TEL 0120-TEL 0120-922-622

 

 

【関連サイト】

・ボルボ公式サイト

https://www.volvocars.com/jp