理想を具現化したプロトタイプ「カウンタック LP500」(1971)【ランボルギーニ ヒストリー】

ランボルギーニ・カウンタックLP500のスタイリング

Lamborghini Countach LP500

ランボルギーニ カウンタック LP500

 

 

横置きから縦置きに改めたV型12気筒エンジン

 

V型12気筒エンジンを横置きミッドシップし、マルッチェロ・ガンディーニの手による流麗なボディを組み合わせたミウラが市場で高い人気を博す一方で、ランボルギーニの社内ではその後継車の開発プロジェクトが立ち上がっていた。

 

ミウラでチーフ・エンジニアの職を担ったダラーラはすでにランボルギーニを去り、「プロジェクト112」と呼ばれた後継車の開発は、スタンツァーニを中心としたチームによって行われることになったが、彼は最初からパワーユニットの搭載方法を全面的に見直すことを考えていた。ミウラの横置きミッドシップ方式は重心の高さに加えて、重量物が極端に後輪側へと集中していたからだ。スタンツァーニはミウラの後継車を、最高速度のみならず、コーナリングマシンとしても高く評価されるモデルとしたかった理由から、V型12気筒エンジンを縦置きミッドシップとすることは当然の選択であったのだ。

 

ランボルギーニ・カウンタックLP500のフロントスタイル

ガンディーニによる斬新なスタイルをもつカウンタック。シザースドアの採用により、その存在感をより強くアピールした。

 

ガンディーニによる斬新なデザイン

 

そして、ミウラの最終進化型P400 SV ミウラが発表された1971年のジュネーブ・ショーの同じブースで、プロジェクト112から生まれたプロトタイプは「カウンタック LP500」のネーミングとともに姿を現した。LP500とはイタリア語で、Longitudinale Poteriore、つまり5リッターエンジンの縦置きミッドシップを意味するもの。カウンタックという発音や表記はあくまで日本独自のものだが(正式名:クンタッチ)、これはイタリアの一部地域で用いられる驚きなどを表す方言だ。ガンディーニによるデザインは、まさにウエッジシェイプの体現化ともいうべきもので、左右のシザースドアもまた、その未来的な感覚を強めるアイキャッチとなっていた。

 

ランボルギーニ・カウンタックLP500のスタイリング

サイドウインドウの開閉方式やエアインテークなど、1971年当時では他に見られないデザインでインパクトを与えた。

 

カウンタック LP500のボディは、ベルトーネ社内のみならず、ミラノ工科大学の風洞実験装置などを用いて空力特性の検証を行って完成されたものだった。さらにディテールを検証すると、ルーフ前端の中央部には小窓と窪みが設けられており、これは戦車に採用されているようなペリスコープ型バックミラーの視界を確保するためのものだった。サイドウインドウはフレームで二分割されるデザインで、その後方にはエンジンルームにエアを送るエアインテークが備わっている。

 

市販型とは異なるランボルギーニ・カウンタックLP500のコクピット

市販型のLP400とは異なるカウンタック LP500のコクピット。シングルスポークのステアリングの奥に左右独立して計器類を配置する。

 

インテリアのフィニッシュも斬新なもので、シングルスポークのステアリングの背後には、スピードメーターとタコメーターがオフセットしてレイアウトされるデザインとなっていた。

 

ランボルギーニ・カウンタックLP500に搭載されるV12エンジン

LP500に搭載されるV型12気筒エンジン。そこに5速MTを直列に接続したのは将来的に4WDを想定していたことが理由だったという。

 

4WDを想定しいてたスタンツァーニ

 

ではスタンツァーニが考えたLP500のパワーユニットレイアウトはどのようなものだったのか。

 

それは440psを発揮したとされる5リッターのV型12気筒エンジンと5速MTを直列に接続し、通常のフロントエンジン車とは前後逆に後方からキャビンへと進入させるという大胆かつシンプルなものだった。つまりパワーユニットで最前方にあるのが5速MTであり、ここからトルクは180度方向を変えて再び後部のデファレンシャルへと伝わる仕組みだ。後にスタンツァーニ本人から聞いたところによれば、彼はカウンタックで4WDの駆動方式を実現することを最終的な目的としていたという。5速MTが最前方にあることは、その意味でも非常に有利な構造だったのだ。

 

ランボルギーニ・カウンタックLP500のリヤスタイル

後の市販型となるLP400の原型となったLP500。ほぼそのまま基本デザインを受け継いでいるものの、プロトタイプゆえにデザイン優先で、張り出したエアインテークなどの突起物をもたないのが印象的だ。

 

そして彼は、このパワーユニットレイアウトとともに、2450mmという短いホイールベースをLP500で実現することにも成功した。ちなみにLP500の車体構造はミウラと同様に鋼板を組み合わせたセンターセクションをもつセミモノコック構造。LP500はその後クラッシュテストなどに供されるが、それから2年もの時間を費やして誕生した最初のプロダクションモデルとなるLP400の車体構造は、実はLP500とはまったく異なる丸型と角型断面の鋼管を複雑に組み合わせたスペースフレーム構造に変更されていた。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ カウンタック LP500

発表:1971年

エンジン:60度V型12気筒DOHC

総排気量:4971cc

圧縮比:10.5

最高出力:324kW(440ps)/7500rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1130kg

最高速度:300km/h

 

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)