ゼネラルモーターズ、初の電気自動車専用工場をデトロイトに設立

公開日 : 2020/01/31 06:30 最終更新日 : 2020/01/31 06:30


GMの初フルEVモデルはピックアップトラックに

GM初のフルEVピックアップトラックは2021年にデビュー

 

ゼネラル モーターズ(GM)は「全車電動化の未来」という将来のビジョン実現に向けて、フルEVトラック・SUVを生産するべく、デトロイト・ハムトラミック組立工場に22億ドルの投資を行うことを発表した。GM初のフルEVモデルはピックアップトラックとなる見込みで、2021年後半からの生産スタートが予定されている。

 

EVピックアップに続き、ハムトラミック工場ではGM傘下のスタートアップ企業・クルーズ社が先週サンフランシスコで発表したシェアリングサービス用の自動運転EV「クルーズ オリジン」の生産も行う計画となっている。ハムトラミック工場は、GM初の電気自動車専用の組立工場となる予定だ。

 

1月27日に行われたGMの発表会に参加したGMのマーク・ロイス社長

GMのマーク・ロイス社長はプレスイベントにおいて、今回の投資により2200人の雇用を創出すると明らかにした。デトロイト・ハムトラミック工場ではEVピックアップトラックに続き、派生車種も生産されることを明らかにしている。

 

EV生産に向けた投資により2200人の新規雇用を創出

 

GMのマーク・ロイス社長は、ミシガン州のグレッチャン・ホイットマー知事や地元自治体の職員が同席した工場でのプレスイベントにおいて、以下のようにコメントした。

 

「今回の投資を通じてGMは、全車電動化の未来を現実にするビジョンに向けた大きな一歩を踏み出しました。まず最初の車両である電動ピックアップトラックを生産し、今後数年間のうちにデトロイト・ハムトラミック工場でいくつかの派生モデルを組み立てる予定です」

 

デトロイト・ハムトラミック工場が本格的に稼働すると、この投資により2200名を超える雇用が創出される見込みとなっている。さらに、新しいEVピックアップトラックの発売に関連し、サプライヤーへの工作機械器具設備や、その他のプロジェクトにさらに8億ドルを投じる予定だ。

 

1月27日に行われたGMの発表会に参加したグレッチャン・ホイットマー知事

ミシガン州のグレッチャン・ホイットマー知事も発表会に登壇。ミシガン州がGMの電気自動車生産拠点となることで、工場や雇用などの直接投資だけでなく、周辺地域へも莫大な経済効果を生むという。

 

ミシガン州がGMの電気自動車生産の中心拠点に

 

2018年の秋以降、GMは各種電気自動車を市場に投入するため、ミシガン州においてオリオン組立工場、ウォーレンのバッテリー・ラボ、ブラウンズタウン工場、今回発表されたデトロイト・ハムトラミック工場に25億ドル以上投資を行うことを発表してきた。

 

工場内のペイントやボディショップ、アッセンブリのエリアでは、新しい機械、コンベア、制御機器、工具の導入を含めて全体的に刷新される予定となっている。

 

さらに、GMとLG化学はオハイオ州ローズタウンでのバッテリーセルの生産に向けて23億ドルを投じて合弁事業を設立。ここで生産するバッテリーセルは、デトロイト・ハムトラミックで組み立てる電気自動車用に供給されることになっている。

 

今回、デトロイト・ハムトラミック工場に関するGMの投資決定に大きな影響を与えたのは、ミシガン州から受けている多大な支援だという。

 

「ミシガン州からの支援は、今回の投資を実現させるうえでの重要な要因となりました。この投資によって、ミシガン州は今後も確実に世界の自動車産業の中心としての地位を保ち、GMは電動化の未来に向けた旅を続けることができるでしょう」と、ロイス社長は付け加えている。