ピレリの70年代が蘇る! ジュンヤワタナベが往年のモータースポーツジャケットを再解釈

ピレリとジュンヤワタナベ・マンの2020秋冬コレクションイメージ

1970年代のサーキットの定番を現代へ

 

2020年秋冬のパリ メンズ ファッションウィークで、ピレリとCOMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN (コムデギャルソン・ジュンヤワタナベ・マン)のコラボレーション作品が発表された。

 

デザイナーの渡辺淳弥が披露したのは、1970年代のモータースポーツシーンで見られたピレリのジャケットに着想を得たスペシャルコレクション。

 

当時のサーキットでピレリのエンジニアが着ていた作業着やユニフォームをイメージしながら、ピレリのスポーツジャケットから受けたインスピレーションをジュンヤワタナベ・マンを代表するデザインのジャケットとコートに落とし込んだ。

 

ピレリとジュンヤワタナベ・マンの2020秋冬コレクションイメージ

コムデギャルソン・ジュンヤワタナベ・マンの2020秋冬コレクションにはピレリとのコラボ作品が登場。1970年のサーキットでピレリのエンジニアが着ていたウェアに着想を得た。

 

ノスタルジーとテクノロジーの融合

 

ヴィンテージ感溢れる佇まいながら、最新技術を用いた合成素材に強い関心をもつ渡辺らしく素材には新しいマテリアルが使用されている。1993年にパリコレへ初参加した渡辺は、特徴的なデザインのみならず革新的な素材使いでも注目を集めてきた。「テクノカルチャーデザイナー」と評されることもあり、画期的な手法や先進のテクニカルファブリックで作品を作り出している。

 

ピレリとジュンヤワタナベ・マンの2020秋冬コレクションイメージ

ピレリを象徴する黄色と赤のロゴがあしらわれるスペシャルコレクションは限定生産となる。

 

最新の素材、独創的なデザイン、そしてピレリと最高峰のモータースポーツを結びつけるカラーリング及びイメージが組み合わさることで、ダブルブレストジャケット、スポーツコート、ピットクルージャケットが現代へと蘇った。

 

限定生産される「ジュンヤワタナベ・マン × ピレリ」コレクションは、コート2種類、ジャケット、Tシャツの4種類をラインナップする。