ベントレー EXP 100 GT、フランスで「今年最も美しいコンセプトカー」に輝く

ベントレー EXP 100 GTのエクステリア

Bentley EXP 100 GT

ベントレー EXP 100 GT

 

 

オテル・デ・ザンヴァリッドで一般公開を予定

 

ベントレー創業100周年を記念したコンセプトカー「EXP 100 GT」が、第35回フレンチ・フェスティバル・オートモービル・インターナショナル(French Festival Automobile International)において、「今年、最も美しいコンセプトカー(Most Beautiful Concept Car of the Year)」に選出された。

 

フレンチ・フェスティバル・オートモービル・インターナショナルは「自動車のファッションウィーク」として知られており、パリの中心部で毎年開催。EXP 100 GTはユネスコの世界文化遺産のオテル・デ・ザンヴァリッドに展示され、一般公開もされる予定だ。

 

フレンチ・フェスティバル・オートモービル・インターナショナルでの授賞式

ベントレーの100周年を記念して製作されたコンセプトカー「EXP 100 GT」は、その美しいデザインだけでなく、環境などに配慮したサステナビリティ性も高く評価された。

 

著名なデザイナーらによる選考委員が満場一致で選出

 

デザイン界で最も著名なアンバサダーで構成される審査委員会は、サステナビリティ(持続性)とバランスの取れたラグジュアリーカーのビジョンを示したEXP 100 GTを満場一致で選出した。授賞式には自動車産業、デザイン、ファッションの重要人物が数多く参加している。

 

ベントレー・デザインディレクターのステファン・ジーラフは、今回の受賞に喜びを隠さない。

 

「EXP 100 GTは単なるコンセプトカー以上の存在です。持続可能なラグジュアリーモビリティのビジョンを示しています。パフォーマンス、テクノロジー、クラフトマンシップの感動的な融合をお見せすると同時に、美しい没入感というエモーショナルな体験を提供します。非常に名誉あるこのイベントで、特別な評価を頂いたことを嬉しく思います」

 

ベントレー EXP 100 GTのインテリア

フルEVモデルのEXP 100 GTは、ベントレー・パーソナル・アシスタントと呼ばれる独自のAIシステムを搭載。パッセンジャーが求めている環境を自動感知し、提供する機能を持つ。

 

パッセンジャーに幸福感を提供するAIシステム

 

EXP 100 GTは、純粋なベントレーのDNAから生まれたコンセプトカー。パッセンジャーに新時代のユニークなグランドツーリング体験をもたらすために、感情を検知するAI(人工知能)を搭載する。フルEVドライブトレインを搭載し、完全自動運転を実現する「2035年のグランドツアラー」を提示した。

 

その存在感と印象的なプロポーションは、ベントレーの歴史的なグランドツアラーの多くを連想させるもの。しかし、ノスタルジーだけを追求するのではなく、その特徴を“未来”という要素へと自然に採り入れている。

 

キャビンはラグジュアリーでありながら、パッセンジャーの幸福感を中心に調和の取れた環境を作り出している。これはベントレー・パーソナル・アシスタント(Bentley Personal Assistant)と呼ばれる独自のAIとシームレスに統合されており、パッセンジャーの求める要素を自然に感知し最高のドライブ空間を提供する。

 

サステナビリティは、EXP 100 GTを構成する最も革新的で大切な要素となる。英国東部のフェンランドで採取された5000年前の古代オーク材、ワイン製造過程から生まれた100%オーガニックのレザー調テキスタイル、英国の牧場で製造されたウール製カーペットなどを採用。エクステリアカラーの“コンパス”も、もみ殻をリサイクルした原料を使用している。