アストンマーティン、技術、販売、マーケティング部門に新しい責任者が就任

公開日 : 2020/02/05 16:50 最終更新日 : 2020/02/05 16:50


アストンマーティン DBXの走行シーン

Aston Martin DBX

アストンマーティン DBX

 

 

新型SUV「DBX」の生産に合わせて人事面を強化

 

アストンマーティン・ラゴンダは、技術・販売・マーケティング部門の新しい責任者を任命した。

 

アストンマーティンの経営陣は、新しいセント・アサン工場で新型SUV「DBXの生産がスタートした重要な時期に合わせ、同社が抱える豊富な人材プールから新しい責任者を抜擢、事業をさらに強化する。

 

副社長兼最高技術責任者に就任したニック・ラインズ

副社長兼最高技術責任者に就任したニック・ラインズは、アストンマーティンにおいてエンジニアとして活躍。マンチェスター大学で工学修士号、ワーウィック・ビジネススクールにおいて経営管理に関する修士号を取得している。

 

新たな最高技術責任者はニック・ラインズに

 

2001年にアストンマーティンに加入したニック・ラインズが、副社長兼最高技術責任者に就任した。この役職に就く前、ラインズはアストンマーティン・ラゴンダで副社長兼最高販売責任者、副社長兼最高プランニング責任者を含む、数多くの役職を歴任している。

 

副社長兼最高販売責任者にはアンディ・ハスラムが新たに就任。ハスラムは2005年にMGローバー・グループから、アストンマーティン・ラゴンダへと転職。これまでDBXビークルライン・ディレクター/英国地域セールス・マネージャーの重責を務めていた経歴を持つ。

 

副社長兼最高マーケティング責任者に就任したピーター・フリードマン

2010年にアストンマーティンに入社したピーター・フリードマンがマーケティング部門のトップに就任。バース大学を卒業し、最高マーケティング責任者に就任。彼はバース大学において経営管理理学士を取得している。

 

マーケティング部門のトップにピーター・フリードマンが就任

 

ピーター・フリードマンは、サイモン・スプロールの後任としてアストンマーティン・ラゴンダ副社長兼最高マーケティング責任者に就任。フリードマンは2010年に入社し、以来セールス&アフターマーケットの地域プレジデント、企業戦略ディレクターなど、数多くの役職を務めてきた。また、新しいセールス&アフターマーケットの地域プレジデントにはオリバー・ターナーが任命されている。

 

ローラ・シュワブは、引き続きアストンマーティン・アメリカズの社長を務めながら、新たに取締役会メンバーに加わった。長年にわたって人事ディレクターを務めてきたヘイゼル・マーティンは最近退職。後任にはジャガー・ランドローバーからアストンマーティンに加わったプルデンス・メドフォードが任命されている。

 

アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループ最高経営者(CEO)のアンディ・パーマーは、今回の新人事について次のようにコメントした。

 

「社内から才能溢れる人材を採用することができて、大変嬉しく思っています。ニック、アンディ、ピーターは長年一緒に仕事をしてきましたので、アストンマーティンの社内及び社外の事情をよく知っています。このような困難な時代には強力なリーダーシップのチームが必要です。また、ローラを取締役会に、プルデンスを人事部門に迎えることができたことも嬉しく思います」