アウディ、アジア初の都市型ショールームを都心にオープン。デジタルとリアルを結合したサイバーストア

公開日 : 2020/02/06 06:30 最終更新日 : 2020/02/06 06:30


アウディ シティ 紀尾井町イメージ

Audi City Kioicho

アウディ シティ 紀尾井町

 

 

都会の中心で全アウディを体感できる

 

アウディ ジャパンの100%子会社であるアウディ ジャパン販売は、2020年2月4日に「Audi City(アウディ シティ) 紀尾井町」を新規オープン。2月7日(金)から営業を開始する。

 

「アウディ シティ」は従来の販売店舗とは異なる、プレミアムカー販売を主眼に据えた都市型ショールーム。通常のショールームの平均面積に比して半分ほどの大きさとし、バーチャルテクノロジーを積極活用して「便利な都心の立地」と「充実した店舗内容」の両立を図る。試乗車を従来店舗と同等数用意するのも特徴的だ。

 

アウディ シティ 紀尾井町 報道関係者向けイベントイメージ

ホテルニューオータニや東京ガーデンテラス、上智大学などに隣接する好立地に新車販売の拠点を新設したアウディ ジャパン。2020年には積極的に新車展開を進めるとフィリップ ノアック代表取締役社長は語った。

 

自分仕様のアウディを実寸大でバーチャル体験

 

現在同社は「アウディ シティ」のコンセプトを漸次グローバルに展開している。2012年のロンドン・ピカデリーサーカス付近、翌年の北京はパイロットストアとしてオープン。各国に1店舗のみ設置する方針で、2014年以降はベルリンのクーダム通り、イスタンブール、モスクワ、ワルシャワ、ウィンブルドンに開設。今回の東京・紀尾井町がそれに続いた。

 

建物は1階と地下の2層構造となっており、外壁や1階天井部分にはアウディ車が積極的に採用してきたアルミニウムを使用。大谷石や簾(すだれ)、葦簀(よしず)などの日本ならではの素材や技法も活用している。

 

バーチャルテクノロジーを用いた装置では、好みのモデルを幾通りもの仕様の中から自分仕様にカスタマイズし、それをほぼ実寸大のスケールでバーチャル体験できる。

 

アウディ シティ 紀尾井町バーチャル体験イメージ

バーチャルリアリティ設備を利用して自分仕様にカスタマイズしたモデルを実寸大で体験することもできる。

 

A1待望の1.0リッターは2020年半ばに日本上陸

 

2020年2月4日に報道陣向けに開かれた「アウディ シティ 紀尾井町」の内覧会には、フィリップ ノアック代表取締役社長が登壇。アウディ シティ 紀尾井町の役割や立ち位置を説明するとともに、2019年の業績及び2020年の計画について報告した。

 

アウディ シティ 紀尾井町内観イメージ

アウディ シティ 紀尾井町のしつらえには、簾や大谷石など日本建築に見られる技法や素材を積極的に活用した。

 

アウディの2019年の世界全体の販売台数は184万5550台と、対前年比1.8%増。米国と中国が好調で、SUVのQシリーズが牽引役を果たした。

 

日本市場ではA1やQ3など売れ筋モデルの導入タイミングに空白が生じ、対前年比8.4%減の2万4222台に落ち着いた。A6やA7、Q8などの健闘により一進一退する新車販売の一方で、中古車販売は対前年比7%増の1万3550台と伸びを見せている。

 

2020年の1月にはA6及びA7 スポーツバックに2.0リッター直4ターボエンジンを積んだ「45 TFSI クワトロ」を追加。第2四半期にはディーゼルの投入も予定している。2020年半ばにはA1の1.0リッター仕様を、続いてQ3を導入。A4、A5、Q7の改良版の導入や、TT RS、RS Q3、電気自動車e-tronの発売も予定している。

 

 

【概要】

アウディ シティ 紀尾井町

住所:東京都千代田区紀尾井町4-3

TEL:03-3234-3261

敷地面積:1階272.6平方メートル、地下94.7平方メートル、合計367.3平方メートル

展示台数:3台(1階)

営業時間:11:00〜19:00

定休:水曜日