ホイールがクルマを変える! BMWが次期EVに最新の空力ホイールを採用する理由

2020/02/06 14:55

BMWのエアロダイナミック ホイールイメージ

最新ホイールでEV航続距離を10km延長

 

軽量化、デザイン性、冷却効率。ホイールがクルマに果たす役割は大きい。空力についても然り。省燃費性能を追求する現在のクルマは空力性能も最重要視するポイントのひとつだが、ホイールのデザインひとつを見直すことで全体の効率を最大30%も向上することができるという。

 

BMWが2020年中に発売を予定しているEV「iX3」には、同社最新の「エアロダイナミック ホイール」が採用される。現行X3の装着するホイールに比較して、空気抵抗を5%を低減するとともに、従来の空力に配慮したデザインのホイールに比べても重量を15%軽量化することができたという。

 

ホイールのベース部分と精密に成型されたインサート(挿入パーツ)を組み合わせるユニークな構造により、ホイールアーチ周辺の気流を整えるとともに空気抵抗を低減。iX3全体の高効率化の一翼を担っている。

 

「エアロダイナミック ホイール」の採用により、iX3の電費性能もWLTPモードで2%アップ。航続距離に換算すると10km程度の延長を可能にしている。

 

BMWのエアロダイナミック ホイール

最新の「エアロダイナミック ホイール」は、2021年に導入予定のEV2車種「iNext」と「i4」にも展開される。

 

2021年導入予定のiNextやi4にも採用

 

iX3から採用の始まる「エアロダイナミック ホイール」は、2021年に導入を予定している「iNext」や「i4」にも順次装着される。

 

軽量構造と空気抵抗を軽減する形状、Vスポークデザインのスポーティなスタイルを兼ね備えるとともに、使用材料の総量を抑えることで、ばね下重量の軽減にも貢献。ドライビング性能と環境性能の両方を向上した。アルミニウムをベースとした混合素材を用いるため、省資源化も実現している。

 

BMWのエアロダイナミック ホイールイメージ

鋳造アルミをベースに、樹脂やアルミの化粧面を組み合わせる構造を採用。色やパターンの組み合わせの自由度も高く、幅広いパーソナライゼーションが楽しめる。

 

大きく拡がるカスタムの可能性

 

樹脂とアルミ化粧パネルで構成したインサートを組み合わせた鋳造アルミホイールを採用したのはBMWが初。空力性能の最適化と軽量化を両立する独自の製法によるホイールは、意匠面でもこれまでにない自由度を持つ。

 

顧客には化粧面を光沢仕上げにするかツヤ消しにするかに加えて、何色に塗装するかという選択肢も与えられる。ベース部分に挿入するインサートには、様々なパターンを施すことが可能。たとえばボディカラーに連動する色味や、コントラストの効いた差し色など、多用なアクセントを加えることができる。ことなる表面仕上げを組み合わせれば、より個性を反映できるだろう。

 

BMWが提案する最新の「エアロダイナミック ホイール」は、クルマのカスタマイゼーションの世界にも新しい窓を開くことになりそうだ。