キャデラック エスカレードがフルモデルチェンジ!「初」を満載した天下無敵のフルサイズSUV

公開日 : 2020/02/06 17:55 最終更新日 : 2020/02/06 18:28


新型キャデラック エスカレードのフロントイメージ

Cadillac Escalade

キャデラック エスカレード

 

 

カーブを描くOLEDパネルを量産初採用

 

2020年2月4日、ラグジュアリーなフルサイズSUVの草分けとして君臨し続けてきたキャデラック・エスカレードが5代目に生まれ変わった。サイズ、存在感、影響力のすべてが一頭地を抜くアメリカンSUVのアイコンらしく、画期的な機構を惜しみなく盛り込んでの新型登場とあいなった。

 

最新エスカレードの“初”その1は、自動車業界として真っ先に「湾曲したOLEDパネル」を採用したこと。38インチを上回る巨大な画面サイズをもつ高精細ディスプレイは、4Kテレビの2倍のピクセル密度を実現。黒の再現度も高く、市販されている車載ディスプレイの中では最も広い色域をもつという。

 

新型キャデラック エスカレードの正面イメージ

5代目に生まれ変わった新型キャデラック エスカレード。発売は北米で2020年後半からスタートする。

 

メーターの上に「あれ」がない

 

38インチ超のスクリーンエリアを構成するのは、7.2インチのタッチ式ディスプレイと14.2インチのメーターディスプレイ、そして16.9インチのインフォテインメント用ディスプレイ。

 

弓なりにカーブした薄型のOLEDパネルは、視線の移動も少なく反射も防ぐために視認性、可読性に優れる。色や輪郭がはっきり鮮やかに表示されるため従来のメータークラスターに必須だったフードが無くなり、次世代と呼ぶのに相応しいモダンなインストゥルメントパネルが完成した。

 

新型キャデラック エスカレードのコクピットイメージ

自動車業界として初となる「湾曲したOLEDパネル」を採用。スクリーンエリアは38インチ超におよぶ。

 

先進のAR(拡張現実)を活用したナビゲーションも

 

AR技術を活用したナビゲーションシステムも搭載し、ストリートビューや方向を示す矢印などをライブで表示することが可能。もちろんルームミラーにはリヤカメラの映像が投影でき、ナイトビジョンも採用している。リヤシート向けのエンタテインメントとして、12.6インチディスプレイを左右シートバックに備え、ゲームや音楽のストリーミングも可能とした。後席のディスプレイを通して運転席側のナビゲーションに推奨ルートの提案を投げかけることもできるという。

 

アメリカンフルサイズSUVらしく、牽引を支援する先進機能も。最大9つのカメラを活用して牽引状況をモニターするとともに、ブレーキの制御も行なう。

 

新型キャデラック エスカレードのキャビンイメージ

独立懸架式マルチリンク リヤ サスペンションの採用により、室内空間がさらに拡がった

 

プロ御用達のAKGによる36スピーカー仕様も

 

キャビンのハイライトはOLEDパネルだけではない。ダイヤルコントローラーやステアリングホイールスイッチ、ステンレススチール製のスピーカーカバー、とりどりの色から選ぶことができるアンビエントライトの類は昨今のトレンドに倣ったもの。

 

なかでも注目なのが36スピーカーを備えたAKG スタジオ リファレンス オーディオシステムの採用。AKG社製のオーディオを自動車に搭載したのは今回が初の試みである。

 

マイクロフォンやヘッドフォンの世界的ブランドとして知られるAKGが、キャデラックのために専用のオーディオシステムを開発。最上級のオプションとして、28チャンネル仕様のアンプを3基搭載し、36ものスピーカーで構成する画期的な音響空間が完成した。標準でも14チャンネルのアンプを備えたサブウーファー付きの19スピーカーシステムを搭載する。

 

新型キャデラック エスカレードのスーパークルーズイメージ

ハンズフリー高速道路運転支援システム「スーパー クルーズ」もセグメント初採用。

 

前席と後席の会話もスピーカー越しに

 

まるでアーティストのレコーディングスタジオにいるかのような3Dサラウンドサウンドを楽しめるのはもとより、広大なエスカレードの車内なればこその機能として、高性能のマイクロフォンとスピーカーを利用した前席・後席会話用音響システムも搭載。ナビゲーションと連動して、右折なら右側のスピーカーから、左折なら左側のスピーカーからアナウンスが聞こえる機能も採用している。

 

ハンズフリー高速道路運転支援システム「スーパー クルーズ」もセグメント初採用。ライダーマップデータと高精度GPS、ドライバー監視システム、カメラ、レーダーセンサーの数々を活用して、アメリカ合衆国とカナダの高速道路であれば、条件さえ整えば20万マイル以上(約32万km)の範囲で“手放し”運転をアシストする。

 

新型キャデラック エスカレードの2台イメージ

メッシュグリルやブラックアウトしたヘッドライトなど、スポーティなトリム仕様もラインナップする。

 

エスカレードにも「スポーティ」な装いを

 

ひと目見てすぐにエスカレードと分かるエクステリアにも最新のディテールを導入。キャデラック特有の縦に走るデイライトランニングランプに加え、天地方向に薄い水平基調のヘッドライトが堂々たる威厳を添える。天地一杯に伸びたリヤライトも、エッジの立った三次元の立体的な造形で後ろ姿に確かなアイデンティティを植え付けている。

 

ラグジュアリーセグメントで昨今人気を集めている「ブラックライン」的な存在として、メッシュグリルやブラックアウト系のトリムといった、スポーティな装いを選択できるようになったのもエスカレード乗りにとってはニュースだろう。

 

ちなみにホイールは22インチが標準装備である。

 

新型キャデラック エスカレードのテールイメージ

リヤにはガラスハッチ方式を採用。荷室容量は68%拡大して722リッターを確保している。

 

さらに広く、低くなったキャビン

 

エスカレードをショーファードリブンたらしめているのは広大で豪華なキャビン空間にほかならない。最新のアーキテクチャとシャシー(独立懸架式マルチリンク リヤ サスペンション)の採用により、室内はさらに拡がった。3列目シートのニールームは250mm以上伸びて886mmまで広がり、荷室容量も68%拡大して722リッターになった。

 

フロア高も低くなり、ルーミーな空間構成だけでなく、2列目・3列目シートへのアクセスも容易になった。

 

新型キャデラック エスカレードのコクピットイメージ

AKGオーディオやAR機能搭載ナビゲーションなど先進の装備を満載する。

 

直6ディーゼルターボとV8の2本立て

 

もちろんリヤの独立懸架マルチサスペンションは、空間だけに寄与するものではない。キャデラックの減衰力制御システム「マグネティック ライド コントロール」とエアサスペンション「エア ライド アダプティブ サスペンション」、そして電制LEDがあいまって、快適で安定した乗り心地を実現する。

 

意外に思われるかもしれないが、新型エスカレードはにディーゼルという選択肢が用意された。Duramax製の3リッター直列6気筒ディーゼルターボは、最高出力277hpを発揮。わずか1500rpmで最大トルクの460Nmを湧出するので、全長5382mm×全幅2059mm×全高1948mmのボディを運ぶにも十分だ。

 

新型キャデラック エスカレードの発表会イメージ

新型キャデラック エスカレードの発表会は2020年2月4日にハリウッドで実施。映画監督スパイク・リーとコラボレーションしたショートフィルムにも登場している。

 

もちろん420hpを発する6.2リッターのV8もラインナップする。いずれのエンジンも組み合わせるのは10速オートマティック トランスミッションである。

 

新型エスカレードの発売は、まずは北米が2020年の後半にスタート。その他の地域はその後の展開となる。生産はテキサス州のアーリントン工場で行なう。

 

【SPECIFICATIONS】

キャデラック エスカレード(北米仕様)

ボディサイズ:全長5382 全幅2059 全高1948mm

ホイールベース:3071mm

トレッド:前1737mm 後1730mm

車両重量:未発表

エンジン:直列6気筒ディーゼルターボ

総排気量:2992cc

最高出力:207kW(277ps)/3750rpm

最大トルク:623Nm/1500rpm

トランスミッション:10速AT

駆動方式:AWD

サスペンション形式:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク

タイヤサイズ:前後275/50R22

 

【問い合わせ】

GMジャパン・カスタマー・センター

TEL 0120-711-276

 

【関連リンク】

・GM公式サイト

https://www.gmjapan.co.jp/