ピレリ、オーストリア開催の「GPアイスレース」でWRC用スパイクタイヤを発表

ピレリ「ソットゼロ アイス J1」のスパイク

Pirelli Sottozero Ice J1

ピレリ ソットゼロ アイス J1

 

 

2021年の世界ラリー選手権用タイヤ開発をスタート

 

ピレリは、単独タイヤサプライヤーとして2021年からWRC(世界ラリー選手権)にタイヤを供給する。そして、2月1~2日にオーストリアのツェル・アム・ゼーで開催された「2020 GP アイスレース(2020 GP Ice Race)」において、WRCに供給するタイヤレンジの一部が発表された。

 

ピレリはGPアイスレースの公式スポンサーであり、今回のイベントにはラリー黄金時代を彩ったヒストリックラリーカーや様々なスーパースポーツが氷上を疾走した。そして、展示されたスウェーデン仕様のスノー用タイヤ「ソットゼロ アイス J1(Sottozero Ice J1)」は、2021年シーズンからWRCラリースウェーデンに参戦するWRカーに装着される。

 

アイス仕様とスノー仕様の2種類スパイクタイヤ

 

ピレリはツェル・アム・ゼーに集結したヒストリックカーや最新モデル用として、7mmのスパイクが装備されたソットゼロ アイス J1タイヤ(サイズ205/65 R15)と、2 mmのスパイクが装備されたソットゼロ スノータイヤを供給した。

 

これらのタイヤは、頑丈なブロックと先端にタングステン製のスパイクを装備したトレッドパターンを特徴としており、雪や氷のサーフェイスで最適なトラクションとハンドリング、パフォーマンスをもたらす。

 

モータースポーツから得られたピレリのウィンタータイヤの経験は市販タイヤへと受け継がれており、ピレリの「レースから公道へ」というフィロソフィー(哲学)を具現化。このフィロソフィーを通じて、110年以上に渡ってモータースポーツから得られたノウハウが活用され、あらゆるドライバーにとっての性能と安全性を向上させる技術が開発されてきた。

 

2021年のWRCに投入されるピレリ「ソットゼロ アイス J1」

2020年までWRCにタイヤを供給してきたミシュランに代わり、2021年からWRC公式サプライヤーに名乗りを上げたピレリ。来シーズンに先駆けて、今回スウェーデン用のスパイクタイヤが公開された。

 

開発中のスパイクタイヤにとって有益なテスト環境

 

スウェーデン仕様のソットゼロ アイス J1タイヤはピレリ独自の技術を惜しげも無く活用し、このタイヤに採用されたスパイクは加硫工程で埋め込まれる。ピレリの技術によってもたらされたスパイクの安定性は、スノーラリーにおけるタイヤ性能を最大限に引き出すことに寄与している。

 

ピレリのラリーおよびオフロード活動の責任者であるテレンツィオ・テストーニは、今回の発表に関して以下のようにコメントした。

 

「GPアイスレースは、モータースポーツファンや世界的に有名なクルマにとっての重要なイベントです。凍った路面は様々な世代の車両が競い合う見応えある舞台を提供します。ピレリタイヤは、よりスリリングなアクションを導き出すコンディション専用に設計されています」

 

F1に続きWRCにも公式サプライヤーとして復帰

 

ピレリはWRCが創設された1973年からラリーに参加。これまでに25回のワールドタイトルと181回の優勝を達成している。そして、2021〜2024年のWRC単独タイヤサプライヤーとして、WRCへの復帰を果たすことになった。ピレリは2008〜2010年にもWRC単独タイヤサプライヤーを務めており、2018年はWRC2とJWRCにタイヤを供給してきた。

 

ラリーは、ピレリのタイヤレンジとそれを支える技術を生み出すことに貢献してきた。それを代表するタイヤが「P Zero」だ。

 

P ZeroはグループB時代のモンスターマシン、ランチア デルタS4の性能に応える競技用タイヤとして設計。その後、グループBカー時代に誕生した技術コンセプトを完成させ、P Zeroの名称は市販タイヤにも用いられることとなった。現在ではピレリの代表的な製品となっている。

 

WRCはピレリにとって、2011年から単独タイヤサプライヤーを務めているF1グランプリに匹敵する重要な活動となる。