現行モデルの最後を飾る「BAC Mono One」公開! 続く2代目はジュネーブでワールドプレミア

公開日 : 2020/02/07 14:55 最終更新日 : 2020/02/07 14:55


BAC Mono Oneのフロントエクステリア

BAC Mono One

 

 

アイコニックなカラーリングが施された限定3台

 

ブリッグス・オートモーティブ・カンパニー(BAC)は、同社が誇るシングルシータースーパースポーツの最終エディションとなる「Mono One」を発表した。

 

BACが製造するモデルで最も希少な存在となるこの「Mono One」は3台のみが製造され、15万8950ポンドで販売。それぞれアイコニック・ホワイト、カーボン・ブラック、ネオン・レッドという3つのカラーリングにペイントされる。

 

Monoは、生産車によるサーキットのラップレコードを10回も記録、様々なカーアワードを受賞し、多くの世界初を実現してきた。今回発表された3台のMono Oneは、英国のスポーツカーに確かな歴史を刻んだMonoの最後を飾る特別仕様となる。

 

そして、BACは2020年のジュネーブ・モーターショーにおいて新世代のMonoを発表する予定だ。新型Monoの生産は2021年夏からの製造を予定しており、Mono Oneは現行の最終モデルとなる。

 

BAC Mono Oneのリヤエクステリア

BAC Monoの開発段階において、デザイナーが大きな影響を受けたのがBjorkの「All Is Full Of Love」のミュージックビデオだったという。今回のファイナルエディションには、MVに登場するロボットからインスパイアされたロゴマークが採用されている。

 

Bjorkの曲にインスパイアされ開発

 

Mono Oneはファイナルに相応しい特別な装備が与えられており、真のコレクターズアイテムと言える存在になりそうだ。

 

アンダーボディのネイキッドカーボン、特別仕様のカーボン・ハイブリッド・ホイール、ボディサイドのスペシャルマーキング、記念プラークなどを装備。また、オーダーメイドのシートやステアリングホイールなど、BACのビスポーク・パーソナライゼーションを利用することも可能だ。

 

BACの開発チームは、10年以上製造されてきたMonoの開発段階において、1999年に発表されたBjork(ビョーク)の「All Is Full Of Love」のミュージックビデオから影響を受けたという。今回、この動画内でBjorkが扮した歌うロボットにインスパイアされたロゴマークを、ウイングとシートのヘッドレストに配置。また、Bjorkのロボットにインスパイアされたカラーリングを備えたワンオフ仕様のヘルメットも付属される。

 

BAC Mono Oneの俯瞰エクステリア

ファイナルディションに採用された3色は、BACの3つのコーポレートカラーであるホワイト、ブラック、レッドがチョイスされた。なかでもアイコニック・ホワイトは、Monoで最も人気の高いボディカラーだったという。

 

BACのコーポレートカラー3色をチョイス

 

3台に採用されたボディカラーは、BACの3つのコーポレートカラー、ホワイト、ブラック、レッドで構成。アイコニック・ホワイト・エディションは、人気のグロス・ホワイトを採用。これは2011年にシュトゥットガルトで開催されたレトロ・クラシック・ショーで初公開されたMonoがまとっていたボディカラーであり、過去10年間の製造期間において最も多くのオーナーに愛された人気色だ。

 

カーボン・ブラック・エディションは、漆黒のブラックに統一されたカーボン仕様となる。ロゴマーク、シートステッチ、カーボン・ハイブリッド・ホイールのデカールはレッドとなり、強烈なコントラストを演出。一方、ネオンレッド・エディションは印象的な赤で仕上げられ、こちらはホワイトのデカールが配されている。

 

10年間製造されたMonoに最高の花道を

 

BACの共同設立者であり、デザインディレクターを務めるイアン・ブリッグスはMono Oneについて以下のようにコメントした。

 

「Mono Oneは、BACとMonoにとって最高に素晴らしい時代の終わりを告げるモデルです。現行Monoの最後には最高の花道を用意したいと考えていましたが、今回それを実現することができました。3台のみという非常にレアなコレクターズアイテムになりますが、将来的に貴重なヒストリックカーとなるでしょう。これを手に入れる最後のチャンスです」

 

「Monoの開発段階でBjorkのミュージックビデオからインスピレーションを受けた時、私たちは親しい友人と様々な経験を共有するという楽しみを得ることができました。そして、Monoは新世代へと扉を開きます。世界を支配するための第一歩になるでしょう。ジュネーブでみなさんにお会いするのを楽しみにしています」

 

BAC32日から15日にかけて、スイスのジュネーブで開催される「ジュネーブ・インターナショナル・モーターショー 2020」にブースを設け、2代目Monoをワールドプレミアする。