GT-Rを撮れるのはGT-R以外に無し! カメラカーとして伴走する「働くスーパーカー」【動画】

2020/02/08 06:30

ニッサン GT-R ニスモ 2020年モデルを撮影するためのGT-Rカメラカー撮影シーンイメージ

GT-R ニスモ 2020年モデルを撮るというミッション

 

映画やTV番組、CF、PVなどの収録現場でしばしば登場するのが「カメラカー」と呼ばれる撮影用の車両だ。カメラを装着するクレーンやアームを搭載し、荷台や荷室にキャメラマンまたはフォトグラファーが座れる固定式のシートを装備。動く被写体を前から横から後ろから走りながら撮影するためにあらゆる“武装”が施されている。

 

「カメラカー」には多くの機材や人が乗り込むために、通常はピックアップトラックやSUVをベースにすることが多い。問題は、被写体が速いクルマだった場合だ。たとえば「第3世代GT-Rのひとつの到達点」ともいわれるニッサン GT-R ニスモの2020年モデルだったなら、ふつうの乗用車ベースでは追いつけない。

 

ニッサン GT-R ニスモ 2020年モデルを撮影するためのGT-Rカメラカーイメージ

高速走行するニッサン GT-R ニスモ 2020年モデルを撮影するために作られたGT-Rベースのカメラカー。

 

究極のスピードで走行するカメラカー

 

アクションシーンの撮影ドライバーとして業界内で名を知られるマウロ カロが「究極のスピードで走行するカメラカー」という夢の実現のために選んだのは、GT-Rだった。

 

カロは言う。

 

「高性能なカメラカーの開発を考え始めてすぐ、ニッサン GT-Rだけが基準を満たすクルマだと気がつきました。スーパースポーツカーとしての高い動力性能と四輪駆動、優れたハンドリングと走行安定性を備えており、カメラシステムを操作するクルーを全員乗せるためのシートも備えています。候補となるモデルは他にありませんでした」

 

ニッサン GT-R ニスモ 2020年モデルを撮影するためのGT-Rカメラカーコクピットイメージ

クオリティを重視した動画を撮影するために、車内にはピントを合わせるための「フォーカスマン」やディレクターなどクルー全員が乗り込む必要があった。

 

サーキットを舞台にした2台のGT-Rの競演

 

GT-R史上、最も速く最も高性能なGT-R ニスモ 2020年モデルを高解像度のビデオで美しく撮影するために、完璧な撮影スタッフの布陣が必要とされた。GT-Rのカメラカーにはドライバーのカロの他に、ジンバルを操作するスタッフやフォーカスマン、ディレクターなどのクルー全員が乗車。ドイツのユーロスピードウェイ ラウジッツ(ラウジッツリンク)のコース上を、GT-R ニスモ 2020年モデルとGT-Rのカメラカーがスピードスケートの競技のように華麗につばぜり合いをしながら撮影を行った。

 

ニッサン GT-R ニスモ 2020年モデルを撮影するためのGT-Rカメラカーイメージ

被写体にカメラカーが反射したり写り込んでしまうのを防ぐため、車体はマットブラック仕上げとなっている。

 

撮影を終えて、カロが語った。

 

「ニッサン GT-Rには写真やビデオ撮影で乗ったことがあり、素晴らしいクルマであることは知っていました。今回、このニッサン GT-Rを高速カメラカーに改造し、トラックを走る世界最速のクルマのうちの1台を撮影してみて、改めてその性能、信頼性、安定性へ深い敬意を抱きました。このGT-Rと同様の撮影を可能とするクルマは他には存在しません。撮影を重ねるたびに、私も、チームの面々もこのクルマに魅了されていきました」