アストンマーティン ヴァンテージに待望のロードスター登場! クーペにMT追加の朗報も

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターの俯瞰目リヤビュー

Aston Martin Vantage Roadster

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター

 

 

2020年第2四半期よりデリバリー開始

 

アストンマーティン ヴァンテージに、かねてより予告されていた待望のロードスターが加わる。2020年2月12日に同社が発表したロードスターの価格は、英国現地で12万6950ポンド(約1807万円)、ドイツが15万7300ユーロ(約1885万円)、アメリカが16万1000ドル(約1769万円)から。デリバリーは2020年第2四半期より開始するという。

 

2018年に第4世代へ進化したヴァンテージにも、これまで同様にソフトトップ仕様のエレガントなコンバーチブルとして登場。パワートレインはクーペと同様、510ps&685Nmを発するメルセデスAMG製4リッターV8ツインターボとZF製8速オートマティック トランスミッションを組み合わせる。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターとクーペの2台イメージ

ロードスター導入記念にくわえて「ヴァンテージ」の名が生まれて70周年の節目もあり、かつての「ベーン」グリルがロードスター/クーペ両方にオプション設定された。

 

電動ルーフの開閉は7秒以下と最短レベル

 

Z型に構造物を畳みこむコンパクトで軽量なソフトトップを採用しており、クーペからの車重増を60kgに抑えている。0-100km/h加速はクーペ比で+0.3秒の3.8秒。ルーフを閉じた状態での最高速度は190mph(約306km/h)を誇る。

 

電動ルーフの開閉にかかる時間は、オープン時が6.7秒、クローズ時は6.8秒と短く、50km/hまでなら走行中でも操作が可能。非常にコンパクトに収納されるルーフメカニズムの採用により、ラゲッジスペースへの影響を最小限に抑えるとともに、オープン時にも流れるような後ろ姿を実現している。ちなみにトランク容量は200リッターで、フルサイズのゴルフバッグやシューズケースなどが収まる。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターのフロントイメージ。ルーフ閉

優雅なルーフラインはロードスターでも健在。電動ソフトトップの開閉に要する時間は7秒以下。50km/hまでなら走行中でも操作ができる。

 

クーペでお墨付きのシャシーのレシピを継承

 

すでにクーペで定評を得ているシャシーのレシピをロードスターも継承。減衰力の切り替えが可能なアダプティブ ダンピング システムをはじめ、ダイナミック スタビリティ コントロール、ダイナミック トルク ベクタリング、電制のリヤディファレンシャルを採用する。

 

とはいえ、オープンボディに合わせて味付けには手を入れている。リヤダンパーやアダプティブ ダンピング システムのソフトウェア、ESPのキャリブレーションなどは専用のセッティングとし、ヴァンテージのもつ機敏なキャラクターや走行フィールをオープンモデルにも忠実に投影したという。

 

「スポーツ」「スポーツ プラス」「トラック」から選択できる走行モードのチューニングもロードスター専用となる。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターのコクピットイメージ

アストンマーティン流のクラフトマンシップ溢れるしつらえのインテリアを、エクステリアの一部として「披露」できるのもオープンモデルの魅力のひとつ。

 

クーペモデルに加わった7速MTの選択肢

 

ヴァンテージ ロードスターの導入を記念するとともに、ヴァンテージの生誕70周年(ヴァンテージの名は1950年に追加されたDB2の高性能版として初めて登場した)を祝ってクーペ/ロードスターの両方に新オプションを設定。アストンマーティンを象徴する、水平方向に羽根を走らせた「ベーングリル」をクーペ/ロードスターともに導入している。

 

さらに、クーペには7速マニュアル トランスミッションを追加。クーペのみの設定とはいえ、従来は限定モデルのAMRにのみ用意されていたマニュアル トランスミッションの選択肢が広がったことを喜ぶカスタマーは少なくないはずだ。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターとクーペの2台イメージ

限定モデルのAMRのみの設定だった7速MTが、今後はクーペモデルの選択肢に加わる。

 

「生演奏」のサウンドも喜びのひとつ

 

アストンマーティンの社長兼最高経営責任者のDr. アンディ・パーマーは語る。

 

「オープントップのアストンマーティンは、いつの時代もお客様から好評をいただいています。ヴァンテージはスリリングな走りでお客様を魅了し続けてきました。ロードスターは、そのアドレナリン溢れるパフォーマンスを次のレベルまで押し上げています」

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターのリヤビュー

コンパクトに格納できるルーフトップシステムを採用したおかげで、オープン時にも流れるような美しいバックスタイルをキープする。

 

チーフエンジニアのマット・ベッカーも説明する。

 

「コンバーチブルのスポーツカーは、クーペと比較して妥協を強いられることがままあります。しかし、ヴァンテージ ロードスターは正確で機敏、卓越したハンドリングとダイナミクス性能、そして優れた直進安定性を兼ね備えるという使命を達成すべく、一切の妥協を許しませんでした。もちろん、ソフトトップを開放すれば素晴らしいエキゾーストノートを堪能でき、スポーツカーを運転する喜びをより一層押し広げてくれるでしょう」