トヨタ、GRスープラの3.0リッター直6エンジンを382hpにパワーアップ【動画】

公開日 : 2020/02/15 06:30 最終更新日 : 2020/02/15 06:30

GR Supra

GR スープラ

 

 

エキゾーストマニホールドの構造変更と新ピストンを採用

 

トヨタは、アメリカ合衆国・フロリダ州デイトナにおいて、エンジンに改良を加え最高出力を高めた「GRスープラ(3.0L)」を発表した。日本における出力アップ仕様の発売は、2020年秋以降を予定している。

 

今回のパワーユニット改良では、3.0リッター直列6気筒エンジンのエキゾーストマニホールドに構造変更を加え、さらに新ピストンの採用により圧縮比を変更。この結果、従来型の335hp(5000-6500rpm)から、382hp(5800-6500rpm)と、+14%もの最高出力向上を実現した。

 

エンジン改良を受けたGR スープラ(3.0L)の走行シーン

今回のエンジン改良により最高出力は47hpも向上した382hpを実現。これに合わせて、ボディ剛性の強化とサスペンションの再チューニングも行われている。

 

パワーユニットの出力向上に合わせてボディ剛性も強化

 

最大トルクも従来型の365lb.ft.(1600-4500rpm)から、368lb.ft.(1800-5000rpm)へと増強。この結果、加速性能は0-60mphにおいて3.9秒(従来型比-0.2秒)と、大幅に向上している。

 

パワーユニットの改良に加えて、フロント部にブレースを追加しボディ剛性を強化。それに合わせてサスペンションを再チューニングすることで、コーナリング中の安定性も高めている。

 

 

【問い合わせ】

トヨタ自動車

TEL 0800-700-7700

 

 

【関連リンク】

・TOYOTA GAZOO RACING

https://toyotagazooracing.com/jp/