BMW M2の特別仕様車が2020年夏に登場予定! あのレジェドのスプレーアートが内外装に

2020/02/15 11:55

BMW M2 by フューチュラとM2 エディション designed by フューチュラ2台イメージ

BMW M2 Competition

BMW M2 コンペティション

 

 

BMW Mと伝説的グラフィックアーティストの競演

 

BMW M2に、エポックメーキングな限定車が登場する。

 

伝説的グラフィックアーティストとBMW M GmbH、カスタムメイド部門のBMW INDIVIDUALのコラボレーションが生みだす新感覚の特別仕様車は、2020年6月に発売を予定している。

 

BMW M2 by フューチュラとM2 エディション designed by フューチュラ2台イメージ

左がフューチュラ自らハンドペイントを施したワンオフモデル、「BMW M2 by フューチュラ」。右が市販予定の「BMW M2 エディション designed by フューチュラ」。

 

フューチュラのアートで彩る限定モデル

 

BMW Mとグラフィックアート界のレジェンドが手を組んだ。

 

ベース車両のM2 コンペティションをキャンバスに見立てて筆をふるったのは、国際的に名を知られるグラフィティアーティスト、フューチュラ。今回彼は、3台のM2 コンペティションにハンドペイントでアートワークを施した。

 

3台のワンオフモデルが制作されただけでなく、今回はそのフューチュラのデザインをベースにした限定車も市販されるというのが最大のトピックだろう。

 

M2 エディション designed by フューチュラのセンターコンソールイメージ

フューチュラのアートワークをベースにした独特のパターンが内外装を印象的に演出する。

 

スプレー缶の魔術師によるグラフィックが内外装に

 

ベース車両のM2 コンペティションは、Mモデルの最小2ドア クーペ「M2」のハイパフォーマンスモデル。全長4.4mのコンパクトな高剛性クーペボディに、7600rpmまで吹け上がる3.0リッター直列6気筒ターボユニットを搭載する。最高出力410ps、最大トルク550Nmを発揮し、0-100km/h加速は4.2秒をマーク。各方面より高い評価を集めているMモデルの最量販車種だ。

 

市販される限定車「M2 エディション designed by フューチュラ」の内外装には、幾何学的なパターンをスプレーワークで表現するフューチュラ独特の作品性が反映される。インストゥルメントパネルやセンターコンソールに配するのは、いままさに吹き付けられたかのような独特のラインが存在感を主張する加飾パネル。SPRAY CAN WIZARD(=スプレー缶の魔術師)と称されるフューチュラならではの、いまにも吹き付けの音や匂いが漂ってきそうな生々しさがある。

 

M2 エディション designed by フューチュラのサイドビュー

限定モデル「M2 エディション designed by フューチュラ」のエクステリアは、フロント&リヤエプロン、サイドスカートにフューチュラのアートを宿す。

 

ダコタレザーのシートは黒と白の2トーン仕様で、ブルーのステッチを組み合わせる。ステアリングホイールはアルカンターラ張りとなり、12時位置にグレーのステッチを追加。また、サイドシルにはシリアルナンバーとフューチュラのサインがあしらわれる。

 

エクステリアでは、フロントおよびリヤエプロン、そしてサイドスカートに施されたアートパターンが異彩を放つ。また、足元にはジェットブラックにペイントされた19インチホイールを組み合わせるという。

 

M2 エディション designed by フューチュラのテールエンドイメージ

「M2 エディション designed by フューチュラ」は、ジェットブラック塗装の19インチホイールを装着する。

 

NYが生んだグラフィティ界のレジェンド

 

フューチュラは、1955年にレオナルド・ヒルトン・マクガーとしてNYで生まれた。スプレー缶片手に地下鉄やストリートで作品を作り上げ、80年代にはジャン=ミシェル・バスキアやキース・ヘリング、ドンディ・ホワイト、ケニー・シャーフとともに大きなアート・ムーヴメントを引き起こした。

 

フューチュラは、ギャラリーに閉じ込められていた芸術を、公に解放した立役者のひとりと言える。その飛び抜けた色彩感覚や幾何学的な構成などから、抽象画家の先駆者とされるワシリー・カンディンスキーと比較されることも多い。

 

フューチュラは語る。

 

「M2 コンペティションはダイナミックで活動的、かつ挑発的なクルマです。こうして特別な仕立てを施せることを大変光栄に思っています」

 

M2にアートワークを施すフューチュライメージ

M2にアートワークを施すフューチュラ。ワンオフモデルは3台制作された。

 

特別な限定仕様車は2020年6月に市販予定

 

フューチュラがハンドペイントを施したワンオフモデルは、2020年2月13〜16日に実施される「フリーズ ロサンゼルス アートフェア」に展示される。

 

フリーズ アートフェアは、ロンドンの現代美術と文化の専門誌『フリーズ(Frieze)』を刊行するフリーズ社が開催している国際的で大々的なアートイベント。

 

M2 エディション designed by フューチュラの正面イメージ

「M2 エディション designed by フューチュラ」は2020年6月に市販する計画。

 

およそ半世紀にわたり100を超える文化支援事業を行ってきたBMWだからこそ完成したアートとテクノロジーの融合した作品は、会場の耳目をおおいに集めると期待されている。

 

フューチュラのデザインをベースに仕上げたM2 コンペティションの特別仕様車は2020年6月に市販される。