徹底したオートクチュールが生むマンソリーのスーパーSUV【東京オートサロン 2020】

公開日 : 2020/02/17 11:55 最終更新日 : 2020/02/17 11:55

東京オートサロン2020、マンソリーブースのロールス・ロイス カリナン

MANSORY

マンソリー

 

 

ハイエンドSUVをさらに高みへ導いた“スーパーSUV”

 

ツルシの状態で充分過ぎるほど豪華絢爛なのに、顧客の好みに応じたオートクチュール体制を持って、さらなるウルトラハイエンドカーを紡ぎ出す。そんなマンソリーの哲学は、世界中の富裕層の心をノックアウトしてきた。元々はアストンマーティンやベントレーなど英国老舗メーカーを手がける例が多かったものの、今や車種・カテゴリーを問わず、新型車が出るたびに時間を置かずマンソリーのコンプリートカーが世界中で光り輝く。

 

東京オートサロン2020、マンソリーブースのロールス・ロイス カリナン

前後バンパー、サイドスカート、オーバーフェンダー、テールパイプからなるワイドボディキットを中心に、フロントフェンダー、リヤスポイラー、ルーフスポイラーなどがマンソリー製ボディパーツ。M23フォージド・ホイールは10.0J×24インチで、前後ともタイヤサイズは295/30R24となる。

 

カリナンの個性をさらに引き立てる魅惑のメニュー

 

毎年、日本でも新作が公開されるマンソリーだが、今年は2台がお披露目となった。ロールス・ロイス初のSUVとして生まれたカリナンに、常にSUVブームのど真ん中にいながら立ち位置としては孤高の存在、メルセデス・ベンツのGクラス(AMG G63)である。世の中にスーパーカーという単語があるのなら、これらはまさに“スーパーSUV”と言いたい。

 

マンソリーは基本的に、顧客と相談しながらすべての色や仕様を決めていくオートクチュール体制を基本としてきた。アイテムの取捨選択はもちろんのこと、糸一本の色や質感から選べるという。それらはすべて本国のファクトリーで丹念に生産される。

 

ロールス・ロイスはもともと「ビスポーク」と呼ばれるオートクチュール体制を大きな武器としてきた。マンソリーのプログラムは、その個性化をより一層際立たせるものと言えそうだ。さらに、あらゆる用途が想定され、ラグジュアリーからタフギアまで求められるものが多種多様なGクラスに対しても、マンソリーの考え方は一致する。

 

東京オートサロン2020、マンソリーブースのメルセデスAMG G63

前後バンパーと、それらをつなぐオーバーフェンダーからなるワイドボディキット。エンジンボンネットやルーフスポイラー、グリルオーナメント、エンブレムなども備わる。スポーティな意匠を持つホイールはYN.5フォージド(10.0J×24インチ)。

 

マンソリーと日本の技術が融合したカスタムを展開

 

とはいえ、本国へのオーダーは敷居の高さもある。この手を検討する層なら、価格的敷居よりも、むしろ納期や煩雑な手続きが問題かもしれない。「ベース車は日本仕様がいい」というニーズもあるだろう。しかし、マンソリーのインポーターを務めるラガーコーポレーションの普及にかける想いや、ハイエンド系自動車販売店及びカスタム店のボンドカーズグループの技術力が手伝って、日本では特別にアイテム単体での入手や、ある一定の範囲内でのインストールが許されている。

 

ここにある2台もそうしたアプローチで製作されたもの。マンソリーの想いは己の理想像を貫くだけではなく、あくまで顧客の心にそっと寄り添い、世界最高峰のベストアンサーを供給すること。ボディパーツだけで1000万円を軽く超えることに驚いてはいけない。最高峰を知る人間は、その本当の価値が分かる。

 

 

REPORT/中三川大地(Daichi NAKAMIGAWA)
PHOTO/降旗俊明(Toshiaki FURIHATA)

 

 

【問い合わせ】

ラガーコーポレーション

TEL 048-845-0808

 

 

【関連リンク】

・ラガーコーポレーション公式サイト

http://www.lager.co.jp/