日本GPで活躍したプリンス グロリア スーパー6、日産の有志の手により現代に蘇る

プリンス グロリア スーパー6を日産名車再生クラブの手によって再生

Prince GROLIA Super 6

プリンス グロリア スーパー6

 

 

過去の名車を蘇らせてきた日産名車再生クラブ

 

ニッサンは、2019年の鈴鹿サウンド・オブ・エンジンやNISMOフェスティバルでデモランを披露した「プリンス グロリア スーパー6」のレストア“完成宣言式”を、横浜市の日産グローバル本社にて行った。

 

プリンス グロリア スーパー6のリヤスタイル

第2回 日本グランプリのT-VIレースに参戦し、優勝を飾ったプリンス グロリア スーパー6。大石秀夫選手がステアリングを握った39号車が再生された。

 

第2回 日本グランプリで優勝した39号車を再現

 

今回のレストアを主導したのは、「日産名車再生クラブ(NISSAN GREAT CAR RESTORATION CLUB)」。日産自動車の開発を担う日産テクニカルセンターの従業員が中心となる団体で、その名のとおり業務時間外に活動するクラブだ。活動対象は「日産ヘリテージコレクション」の所蔵車を用い、1年間に1台のレストアを行っている。

 

そして第2回となる2019年度の再生対象車が、プリンス グロリア スーパー6。グロリア スーパー6は、 2代目グロリアに2.0リッター直列6気筒SOHCを搭載して1963年にリリースされたモデルだが、国産車初の2.0リッタークラス直6エンジン搭載車であり、かつ国産車初の最高出力100ps超のエンジン搭載モデルでもある。

 

ハイパワーを誇るグロリア スーパー6はモータースポーツへも投入され、中でもその白眉は1964年に開催された第2回 日本グランプリでの活躍だ。T-VIレースに参戦したグロリア スーパー6は、大石秀夫選手がステアリングを握った39号車が優勝。杉田幸朗選手の38号車が準優勝して見事ワン・ツーフィニッシュを達成している。

 

プリンス グロリア スーパー6の正面

1964年式プリンス グロリア スーパー6のオリジナル仕様が装着していたラジエーターグリルを探して装着。半世紀以上前のパーツとは思えないほど輝いている。

 

徹底した調査と精緻な作業で現代に蘇る

 

今回のレストア対象になったグロリア スーパー6は、その日本グランプリで優勝を勝ち取った個体そのもの。ニッサンによるモータースポーツ活動の歴史を彩った名車はまさにレストア対象にふさわしい。日産名車再生クラブの活動は単なる旧車の再生に留まらず、先達による技術思想や設計、製造工程などを継承して次代に引き継ぐことも目的としている。

 

再生の過程は、1.資料収集/2.分解・調査/3.車体・シャシー/4.エンジン・トランスミッション/5.内外装の大別して5つに分類される。第2回 日本グランプリ参戦時の仕様を再現するために当時の写真やカタログ、整備要項やパーツリストを入手して、分解時に実際に装着されているパーツとリストを比較。オリジナル仕様とレース仕様の違いもこの段階で確認した。

 

プリンス グロリア スーパー6のエンジン

レース用に改修された2.0リッター直列6気筒OHC(GR7A型)は、最高出力140ps/最大トルク167Nmを発生。量産車にも関わらず各所にワイヤーリングが施されていたのが印象的。

 

140psまで強化された国産車初の2.0リッター直6

 

オリジナルがコラムシフトであるのに対し、再生対象モデルは当時のスポーツオプションであるフロアシフトに変更され、フェンダーミラーを撤去。ステアリングホイールもスカイラインスポーツ用に交換されるなど、随所にレース仕様のみの改造が施されている。

 

エンジンはオリジナル仕様の2.0リッター直列6気筒OHC(G7型)をレース用に改修し、最高出力140ps/最大トルク167Nmまで大幅なパワーアップを行ったGR7A型。もちろん完全分解して洗浄を行い測定のうえで組み直した。ボディは車体とシャシー部品に分離し、車体は鈑金及び再塗装してシャシー部品はオーバーホール。当時の仕様とおりに1964年式のラジエーターグリルを探して装着している。

 

プリンス グロリア スーパー6のインテリア

グロリア スーパー6のオリジナルはコラムシフトだったが、レース用にフロアシフトに改造されていた。ステアリングホイールはスカイラインスポーツ用を装着。シートはオリジナルの西陣織を再現。

 

西陣織のインテリアを復元

 

グロリア スーパー6の大きな特徴のひとつである西陣織のシートとドアトリムの復元、デカール・ゼッケンの張替えなど細部に至るまでレストアの手は及び、まさに完全再生の名にふさわしい充実した作業を経て「プリンス グロリア スーパー6 第2回 日本グランプリ T-VIレース仕様」は蘇った。

 

実際に鈴鹿サウンド・オブ・エンジンやNISMOフェスティバルでデモランを行って動的パフォーマンスにも問題ないことを確認。そして今回の完成宣言式では日産名車再生クラブで実際に作業に携わったメンバーが登壇し、再生作業の詳細をメディアに報告した。また、日産グローバル本社の敷地内で試走を披露。半世紀以上前のレーシングカーが放つエキゾーストノートは現代の基準からしたら大人しいものだったが、十分以上に迫力のある重厚なサウンドだった。

 

プリンス グロリア スーパー6を日産名車再生クラブの手によって再生

記念撮影に収まる日産名車再生クラブの面々。往年の名車を復活させることは自動車文化と技術の継承に繋がり、非常に意義深い活動だ。

 

日産名車再生クラブの活動は今後も続く。次に蘇る名車はいったいどのモデルか? 「技術のニッサン」を受け継ぐ大人の本気なクラブ活動の今後に期待したい。