ポルシェ、718ケイマンとボクスターの自然吸気+MT仕様が日本受注スタート! 価格は1072万円から

公開日 : 2020/02/20 06:30 最終更新日 : 2020/02/20 06:30


ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0のフロント走行イメージ

Porsche 718 Cayman GTS 4.0/718 Boxster GTS 4.0

ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0/718 ボクスター GTS 4.0

 

 

自然吸気+マニュアルという“絶滅危惧種”

 

ポルシェ ジャパンは、ミッドシップ2シータースポーツ「718 ケイマン」および「718 ボクスター」に自然吸気の4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した「GTS 4.0」の日本予約受注をスタートした。

 

“自然吸気”の4リッター6気筒水平対向に、6速マニュアル トランスミッションを組み合わせた好事家待望のモデルがいよいよ日本で予注文を受け付ける。車両価格は「718 ケイマン GTS 4.0」が1072万円、「718 ボクスター GTS 4.0」は1110万円。いずれも右ハンドル仕様となる。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0のリヤ走行イメージ

2020年1月に本国で発表されて話題を集めていたが、ポルシェ 718 ケイマン&ボクスターの 「GTS 4.0」がついに日本での予約受注がスタートした。

 

心臓部にはノンターボの水平対向ユニット

 

718 ケイマン GTS 4.0及び718 ボクスター GTS 4.0が心臓部に積むのは、718 スパイダー及び718 ケイマン GT4と共通の4.0リッター6気筒水平対向ユニット。

 

718 ケイマン GT4と718 スパイダーが最高出力420psなのに対して、GTS 4.0は最高出力を400psに抑えながら最大トルクは共通の420Nmを発する。このユニットに組み合わせるのは6速マニュアルトランスミッションで、0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は293km/hに達する。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0のコクピットイメージ

日本受注を開始した「718 ケイマン GTS 4.0」と「718 ボクスター GTS 4.0」。ターボとATが主流になるいま、「自ら操る」歓びを心底から堪能できる稀少なモデルとなるはずだ。

 

PASMとPTVは標準搭載

 

自然吸気の6気筒水平対向エンジンはピエゾインジェクターを使用した直噴ユニット。低負荷時に2つのシリンダーバンクを交互に停止させる機構や、可変インテークシステムの採用などにより効率性を最大限に高めているのが特徴。7800rpmまで軽々吹け上がるエンジンは、標準装備したスポーツエグゾーストシステムにより独特のサウンドも演出する。

 

可変減衰力ダンパーを備えたPASM(ポルシェ アクティブサスペンション マネージメント システム)シャシーの採用により、車高は20mmダウン。メカニカルLSDを備えたトルクベクトリング機構のPTVも標準搭載した。

 

PSMスポーツモードが選択できる横滑り防止機能のPSM(ポルシェ スタビリティ マネージメント)やダイナミックマウントPADM(ポルシェ アクティブ ドライブトレイン マウント)も完備する。

 

ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0のコクピットイメージ

サーキットのインストラクター役を担うアプリ「ポルシェ トラックプレジジョンアプリ」も用意。自身の走行ラインを確認できるGPSトラック機能、理想的なラインを走る仮想車と比較できるゴーストカー機能なども搭載。

 

ラップタイムを磨く“仮想インストラクター”も

 

最新のスポーツクロノパッケージを標準装備しているのもトピック。「ポルシェ トラックプレジジョンアプリ」も使用可能で、操舵角やブレーキ圧、前後/横Gなどの走行データを記録・アウトプットできる。いわばサーキットのインストラクター役を担うアプリで、自身の走行ラインを確認できるGPSトラック機能、理想的なラインを走る仮想車と比較できるゴーストカー機能なども収録している。

 

足元には20インチの軽合金製ホイールを装着し、フロントに235/35ZR20、リヤに265/35ZR20のタイヤを履く。強化ブレーキも採用しており、クロスドリルドディスクとレッド塗装のキャリパーを装備。もちろんポルシェ セラミック コンポジット ブレーキ(PCCB)もオプションで選択できる。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0のフロント走行イメージ

スポイラーリップやエアインテーク、レンズなどをブラック基調とし、ひと目でそれと分かる引きしまったムードを纏わせた。

 

ひと目で「それ」と分かるディテール

 

外観はダークトーンの意匠を随所に施すことで印象をスポーティに引き締めている。スポイラーリップやフロントエプロンのエアインテーク、フロントフォグライトとリヤライトのレンズ、リヤバンパーやホイールにブラック基調のカラーリングを採用した。

 

一方インテリアには、スポーツモデルらしくステアリングホイールリムやセンターコンソール、シフトレバー、ドアアームレストなどにアルカンターラを採用(ケイマンはルーフライニングとAピラーもアルカンターラ仕様となる)。シートはサポート性に優れた「スポーツシートプラス」を標準装備する。

 

さらに、日本仕様にはリアルタイム交通情報を備えたオンラインナビゲーションモジュールや音声認識機能、アプリ連携サービス「Porsche Connect」も標準装備。BOSEサラウンドサウンドシステムやブルメスター製のハイエンドオーディオはオプションとして用意している。

 

ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0のリヤ走行イメージ

日本での車両価格は「718 ケイマン GTS 4.0」が1072万円、「718 ボクスター GTS 4.0」が1110万円。いずれも右ハンドル仕様。

 

「素の楽しさ」を教えてくれる稀少なスポーツカー

 

2020年2月19日より日本での予約受注を開始した「718 ケイマン GTS 4.0」および「718 ボクスター GTS 4.0」は、この時代に自然吸気の水平対向エンジンをマニュアルトランスミッションで痛快に操ることのできる数少ないスポーツカーとなることは間違いない。

 

自ら操る歓びを与えてくれる「718 ケイマン GTS 4.0」と「718 ボクスター GTS 4.0」は、ライトウエイト&ミッドシップの“素”の真髄を最も美味しく味わうことのできる有終のモデルとなるかもしれない。