新型アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター、日本初公開! クーペには7速MTを追加

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター発表

Aston Martin Vantage Roadster

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター

 

 

ジュネーブ・ショーに先駆け初公開

 

アストンマーティン・ジャパンは、ヴァンテージシリーズにオープントップモデルの「ヴァンテージ ロードスター」を追加、ジュネーブ・ショーでの本格的なお披露目に先駆け日本で初公開を行った。現在オーダー受付を開始しており、カスタマーへの納車は2020年第2四半期からスタートする。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター発表、ヴァンテージ ロードスターのフロントスタイル

東京・六本木のミッドタウンにて、ジュネーブでの本格公開に先立ち、アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターのお披露目を実施。

 

最高速度306km/h、0-100km/h加速3.8秒の俊足

 

スリリングかつエモーショナルなドライブパフォーマンスに定評のあるヴァンテージに、爽快なオープンエアモータリングを提供する新型ヴァンテージ ロードスターは、最高出力510ps&最大トルク685Nmを発生する4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、ZF製8速ATを介して後輪を駆動するスーパースポーツモデル。最高速度はクローズドルーフ時で306km/hに達し、0-100km/h加速は3.8秒のパフォーマンスを誇る。

 

ロードスターモデル最大の特徴であるルーフにはファブリック製のコンバーチブル・トップを用い、電動にて開閉操作が可能。新開発されたコンバーチブル トップはZパターンのコンパクトな折り畳みシステムを採用し、開閉時間は最短7秒未満(オープン時:6.7秒/クローズ時:6.8秒)で完了する。オープンモデルでありながらも200リットルのトランク容量が確保され、フルサイズのゴルフバッグと付属品を積載できるのもアピールポイントだ。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター発表、ヴァンテージ ロードスターのリヤスタイル

ファブリック製のコンバーチブル・トップは軽量かつコンパクトなシステムを採用し、クローズド時のスタイリングもクーペに遜色ないエレガントさを維持。開閉に要する時間は7秒未満。

 

全自動のコンバーチブル・トップを備えるにも関わらず、ヴァンテージ ロードスターの重量はクーペと比較して60kg増に抑えられ、ロードスター専用のチューニングが施された走行モード(Sport/Sport +/Track)も相まって、ヴァンテージ シリーズの名に相応しいダイナミックなドライブフィールを約束する。

 

また、クーペと同様にダイナミック・スタビリティ・コントロールやダイナミック・トルクベクタリング、エレクトロニック・リヤディファレンシャルを装備するが、リヤダンパー、アダプティブダンピングシステム、ESPキャリブレーションはロードスター専用のセッティングが施された。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター発表、ヴァンテージ ロードスターのインテリア

走行モード(Sport/Sport +/Track)はロードスター専用のセッティングを施し、リヤダンパー、アダプティブダンピングシステム、ESPキャリブレーションも専用となる。

 

アンディ・パーマーCEOはヴァンテージ ロードスターについて次のように語る。

 

「オープントップのアストンマーティンは、いつの時代もお客様から好評をいただいています。今回、ヴァンテージ ロードスターを発表することができて非常に嬉しく思っています。多くの人にとって、オープントップ・スポーツカーを走らせることは非常に爽快な体験であり、人生に活気をもたらします。ヴァンテージは、スリリングな走りでお客様を常に魅了してきましたが、ロードスター バージョンを追加することにより、さらにアドレナリン溢れるパフォーマンスを実現することができます」

 

さらにアストンマーティン・チーフエンジニアのマット・ベッカーは付け加える。

 

「コンバーチブル・スポーツカーは、クーペ・バージョンと比較して妥協を強いられるケースが数多くありますが、ヴァンテージ ロードスターは正確、俊敏、印象的なハンドリング・ダイナミクスと、非常に優れた直進安定性を組み合わせるという使命の下で、一切の妥協を排しています。そしてもちろん、コンバーチブル・トップを開放すれば、その素晴らしいエキゾースト・サウンドを堪能することもできます」

 

ヴァンテージ ロードスターの車両本体価格は税込みで2159万9000円の設定。

 

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター発表、ヴァンテージ ロードスターのフロントスタイル

新しくオプション設定に加わったクラシカルなベーングリルが際立つスタイリング。全国7ヵ所のディーラーツアーが決定している。

 

全国7ヵ所のディーラーツアーを開催

 

今回の発表に伴い、アストンマーティン・ジャパンではヴァンテージ ロードスターをディスプレイするツアー「ASTON MARTIN VANTAGE GALLERY」を実施する。2月22日(土)の東京ミッドタウン キャノピー・スクエアにおける展示を皮切りに、全国7ヵ所のアストンマーティンディーラーを行脚。日程は下記の通り。

 

2月23〜24日:アストンマーティン東京

2月29〜3月1日:アストンマーティン横浜

3月14〜15日:アストンマーティン神戸

3月21〜22日:アストンマーティン大阪

3月28〜29日:アストンマーティン名古屋

4月11〜12日:アストンマーティン広島

4月18〜19日:アストンマーティン福岡

 

アストンマーティン ヴァンテージ、レーシング エアロキット装着車

ヴァンテージのクーペモデルには7速MT仕様が加わった。また、期間限定でアグレッシブな「レーシング エアロキット」が無償で提供される。

 

ヴァンテージのクーペには7速MTを追加設定

 

さらに今回、これまでヴァンテージ AMRのみに設定されていた7速MTを、新たにヴァンテージのクーペモデルに追加すると発表。7速MT仕様のヴァンテージは車両本体価格が税込みで1913万円と2000万円をきる戦略的な価格設定となり、特にマニュアル・トランスミッションにこだわりをもつエンスージアストに向けてアピールする。

 

また、2月23日から3月31日まで、ヴァンテージの購入者を対象にした「ヴァンテージ アニバーサリー キャンペーン」を実施。アストンマーティンに「ヴァンテージ」の名称が登場してから70周年を迎えたことを記念し、上記期間中にヴァンテージを購入したカスタマーにはアグレッシブかつレーシーなエクステリアを実現する「レーシング エアロキット」を無償で提供する。このキットはフロントスプリッターやリヤウイングがセットとなり、トラック仕様を彷彿とさせるフォルムをヴァンテージに与える。

 

 

【関連リンク】

・アストンマーティン公式サイト

https://www.astonmartin.com/ja