マセラティ、2020年5月末に発表の新型スーパースポーツを「MC20」と命名【動画】

マセラティが発表した「MC20」のロゴ

マセラティ コルセを意味する「MC」を冠したモデル

 

マセラティは、新型スーパースポーツのモデル名を「MC20」と発表した。このモデルはモデナのマセラティ・イノベーション・ラボで開発。歴史的なモデナのヴィアーレ・チロ・メノッティのファクトリーで生産され、2020年5月末にモデナで公開される。

 

このモデルは最新設備とともに改修されたモデナ工場で生産。モデナ工場は今後電動パワートレイン設備や環境に配慮した革新的なペイントショップを備えたものとなる予定だ。MC20は、このニューモデルがマセラティ製スポーツカーであるということを示す名称となる。「MC」とは「マセラティ コルセ」を、「20」はマセラティにとって新たな時代の幕開けとなる2020年を意味している。

 

マセラティにとって初めてトライデントロゴを冠したモデルは、1926年に誕生したティーポ 26だった。今回、マセラティの新時代初となるこのモデルもまた同様に、生産年である2020年をモデル名に含んでいる。

 

2000年代前半に活躍したマセラティ MC12

2004年シーズンにデビューすると、圧倒的な強さで数々のレースで勝利を収めたマセラティ MC12。そのMC12と同じマセラティ コルセの名前を与えられた「MC20」もまた、レースを走ることになる。

 

Maserati MC12

マセラティ MC12

 

MC12以来となるモータースポーツへの復帰

 

MC20は、2004年にマセラティが37年ぶりにレース界へ復帰を果たした「MC12」の進化形でもあるという。

 

MC12はスパ24時間レースでの3度の勝利を始め、22のレースを制し、FIA GT選手権においては2004年から2010年にかけてコンストラクターズチャンピオン、ドライバーズチャンピオン、そしてチームチャンピオンの合計14ものタイトルを手にしている。

 

今回、MC20でマセラティはレース界への復帰を発表。現時点でどのような体制で、どのようなレースに参戦するかは明らかにされていない。