ディアブロの進化と派生モデルを追う(1992-1999)【ランボルギーニ ヒストリー】

ランボルギーニ・ディアブロVTのフロントスタイル

Lamborghini Diablo VT

ランボルギーニ ディアブロ VT

 

 

ディアブロに4WD仕様を追加

 

ディアブロが前作のカウンタックから大きく進化したもののひとつがエアロダイナミクスだった。当時ランボルギーニが発表したデータによれば、ディアブロのファーストモデルが実現したCd値は0.31。それが最高速度で目標値を10km/hも超える、325km/hを達成するために大きく貢献したのは当然だ。そしてディアブロは、ここからさまざまなモデルを派生していくことになる。

 

ランボルギーニ・ディアブロVTの真後ろ

1993年にデビューした4WD仕様の「ディアブロ VT」。ひと足先に4WDを標準とするVT ロードスターがコンセプトで発表されたが、市販化されたのはクーペ版のほうが先だった。

 

最初にランボルギーニが派生モデルを予告したのは、1992年のジュネーブ・ショーでのこと。ここに出品された「ロードスター プロトタイプ」は、低くカットされたコンパクトなフロントウインドウなど、独特なアピアランスをもつモデルで、同時に今後プロダクションモデルとして登場するロードスターはすべてVT、すなわちビスカス カップリングを使用した4WDモデル「ビスカス トラクション」の機構を組み合わせて生産されるという発表も行われた。実際にプロダクションモデルの「VT ロードスター」が発表されるのは、1995年のボローニャ・ショーまで待たなければならないが、クーペの4WD仕様となる「VT」は1993年に先行して発表されている。

 

ランボルギーニ・ディアブロSE30のフロントスタイル

1993年、設立30周年を記念して150台限定の「ディアブロ SE30」をリリース。独自の洗練されたスタイリングに加えて軽量化を行うなど、走行性能の向上も実現した。

 

創立30周年記念モデル「SE30」

 

この1993年はランボルギーニが紆余曲折を経た後に、ようやく創立30周年の節目を迎えた年だった。それを記念して発表された150台の限定車が「SE30」で、これは専用のフロントバンパースポイラーやボディサイドボトム部のエアインテーク、ルーバー付きのエンジンフード、リヤウイングなどを採用し、スタンダードのディアブロとは異なる、さらにスポーティなアピアランスを実現したものだ。軽量化に対する取り組みも積極的で、前後のホイールはマグネシウム製のワンピース。スタッドボルトもチタン製と徹底された。タイヤサイズもリヤに18インチ径を採用するなど、走りへの拘りが強く感じられた。

 

ランボルギーニ・ディアブロSE30イオタのフロントスタイル

SE30をベースに20台が製作されたと言われる「SE30 イオタ」。ミッドに搭載されるV型12気筒エンジンは実に595psを発揮し、最高速度は340km/hと発表された。

 

イオタの名が復活

 

SE30はその人気の高さから、1993年から1995年までに197台がデリバリーされたと記録されているが、その最終期に生産された約20台には制御系のプログラミングや、ルーフ後端からエアを導入するエアインテークなどで構成される“イオタ キット”を採用した「SE30 イオタ」、あるいは「SE30 コルサ」と呼ばれるモデルとして出荷されている。ミッドのV型12気筒エンジンはSE30の525psから、このSE30 イオタでは595psへと強化。最高速度も340km/hを主張。400km/hがフルスケールとなるスピードメーターが与えらた。ちなみにこのSE30のコンセプトは、1996年のジュネーブ・ショーで発表される「SV」へと継承されることになる。

 

ランボルギーニ・ディアブロSVのフロントスタイル

1999年型のディアブロ SV。より洗練されたスタイリングをまとい、ヘッドランプも固定式に変更された。ちなみにこのヘッドランプは、当時のニッサン・フェアレディZと同一パーツ。

 

ついに500psオーバーを標準化

 

ランボルギーニのカスタマー、そしてファンにとってディアブロで復活を遂げたSVの称号は、やはり特別な響きをもつものだろう。実際にディアブロ SVは1996年から、ランボルギーニの親会社が、メガテック、Vパワーといったインドネシア資本を経て、現在のアウディに代わった後の1999年まで継続されるが、その中で1996年と1997年、1998年、そして1999年という3タイプに大別できる。最初の1996年、1997年モデルはSE30のコンセプトを最も忠実に受け継いだモデル。軽量化は最も徹底しており、ミッドのV型12気筒エンジンの最高出力は500psオーバーとランボルギーニから発表されていた。翌1997年には、それは530psという明確な数字に変わる。

 

ランボルギーニ・ディアブロSVのコクピット

不評だった初期型のメーターパネルも改善。特にこの1999年型のディアブロ SV以降のコクピットは、視認性も含めて好評を博した。

 

1998年モデルのSVでは、ホイールが前後ともに18インチ化される。それまでフロントには17インチを採用していたが、これはブレーキの強化やABSの標準採用に伴っての改良策でもあった。最高出力はさらに535psに向上。そしてこの1998年モデルに限り、オープンモデルのSV ロードスター、すなわちRWD版のロードスターが23台出荷されている。続く1999年モデルは、ヘッドランプが固定式に変わるなど、外観でも簡単にその識別が可能。SVはここに最終進化を遂げる。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ ディアブロ VT

発表:1993年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:5707cc

圧縮比:10.0

最高出力:361kW(492ps)/6800rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:4WD

車両重量:1625kg

最高速度:325km/h

 

ランボルギーニ ディアブロ SE30

発表:1993年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:5707cc

圧縮比:10.0

最高出力:386kW(525ps)/7100rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1490kg

最高速度:330km/h

 

ランボルギーニ ディアブロ VT ロードスター

発表:1995年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:5707cc

圧縮比:10.0

最高出力:361kW(492ps)/6800rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:4WD

車両重量:1625kg

最高速度:323km/h

 

ランボルギーニ ディアブロ SV

発表:1996年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:5707cc

圧縮比:10.0

最高出力:368kW(500ps)/7000rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1450kg

最高速度:300km/h オーバー

 

ランボルギーニ ディアブロ SV ロードスター

発表:1998年

エンジン:60度V型12気筒DOHC(4バルブ)

総排気量:5707cc

圧縮比:10.0

最高出力:394kW(535ps)/7100rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1450kg

最高速度:300km/h オーバー

 

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)