ABTスポーツライン、アウディ A4の3.0 V6ディーゼルを268hpにパワーアップ

公開日 : 2020/02/26 11:55 最終更新日 : 2020/02/26 11:55


ABTスポーツラインA4のフロントエクステリア

ABT Audi A4 Avant

ABT アウディ A4 アバント

 

 

A4の標準仕様モデルへのアップデートキットが登場

 

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)は、マイルドハイブリッド・システムを搭載したアウディ A4の標準モデルに対応したアップデートプログラムを発表した。

 

S4やRS4といったスポーツモデル以外にも、A4シリーズには魅力的なエンジンがラインナップされている。今回、ディーゼルエンジンの「45 TDI」と「50 TDI」、ガソリンエンジンの「45 TFSI」に、ABTパワー・パフォーマンス・アップグレードが追加されることになった。

 

ABTスポーツラインのA4のリヤエクステリア

ABTスポーツラインお得意の「ABTエンジン・コントロール」を3.0リッターV型6気筒ターボディーゼルに装着することで、最高出力268hp・最大トルク540Nmを実現した。

 

AECの装着により最高出力37hpのパワーアップを実現

 

アップグレードに含まれるエンジンコンピューターチューン「ABTエンジン・コントロール(AEC)」により、45 TDIに搭載される3.0リッターV型6気筒ターボディーゼルエンジンは最高出力が37hp(27kW)パワーアップした268hp(197kW)を発揮。最大トルクも500Nmから540Nmに増加している。50 TDIと45 TFSIに関しては現在も開発が続いており、詳しいスペックは近日中に発表される予定だ。

 

足まわりに関しては、ABT車高調整式サスペンションを装着することで15〜40mmのローダウンを可能としている。この結果、低く構えたスポーティなアピアランスだけでなく、安定したコーナリング性能も手にすることができる。

 

ABTスポーツラインのA4のサイドエクステリア

写真のモデルは、シャープなスポークデザインを特徴とする20インチER-C鍛造アロイホイールを装着。マットブラックのカラーがA4アバントの足元をスポーティに引き締めている。

 

幅広いラインナップを誇るABTのアロイホイール

 

足元を引き締めるアロイホイールは、ABTスポーツラインの幅広いラインナップに対応している。プレスリリースに掲載された写真に選ばれたのはER-C(19&20インチ)の20インチ、マットブラック。この他にもDR(19&20インチ)、FR(20インチ)、GR(20インチ)など、多彩なデザインを展開。カラーはミスティックブラック、マットブラック、グロスブラックから選べる。

 

A4シリーズは、ABTスポーツラインの重要なチューニングベースを担ってきたこともあり、エクステリアやインテリアには多くのアップデートパーツが用意されている。最新ラインナップに関しては、ABTコンフィギュレーターを使うことでそれぞれの組み合わせを試すことが可能だ。

 

 
【関連リンク】

・ABTコンフィギュレーター

https://www.abt-sportsline.com/tuning/configurator/