モーガンの最新モデル「プラスフォー」登場! ブランド初の4気筒ターボを搭載

公開日 : 2020/03/03 17:05 最終更新日 : 2020/03/03 17:05

モーガン プラスフォー発表、走行シーン

Morgan Plus Four

モーガン プラスフォー

 

 

70年の歴史から革新的な進歩を遂げたプラスフォー

 

モーガン モーターカンパニーは、新型「プラスフォー(Plus Four)」を発表、本日より英国でのオーダー受注を開始した。日本での発売は未定。

 

モーガン プラスフォー発表、走行シーン

僅か1000kgちょっとの軽量な車体にBMW製2.0リッター直4ターボを搭載。クラシカルなデザインだがLEDライトやパワーステアリング、ABSなど現代のドライブ環境に合わせた装備を標準で持ち合わせる。

 

パワートレインはBMW製2.0リッター直4を搭載

 

プラスフォーは1950年にデビューし、70年という歴史をもつ長寿モデル。今回発表された新型は現行モデルから97%もの部分が刷新され、「革命的な進歩を遂げた車両」とモーガンは自負する。プラットフォームはプラスシックスと同様にCXジェネレーション接着アルミ方式を採用し、車重はトランスミッション違いで1009〜1013kgと発表されている。

 

搭載エンジンはBMW製の2.0リッター直列4気筒DOHCツインパワーターボで、最高出力258ps(190kW)/最大トルク400Nmを発生。トランスミッションは8速ATと6速MTから選択可能。最高速度は240km/hに達する。

 

モーガン プラスフォー発表、インテリア

インテリアも伝統的なモーガンのスタイルを踏襲するが、快適性は現代的に改められオーディオシステムにはBluetoothも採用される。好みに合わせてシートやカーペットはオーダー可能だ。

 

LEDやパワーステアリングなど現代的な装備を採用

 

全長3830×全幅1650×全高1250mmのコンパクトでクラシカルなオープントップボディは軽快かつ爽快なオープンエアモータリングを提供。ボディカラーに合わせてカーペットやシートのレザー・ペイント等もオプションで変更可能だ。

 

ヘッドライト及びテールライトにはLEDを用い、ヘッドライトはオートマティック式を採用。ABS、パワーステアリング、ドアチェックストラップを標準装備し、オーディオシステムにはBluetoothを搭載するなど現代的な装備もあわせもつ。

 

 

【関連リンク】

・エスシーアイ公式サイト

https://www.morgan-cars.jp