究極のオープンエアGT「ベントレー マリナー バカラル」初公開! 12台限定の完全ビスポークモデル

公開日 : 2020/03/03 19:54 最終更新日 : 2020/03/03 19:54


ベントレー マリナー バカラルのフロントエクステリア

Bentley Mulliner Bacalar

ベントレー マリナー バカラル

 

 

わずか12台をマリナーがハンドメイドで製造

 

ベントレーのビスポーク部門「マリナー(Mulliner)」は、英国・クルーのベントレー・モーターズ本社においてニューモデル「バカラル(Bacalar)」を初公開した。

 

バカラルは現代のベントレーとしては非常に珍しい2ドアモデル。2シーターオープントップならではの究極のラグジュアリーを具現化した、最高峰のグランドツアラーとして開発された。そして、世界随一の歴史を誇る名門コーチビルダーであるマリナーがコーチビルディングの原点に立ち返って製作する1台となる。

 

製造台数はわずか12台。クルーにあるマリナーのワークショップにおいて、それぞれのカスタマーの要望に応じて1台ずつハンドメイドで製作される。高い希少価値だけでなく、最高峰のラグジュアリーと息を呑むパフォーマンスが保証されている。バカラルはビスポークによって生まれるラグジュアリーカーの未来だと、ベントレーは胸を張る。

 

ベントレー マリナー バカラルのサイドエクステリア

バカラルという車名は、メキシコ・ユカタン半島にある、バカラル湖にちなんで名付けられた。世界有数の景勝地から車名を採るのは、2015年にデビューした同社初のSUV「ベンテイガ」に続くものだ。

 

メキシコ・ユカタン半島のバカラル湖にちなんで命名

 

バカラルは、メキシコのユカタン半島にある「バカラル湖」にちなんで命名。この湖は現実離れした美しさで知られている景勝地。世界各地の素晴らしいランドマークからニューモデルを命名することは、2015年にデビューしたベンテイガからスタートしている。

 

マリナーはバカラルの製作を通し、特に目の肥えた限られたカスタマーのためだけに特別な1台をコーチビルドするという原点に立ち返る。ルーフのない「バルケッタ」(小舟)デザインに斬新で逞しさ溢れるボディが架装され、インテリアには多種多様な装備と素材が散りばめられた。限定製造される12台すべてがデザインチームと、ひとりひとりのカスタマーが協力して生み出す、世界で1台だけの存在となる。

 

ベントレー マリナー バカラルのデザインスケッチ

バカラルの発表に合わせて、ベントレーはマリナーの新体制を発表した。マリナー内の新部門として「クラシック」「コレクション」「コーチビルド」の三本柱が打ち立てられた。

 

それぞれに役割を与えた3部門をマリナー内に設立

 

現行ベントレーの中で最もスペシャルなこの2ドアモデルを機に、マリナーが新たな体制へと移行することも発表された。マリナー内の新部門として「クラシック」「コレクション」「コーチビルド」の三本柱が打ち立てられ、バカラルは名門コーチビルダーの新戦略の一端を担うことになる。

 

今回、マリナーが設立した新部門のひとつが「ベントレー マリナー コーチビルド」。バカラルはこのコーチビルド部門が手掛ける第1号車となり、今後のビスポークモデルはすべてこの新部門で製作される。

 

2つ目の新部門は「ベントレー マリナー クラシック」。昨年、ベントレーは1929年製スーパーチャージャー搭載の4.5リッター「チーム・ブロワー」をオリジナルコンディションのまま、12台限定で復刻させることを発表。この復刻版はマリナーのスペシャリストらが構成するチームによって手作業で製作される。

 

戦前のレーシングカーの復刻モデルが「継続」の意を込めた「コンティニュエーションシリーズ」として登場するのは、世界初となる。クラシック部門は、1939年製「コーニッシュ」の復元モデルも昨年見事に完成させた。

 

3つ目の部門は「ベントレー マリナー コレクション」。新型コンチネンタル GT マリナー コンバーチブルのように、従来のラインアップからラグジュアリー性をさらに高めた派生モデルを製作。この部門は新車を購入するカスタマーためのカスタマイズにも対応する。 現行ラインアップには豊富なエクステリアカラーをはじめ、レザーとステッチの組み合わせ、特別注文の装備など様々なオプションが用意されている。

 

ベントレー マリナー バカラルのリヤエクステリア

バカラルは、2019年にベントレー100周年を記念して登場したコンセプトモデル「EXP 100 GT」のデザインDNAを纏い、究極のラグジュアリーカーとして登場した。

 

EXP 100 GT」のDNAを受け継いだエクステリアデザイン

 

バカラルは、使用素材とインテリジェントなテクノロジーがシームレスに融合したクラフトマンシップの結晶とも言える存在だ。バカラルは他のベントレーモデルとボディパネルを一切共有していない。エクステリアパーツではドアハンドルのみをコンチネンタル GTと共有している。

 

そのデザインDNAは、彫刻のような美しさをもつEXP 100 GTから受け継いでいる。 EXP 100 GTは、権威あるフレンチ・フェスティバル・オートモービル・インターナショナルにおいて「2019年の最も美しいコンセプトカー」に選ばれた他、雑誌『GQ』では「コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー」にも選出している

 

デザインチームが、かつてないほどダイナミックで彫刻のようなモデルを目指したバカラルは未来への意思表明であり、ベントレーが新たな100年へと踏み出すきっかけとなる。テーパー形状のドラマティックなリヤカウルは「バルケッタ」を彷彿とさせると同時に、乗る人を心地よい空間に包み込みながら、ダイナミックな走りでドライバーを楽しませる魅力を暗示した。

 

ベントレー マリナー バカラルのインテリア

ベントレーとしては、非常に目面らしい2シーター・オープントップとして登場したバカラル。内外装には、5000年以上も前の倒木など、サステナブルな素材が採用されている。

 

すっきりと美しくまとめられたコクピット

 

ラップアラウンドデザインのコクピットはすっきりと美しく、角度をつけた新設計のセンターコンソールからダッシュボード、ドアへとシームレスなラインを描き、包み込むようなラインはそのままリヤへと向かう。コクピット後方には半密閉式のラゲッジスペースも用意された。

 

昨年発表されたコンセプトカー EXP 100 GTでは、環境に配慮した方法で採取されたサステナブル(持続可能)な素材が初めて使用された。それからわずか8ヵ月後、そうした素材の使用がバカラルで実現した。

 

深みのあるメタリックな仕上がりは、もみ殻の灰というサステナブルな原料を使用した塗料によるもの。英国産ウールやイングランドのイーストアングリア地方フェンランドで発見された5000年以上前の倒木「リバーウッド」も使用されている。

 

ベントレー マリナー バカラルの走行シーン

パワーユニットはベントレーが誇る6.0リッターW型12気筒ツインターボを搭載。これに8速デュアルクラッチトランスミッションと、アクティブAWDシステムを組み合わせる。

 

最高出力659psを発揮する6.0リッターW12ツインターボを搭載

 

搭載されるパワーユニットは6.0リッターW12気筒ツインターボエンジンの強化バージョン。世界最先端の12気筒エンジンは最高出力659ps、最大トルク900Nmを発揮。それと組み合わせる8速デュアルクラッチトランスミッションにより、これまで以上に高速かつ効率的な動力性能を実現する。

 

アダプティブ・シャシーにはインテリジェントな48Vシステム「ベントレー・ダイナミックライド」を採用し、どのような状況でも優れた乗り心地、圧倒的なハンドリング、洗練性を実現。このエアサスペンションシステムにより、快適性と横方向のロールをコントロールすることで不快な挙動が抑えられ、正確無比なドライビング感覚を味わうことができるという。

 

高度なアクティブAWDシステムも搭載し、走行状況に応じて前後輪へのトルク配分も変更される。標準走行時は可能な限り後輪駆動モードとなり、効率の良いダイナミックな走りを実現する。

 

ベントレー マリナー バカラルの走行シーン

選ばれし12名のオーナーのみがステアリングを握ることができるバカラル。とはいえ、発表の段階ですでに完売しているという。

 

わずか12名のカスタマーのみに与えられる究極のGT

 

バカラルは世界各地のカスタマーにより、すでに12台すべてが完売した。ベントレー・モーターズのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOは、バカラルについて以下のようにコメントした。

 

「マリナーが手掛けたバカラルは、オープントップのラグジュアリーグランドツアラーの究極の姿を表現し、クルーの職人たちの計り知れない技術力を誇示した1台です。バカラルはフルオーダーで製作されます」

 

「オープントップの2シーターの特長を活かしつつ、創立100周年記念として昨年発表されたEXP 100 GTに倣い、未来のラグジュアリーを見据えた要素をふんだんに採用しました」

 

「バカラルは特筆すべき希少なベントレーです。このクルマを注文・製作するという極めて貴重な体験ができるのは、わずか12名の特別なお客様だけです。この方たちだけがオーダーし、完成車を受け取り、運転し、12台の内の1台を愛でることができるのです」

 

「我々だけでなく、お客様もバカラルを大変楽しみにしています。バカラルの職人チームと眼識のある愛好家とが協力し合い、ハンドビルドによる最高峰のビスポークカーを形にする・・・。創造力と技術力の新たな扉が開かれるのです」