メルセデス・ベンツEクラスの「知能」が進化! マイナーチェンジ版を世界初公開

公開日 : 2020/03/04 12:22 最終更新日 : 2020/03/04 12:22

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのフロント走行イメージ

Mercedes-Benz E-Class

メルセデス・ベンツ Eクラス

 

 

現行Eクラス初の大幅改良

 

メルセデス・ベンツは2020年3月3日に、Eクラスのマイナーチェンジモデルをワールドプレミアした。現行Eクラスにとって初めての大規模改良であり、まずはセダンとステーションワゴンから進化。2020年夏より欧州市場への導入が始まる。

 

クーペやカブリオレ、ロングホイールベース版(中国のみ)にもすぐに改良新型が登場予定という。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのフロントイメージ

現行Eクラス(W213)にとって初となる大幅改良を実施。先進運転支援機能や快適性、電動化面が主な進化のポイントだ。

 

刻々変わる制限速度に自動対応

 

今回のマイナーチェンジのポイントは、「次世代運転支援システムの採用」「キャビンの快適性向上」「パワートレインの電動化」の3点。

 

「アクティブ スピード リミット」は、地図データや道路標識と連動して自動的にリミッターで車速を制御する機能。コーナーやランナバウト、料金所、丁字路の手前からスピード調整を開始するうえ、高速道路の出口にも対応する。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのコクピットイメージ

地図データや道路標識と連動して自動的にリミッターで車速を制御する機能や、“右直事故”にも対応する最新の被害軽減ブレーキ機能などを導入している。

 

「ハンズ オフ」の渋滞支援機能も

 

最新のACCである「アクティブ ディスタンス アシスト ディストロニック」も導入。道路情報に基づく速度調整機能にくわえ、SIMカードを用いたデータローミングを介して数分ごとに情報をアップデートする「ライブトラフィック」とも連携する。渋滞末尾や交通の流れが悪くなっている場所もドライバーより早く検知し、もしもドライバーが迫る車列に対してなんの反応も示さない場合は、予備的措置として車速が100km/hまでスローダウンされる。

 

「アクティブ ストップ アンド ゴー」は、車線の明確な自動車専用道路上なら最高60km/hまで車線キープと先行車との距離を支援する機能。1分以内であれば停止から再発進までを自動で行う。BMWでいうところの「ハンズ オフ機能付き渋滞運転支援システム」に相当するもののようだ。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのリヤビュー。ドア開

駐車時にドアを開けた際、後方からやってくる自転車やオートバイなどにぶつかる「ドア開き」事故を防止する機能も搭載する。

 

ドア開き事故を音と光で防止

 

さらに、ステアリング操作を支援する「アクティブ ステアリング アシスト」にも新しい機能が登場。例えば複数車線のある高速道路上で事故などによる渋滞が起きた場合、現場へ駆けつける緊急車両用のルートが必要になるが、その“通り道”を空ける際のアシストまで行うという。

 

ドライバーの死角になりやすいエリアの障害物を検知する「アクティブ ブラインド スポット アシスト」は、「降車時警告付き」に進化。車両停止時にも接近する自転車やオートバイなどを検知してドライバーへ警告することで、いわゆる「ドア開き事故」を防止する。7km/h以上で移動している物体を検知し、危険が迫っているのにドアを開けようとすると、音とともにドアのアンビエントライトが赤く点滅して警告。この機能はイグニッションをOFFにしてから最大3分まで作動する。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのフロント走行イメージ

ボディカラーに新色3パターンを追加。写真はAMG ラインの「モハーベ シルバー」。

 

ボディ全体を横から眺める「目線」も追加

 

駐車から発進までの軌道を自動でサポートする「パークトロニック付きアクティブ パーキング アシスト」には、広めの駐車スペースを検知する機能も。360度カメラを搭載し、ボディ全長をサイドから眺めた視点も追加。縁石やガレージ、狭いパレットなどの神経を使う駐車時に側方の状況をより確認しやすくした。

 

衝突回避し被害を軽減する自動ブレーキ「アクティブ ブレーキ アシスト」は全車へ搭載した。停車している車両はもちろん、歩行者の飛び出しにも対応する。対向車線を横切って右折する際には長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラで前方の状況を検知。直進してくるクルマと衝突の可能性がある場合は一定の条件下で自動ブレーキを作動し、“右直事故”を防止する。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスの正面イメージ

エクスクルーシブ ライン仕様車は、ボンネットの上にスリーポインテッドスターが鎮座するクラシックなフロント周りとなる。

 

よりよい仮眠を促しドライバーを「活性化」

 

改良新型Eクラスのキャビンで主に注力したのは、ドライバーの「活性化」。エナジャイジングシート機能は、長距離ドライブ中にてシートクッションやバックレストを動かすことでドライバーへよりよい姿勢を促すもの。

 

また、ウェアラブル端末を介して得た情報に基づき、個々人に最適なフィットネスを推奨する「エナジャイジング コーチ」機能や仮眠をサポートする「パワーナップ(15〜30分程度の短い仮眠)」機能(プラグインハイブリッドのみ)も用意。さらに周辺空気の清浄度を示すインジケーターにも最新のシステムが備わる。

 

「メルセデス アーバン ガード」と呼ぶ駐車時監視機能もアプリを通じて利用可能になる。衝撃や牽引、侵入などを検知するとともに、盗難の際の追跡機能を完備。また、車両の鍵を無くしたり盗まれた場合の予防措置として、スマートフォンを通じて認証解除することもできるという。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのリヤシートイメージ

衝撃や牽引、侵入などを検知するとともに、追跡機能を完備した盗難監視機能「メルセデス アーバン ガード」にも対応する。

 

7モデルにプラグイン ハイブリッドを導入

 

パワートレインの電動化については、プラグイン ハイブリッドを7モデルに展開。ディーゼル、ガソリン、セダン、エステート、後輪駆動、全輪駆動のすべてでプラグイン ハイブリッドが選択可能となる。

 

ガソリンエンジンは出力156〜367psまで、ディーゼルエンジンは160ps〜330psまでラインナップ。直列4気筒ガソリンエンジン(M254)には第2世代のISG(インテグレーテッド スターター兼ジェネレーター)を装備。最大15kW/180Nmのパワーでエンジンをサポートする。もちろん48V対応である。

 

M256と呼ばれる直列6気筒ガソリンユニット+ISGも選べるようになった。ディーゼルは直列6気筒(OM 656)と直列4気筒(OM 654)の両方を用意。メルセデス・ベンツの中核を担うEクラスとあって、最新の直列ユニットをずらり取り揃える。

 

組み合わせるトランスミッションは、第2世代ISGに最適化させた9Gトロニックだ。モーターや冷却システムはトランスミッションの内部、もしくは近接するように配置。ケーブル類も省くことでスペースや重量を抑えて様々な内燃機へ対応できるようにした。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのメータークラスターイメージ

10.25インチの液晶を2枚据え付けるディスプレイを標準搭載。12.3インチ液晶を2枚並べた仕様もオプションで選択できる。

 

「ハイ、メルセデス」はAR(拡張現実)対応へ

 

デザイン面では、エントリーグレードがアバンギャルド仕様になスリーポインテッドスターを組み込んだフロントマスクが標準となる。ボディカラーにはハイテク シルバー、グラファイト グレー メタリック、モハベ シルバーとよぶ新色を追加。ホイールデザインもより多彩になり、燃費効率を向上するエアロホイールも選択できるようになった。

コクピットの景色も最新基準へ進化。指でスワイプ操作できるタッチコントロール付きステアリングホイールを改良するとともに、10.25インチの液晶を2枚据え付けるディスプレイを標準にした。12.3インチ液晶を2枚並べた仕様もオプションで選択することが可能だ。

 

「ハイ、メルセデス」でお馴染みの自然対話型音声認識システムを組み込むインフォテインメント機能MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)は、AR(拡張現実)にも対応。ディスプレイ上に映し出された周辺環境上に家屋番号や番地、信号機などが表示される。

 

メルセデス-AMG E 53 4マティックにも、サルーン、エステートの両方へさらに力強いデザインを与えるともに幅広いオプションを用意した。

メルセデス-AMG E53 4マティック セダンとエステート2台イメージ

メルセデス-AMG E53 4マティック セダンとエステートもデザインを刷新。さらに迫力のある雰囲気を与えられ

 

さらに半歩先の未来へ踏み出したEクラス

 

現行Eクラス(W213)が日本市場で発売されたのは2016年7月。ウィンカーレバーの操作のみでクルマが安全確認をしながら自律的に車線変更を行うといった先進の運転支援機能をいちはやく採用してセンセーションを呼んだ。

 

ステアリングホイールにタッチ式のセンサーを与え、横長のタブレットが嵌め込まれたようなインストゥルメントパネルを導入するなど、「未来型Eクラス」のキャッチコピーもさもありなんという意欲的なモデルとして登場した。これまでにセダン、エステート含めて世界で120万台以上が販売されている。

 

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスのリヤ走行イメージ

改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスの欧州導入は2020年夏予定。プラグインハイブリッドも7モデルに展開している。

 

依然としてメルセデス・ベンツの「ブランドの心臓」であり続けるEクラスは、2020年夏より欧州から導入をスタートする。

 

未来型を謳い登場したEクラスが先進の知能を獲得し、さらに半歩、未来へ足を踏み出した。自動車のこれからを提示するひとつの好例となることは間違いなさそうだ。