アストンマーティン、限定88台の「V12 スピードスター」を公開! 21世紀に転生した伝説のマシン

公開日 : 2020/03/04 17:00 最終更新日 : 2020/03/04 17:00

アストンマーティン V12 スピードスターのフロントイメージ

Aston Martin V12 Speedster

アストンマーティン V12 スピードスター

 

 

邦貨約1億525万円の限定モデル

 

アストンマーティンは、2020年3月4日に2シーターのオープンスポーツ「V12 スピードスター」を世界初披露した。88台のみの生産という稀少な限定モデルとなる。

 

価格は付加価値税含めて76万5000ポンド(約1億525万円)からで、納車は2021年第1四半期に開始する予定だ。

 

アストンマーティン V12 スピードスターの正面イメージ

ついに全貌を現したアストンマーティン V12 スピードスター。ハンドメイドでたった88台のみが生産される特別な限定モデルは、2021年第1四半期よりデリバリーを開始するという。

 

ル・マン栄光のDBR1やDB3Sが源流

 

V12 スピードスターは、伝説のマシン「DBR1」に原点を置くレーサーに極めて近い限定モデル。ルーフもスクリーンも備えないストイックなピュアスポーツは、アストンマーティンのエンジニアとデザイナー、ビスポーク部門の「Q by アストンマーティン」がタッグを組み、12ヵ月余りを費やして集中的に開発した。

 

1959年にル・マンとニュルブルクリンク1000kmで勝利した「DBR1」に加えて、同社創立100周年の2013年に登場したコンセプトカー「CC100 スピードスター コンセプト」にも着想を得ている。また、ミドセクションには1953年の傑作「DB3S」の趣も備えており、いわゆる往年レーサーの現代的解釈が具現したカタチといえる。

 

アストンマーティン DBR1とCC100 スピードスター2台イメージ

DBR1と、同社創立100周年の2013年に登場したコンセプトカー「CC100 スピードスター コンセプト」。

 

ビスポークボディの大部分はカーボンファイバー製

 

レース直系の趣はデザイン面だげでなく、メカニズムにも息づいている。

 

プラットフォームにはDBS スーパーレッジェーラやヴァンテージのコンポーネンツを使いながら、アストンマーティン最新の接着アルミニウム構造を採用。ビスポークされたボディのほとんどはカーボンファイバー製だという。

 

アストンマーティン V12 スピードスターのキャビンイメージ

ルーフもフロントウィンドウも無し、ドライバーのコクピットとパセンジャーも分離した大胆なデザインを採用する。

 

ホイールはセンターロック式を採用

 

足元にはフロントにダブルウィッシュボーン、リヤにマルチリンクサスペンションを搭載し、コイルスプリングと減衰力を「スポーツ」「スポーツ+」「トラック」に切り替えできるアダプティブ ダンピングシステムを組み合わせる。リヤ リミテッド ディファレンシャルも全車に装備した。

 

標準装備の21インチの鍛造アルミホイールはセンターロックタイプとなる。また、全車にカーボンセラミック・ブレーキを採用。前が410mm、後ろが360mmという大径ディスクを組み合わせている。

 

アストンマーティン V12 スピードスターのホイールイメージ

レーサー直系のルーツを思わせるV12 スピードスターには、センターロック式のホイールが使われている。

 

0-100km/h加速3.5秒、最高速度300km/h

 

フロントにミドマウントするのはお馴染みの5.2リッターのV12 ツインターボで、最高出力700ps&最大トルク753Nmを発揮。ZF製の8速ATを組み合わせ、もちろんユニットを後軸側に搭載するトランスアクスルレイアウトを採る。0-100km/h加速は3.5秒、最高速度は300km/hに達するという。

 

V12ユニットには専用のステンレス製エキゾーストシステムを新たに開発。リヤエンドの中央部分、ディフューザー上部に取り回した排気管は、野太いサウンドを開放されたコクピットへ轟かせる。

 

アストンマーティン V12 スピードスターのコクピットイメージ

アストンマーティンらしい「新しいクラシック」を提案するキャビン。カーボンやアルミニウム、3Dプリントのラバー素材などの現代的なマテリアルに、伝統的なハンドクラフト・サドルレザーを組み合わせる。

 

ビスポークのヒントはF/A-18ホーネットに着想

 

ボディカラーのスキームや内装の仕立てには、同社の誇るビスポーク専門集団「Q by アストンマーティン」の手腕とセンスが如何なく発揮されている。

 

今回発表された車両の外板色は、マクドネル・ダグラス(現:ボーイング)の戦闘機F/A-18ホーネットをモチーフにした「スカイフォール シルバー」。ボーイングとのコラボレーションの下で生まれたコンセプトカラーに、マットブラックのベーンやベントと組み合わせることで全体の印象を引き締めている。

 

内装は、構造材としても機能するカーボンファイバーや伝統のハンドクラフト・サドルレザーを組み合わせるなど、モダンとクラシックが共存。さらにクロームやアルミニウム、3Dプリントのラバー素材などが新鮮なアクセントを加えている。

 

アストンマーティン V12 スピードスターのプレートイメージ

今回公開した車両は、ボーイングとコラボレーションしたビスポーク仕様だった。顧客はこのメニューをそのまま注文することもできる。

 

航空機を思わせるデザイン要素も

 

助手席前方のグローブボックス部分には着脱可能なレザーバッグを備えるなど、クラシカルなレーサーを思わせる軽快なキャラクターがキャビンにも色濃く表れている。

 

ブラックレザーやダーククロームでまとめたキャビンを、レッドのベルトがビビッドに演出。「DO NOT STEP」の遊び心溢れるデザインともあいまって、戦闘機に繋がるムードを散りばめている。F/A-18にインスパイアされた外板色と合わせ、この内装の仕様をそのままオーダーすることも可能だ。

 

アストンマーティン V12 スピードスターのディテールイメージ

ビスポークのプロフェッショナル集団「Q by アストンマーティン」による丹念な仕立てが全体から細部に至るまで息づいている。

 

コレクター垂涎の88台限定モデル

 

アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループCEOのアンディ・パーマーは語る。

 

「アストンマーティンは、独創的で特別なモデルをお客さまへお届けすることに力を注いでいます。V12 スピードスターは、このお約束を完璧に表現したモデルです。ハンドビルドされた88台は、世界中のエンスージアストやコレクターから垂涎の的となるでしょう。このクルマは、我々のエンジニアリングの可能性と野心を具現しただけでなく、アストンマーティンの栄光の歴史も表現しているのです」

 

アストンマーティン V12 スピードスターのリヤビュー

まさしく「走るショーカー」そのものといえる V12 スピードスター。手に入れられる幸運なオーナーは88人のみだ。

 

アストンマーティン自ら「走行可能なショーモデル」と謳うフルオープンのピュアスポーツはすべてハンドビルドで生産される。88人のエンスージアストのみが享受できる現代のスピードスターは、21世紀の伝説になるかもしれない。