アウディ、ペットボトル原料のシートを新型A3に採用。持続可能性をさらに推進

アウディ新型A3にリサイクル原料を採用

使用済みのペットボトルをリサイクル

 

世界中で持続可能性(サステナブリティ)について様々な取り組みが行われているが、今回アウディは新型A3にリサイクルされたペットボトルを原料に用いるシートを初採用した。

 

ドイツでは使用済みペットボトルを回収用マシンに投入すると0.25ユーロのデポジットが得られるなどリサイクルシステムが浸透し、ペットボトルをリサイクルした原料を用いる取り組みは様々な分野で進められている。回収されたペットボトルは洗浄して粉砕された後に溶解し、プラスチックのインゴットとして成形されてから細かい断片に加工される。このプラスチック原料を押し出し加工した糸が今回A3のシート生地に用いられた。

 

アウディ新型A3にリサイクル原料を採用、シート

現段階ではシート地の最大89%をペットボトル由来のリサイクル素材に置き換えた。座り心地や耐久性など品質は従来の素材と変わりない。

 

A3のシート1台分に100本以上のペットボトルを使用

 

A3では3種類のシート地を採用。デザインセレクション用の“トーション”と呼ばれるスチールグレイの素材と、“プラス”と呼ばれる素材はそれぞれ人工皮革製のサイドボルスターと組み合わされる。シート地の最大89%がリサイクル原料から製造され、シートごとに1.5リットル容量のペットボトルが最大45本使用される。

 

さらにA3ではカーペット用にもリサイクルされたペットボトルが同様に62本分使用された。また、インテリア以外のコンポーネントでも断熱材や吸収材、ラゲッジコンパートメントのサイドパネル、搭載フロアなどにもリサイクル原料が用いられている。

 

アウディ新型A3にリサイクル原料を採用、A3リヤシート

A3のシートではひとつにつき1.5リットルのペットボトル約45本分使用されている。またカーペットの素材にもペットボトルのリサイクル素材が約62本分用いられる。

 

しかし現時点ではシート地を完全にリサイクル素材に置き換えることは難しい。アウディのテキスタイル部門で素材開発を担当するウテ・グレンハイムは次のように語る。

 

「接着剤で上部素材に接着する織物素材の下部層が課題となっています。私たちは現在、これをリサイクル可能なポリエステルに置き換える作業を行っています。シート時を完全に非混合材料で製作して、再びリサイクルできるようにすることが私たちの目標です。これは近い将来に実現すると思います」