ポルシェ 718 ボクスター&ケイマン「GTS 4.0」の第一印象を渡辺敏史がレポート【初試乗 前編】

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0&718 ケイマン GTS 4.0海外試乗記、718 ボクスター GTS 4.0の走行シーン

Porsche 718 Boxster GTS 4.0 / 718 Cayman GTS 4.0

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0/718 ケイマン GTS 4.0

 

 

自然吸気式4.0リッター水平対向6気筒を採用

 

911とボクスター&ケイマン、同じポルシェのスポーツカーラインナップにあって、その性能的なヒエラルキーは常に絶妙な線引きがなされてきた。現世代は同じダウンサイジングコンセプトでありながら、まずもって6気筒と4気筒というエンジンの差別化が図られている。

 

そこに一矢報いるかたちで昨年発表されたのが、3代目となるボクスタースパイダー、そしてケイマン GT4だ。前世代では当時のカレラS用となる自然吸気の3.8リッター・フラット6を搭載していたところに充てがわれたのは、新開発であり初搭載となる自然吸気の4.0リッター・フラット6。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0&718 ケイマン GTS 4.0海外試乗記、718 ボクスター GTS 4.0の走行シーン

718 スパイダー及び718 ケイマン GT4と同型式の自然吸気4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載する718 ボクスター GTS 4.0。ただし最高出力は先行するスパイダーやGT4より若干絞られた400psを発生する。

 

最高出力400ps&最大トルク420Nmを発生

 

最大トルクこそ420Nmと同じながら、最高出力は420psと先代比で35psの向上、そしてモデル史上初の400psオーバーをマークした。最高出力の発生ポイントは先代より200rpm高い7600rpm。そしてレッドゾーンも200rpm高い7800rpmと、より高回転化がなされてもいる。

 

そしてこのエンジンが搭載される第二弾のモデルもまた、ボクスター&ケイマンだった。718世代としては二代目となるGTS、その初代は直噴ターボの2.5リッター・フラット4で365ps&420Nmを発揮していた。二代目は件の4.0リッター・フラット6を搭載し400ps&420Nmをマークする。

 

ちなみにボクスタースパイダー&ケイマン GT4よりも20ps低いパワーはECUのセットアップにより調整されたもので、ハードウェア自体はGTSもまったく変わらないという。ポルシェにとって、かように序列は厳格なものなのだろう。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0&718 ケイマン GTS 4.0海外試乗記、718 ボクスター GTS 4.0の走行シーン

6速MTとスポーツエグゾーストシステムを組み合わせ、満足度の高いドライビングプレジャーを提供。0-100km/加速は4.5秒、最高速度は293km/hに達する。

 

現行911シリーズと共通のエンジンファミリー

 

そもそもこの4.0リッター・フラット6は、9A2と呼ばれるエンジンコードのユニット群、すなわち現在の911が搭載する直噴ターボの3.0リッター・フラット6のファミリーとなる。102.0✕81.5mmとまったく同じボア・ストロークを持つ911 GT3系のエンジンコードは9A1で、中身は別物だ。

 

とはいえ、自然吸気化に伴い更新されたポイントは多岐に渡り、3.0リッター・フラット6との部品の共有範囲は少ない。ポルシェとしては生産設備が共有できる点においてのコスト圧縮効果にも期待しているという。

 

と、ここにきて、なぜポルシェが自然吸気の新型エンジンを作ったのか、疑問にお思いの方もいらっしゃるだろう。僕自身もこの点は興味があったが、エンジニアとの会話の中にひとつのヒントを見つけることができた。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0&718 ケイマン GTS 4.0海外試乗記、718 ボクスター GTS 4.0のルーフ展開

718 ボクスター GTS 4.0は電動開閉式ソフトトップを装備。オープン時はもちろん、クローズドトップ時でもスマートなスタイリングを披露する。

 

いま敢えて自然吸気エンジンを採用した理由

 

現状、先代の2.5リッターと新型の4.0リッター同士で比較すると公称CO2排出量は新型の方が劣っているが、今後重視されてくるRDE試験でのエミッションと燃費を考慮するとその差は限りなくゼロになる、状況によっては上回ることにもなるだろうという。それとパフォーマンスやプレジャーの向上しろを天秤にかければ、NAを推す意味があると、そういう判断があったという。

 

とあらば、この新しい4.0リッター・フラット6は911の側に積まれる可能性もあるのではないか。もちろん現行の過給が加わる3.0リッター・フラット6より力感は劣るかもしれないが、カレラTのように走りに依ったシンプルグレードにこのエンジンが搭載されれば速さはともかく気持ちよさという点で個性を表現できるだろう。

 

そんな想いを伝えるとエンジニアは、先々の商品計画にはコメントできないとお約束問答でかわしつつも、911のエンジンルームにこのユニットを搭載するのは難しいことではないだろうと苦笑しながら答えてくれた。

 

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0&718 ケイマン GTS 4.0海外試乗記、718 ボクスター GTS 4.0のインテリア

ダークカラーのアルカンターラをふんだんに用いたインテリアはスポーツイメージを助長する。高解像度の7インチタッチスクリーンを備え、トラックプレシジョンアプリを含むスポーツクロノパッケージが標準装備される。

 

ボクスター&ケイマンのみ採用するユニットの実力は?

 

ともあれ、この4.0リッター・フラット6は現状、ボクスター&ケイマンのみに与えられる特別なユニットだ。それがGTSという伝統のグレードに搭載されたことで、ひとつ身近なポジションに降りてきたことは間違いない。

 

GTSはポルシェのクルマづくりのコアであるGT、すなわち長距離移動も含めた高い実用性に、限りなくスポーツ=Sの要素を加えたものだ。そのカバレッジの広さから、昨今ではスポーツモデルに限らずカイエンやパナメーラ等でもベストグレードと称されることが多い。

 

今回の試乗はエストリルサーキット周辺の公道をボクスター GTSで、そしてトラックをケイマン GTSで・・・と、走行ステージが分けられていた。空模様は残念ながら雨時々曇りといった様相で試乗向きではなかったが、午後からのトラック走行時に天気が回復していることを祈りつつ、まずはボクスター GTSでパワートレインの公道の適性を確認することにする。(続く)

 

 

REPORT/渡辺敏史(Toshifumi WATANABE)

 

 

【SPECIFICATIONS】

ポルシェ 718 ボクスター GTS 4.0

ボディサイズ:全長4391 全幅1801 全高1262mm
ホイールベース:2475mm
車両重量:1405kg
エンジン:水平対向6気筒DOHC
総排気量:3995cc
最高出力:294kW(400ps)/7000rpm
最大トルク:420Nm/5000–6500rpm
トランスミッション:6速MT
駆動方式:RWD
サスペンション形式:前後ストラット
タイヤサイズ:前235/35ZR20 後265/35ZR20

ブレーキキャリパー:前6ピストンアルミモノブロック 後4ピストンアルミモノブロック

ブレーキディスク(ディスク径):前後ベンチレーテッドディスク(前350×34mm 後330×28mm)
0-100km/h加速:4.5秒
最高速度:293km/h

車両本体価格(税込):1111万円

 

【SPECIFICATIONS】

ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0

ボディサイズ:全長4405 全幅1801 全高1276mm
ホイールベース:2475mm
車両重量:1405kg
エンジン:水平対向6気筒DOHC
総排気量:3995cc
最高出力:294kW(400ps)/7000rpm
最大トルク:420Nm/5000–6500rpm
トランスミッション:6速MT
駆動方式:RWD
サスペンション形式:前後ストラット
タイヤサイズ:前235/35ZR20 後265/35ZR20

ブレーキキャリパー:前6ピストンアルミモノブロック 後4ピストンアルミモノブロック

ブレーキディスク(ディスク径):前後ベンチレーテッドディスク(前350×34mm 後330×28mm)
0-100km/h加速:4.5秒
最高速度:293km/h

車両本体価格(税込):1072万円

 

 

【問い合わせ】

ポルシェ カスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911

 

 

【関連記事】

ポルシェ 718 ボクスター&ケイマン「GTS 4.0」、その走りは対話に溢れていた【初試乗 後編】

 

 

【関連リンク】

・ポルシェ ジャパン 公式サイト

https://www.porsche.com/japan/