ベントレーとブライトリング、1000本限定のクロノグラフを発売。マリナーの世界を描いたタイムピース

プレミエ B01 クロノグラフ ベントレー マリナー リミテッド エディションのイメージ

Breitling Premier Chronograph Bentley Mulliner Limited Edition

ブライトリング プレミエ クロノグラフ ベントレー マリナー リミテッド エディション

 

 

ベントレーの誇るプロ集団「マリナー」の世界を腕時計に

 

ベントレーは、ブライトリングとの17年間にわたるパートナーシップを記念して1000本限定の特別なコラボレーションウォッチを発売する。

 

2003年、新生ベントレーが満を持して世に放ったコンチネンタル GTのダッシュボードには、ブライトリング製のクロックが嵌め込まれていた。以来、両社は友好関係を途切れさせることなく、車両やウォッチで積極的にコラボレーションし続けている。

 

今回発表したのは「コンチネンタル GT マリナー コンバーチブル」の世界観をデザインに盛り込んだクロノグラフ、「ブライトリング プレミエ クロノグラフ ベントレー マリナー リミテッド エディション」。

 

42mm径のステンレススチールケースに、コンチネンタル GT マリナー コンバーチブルの内装色を彷彿とさせるブルーのワニ革(アリゲーター)ストラップを組み合わせる。価格はピンバックル仕様が96万8000円、Dバックル仕様が99万円。

 

プレミエ B01 クロノグラフ ベントレー マリナー リミテッド エディションのイメージ

コンチネンタル GT マリナー コンバーチブルとの世界観を共有しあうブライトリングとのコラボレーションウォッチが誕生。限定1000本のみの特別なタイムピースとなる。

 

自社製ムーブメント「Cal.01」を搭載

 

コンチネンタル GT マリナー コンバーチブルのインペリアルブルーに着想を得たエレガントな濃紺を、ふたつのサブダイヤル(30分積算計、スモールセコンド)にも採用。ブライトリングの自社製ムーブメント「キャリバー01」を搭載しており、パワーリザーブは約70時間を誇る。もちろん、厳しい精度テストにパスしたムーブメントのみに与えられるC.O.S.C.(スイス公式クロノメーター検定期間の定める基準)認定を取得している。

 

ブルーのインナーベゼルには白抜きでタキメータースケールを配置。秒針や60分積算計の赤はコンチネンタル GT マリナー コンバーチブルのステッチを反映したカラーリングだ。

 

ウォッチと車両の絆を表すディテールは他にもある。ウォッチの文字盤に刻まれたアラビア数字は1、2、4、5、7、8、10、そして11。一方、コンチネンタル GTのダッシュボードに配されたクロックの文字盤には12と3と6と9の数字。ウォッチと車両があわさって12の数字が完成する粋な意匠が採用されている。

 

ベントレー コンチネンタルGT マリナー コンバーチブルのキャビンイメージ

ベントレー コンチネンタルGT マリナー コンバーチブルのインテリア。濃紺(インペリアル ブルー)と赤のコントラストが、限定ウォッチのデザインにも活かされている。

 

往年のベントレーに見られた「あの意匠」も

 

ケースの左サイドには「Bentley」の銘を刻んだプレートを配置。この小さなプレートひとつにもベントレーならではのこだわりが宿されている。表面にあしらわれた「エンジンスピン」と呼ばれるパターンは、ターンドアルミニウムとも呼ばれ、光の反射を抑える効果があることから1920〜1930年代にかけてレーシングマシンや航空機に用いられていた。

 

ケースバック側には、透明なサファイヤクリスタルカバーの周りに「MULLINER EDITION – BREITLING – ONE OF 1000」の文字があしらわれる。

 

プレミエ B01 クロノグラフ ベントレー マリナー リミテッド エディションのイメージ

ウォッチのケース左側には、「エンジンスピン」と呼ばれるパターンをあしらったプレートを配置。往年のベントレー車のダッシュボードに見られた独特の反復パターンだ。

 

ベントレー車とブライトリング製品の深い繋がり

 

ベントレー・モーターズの会長兼CEOのエイドリアン・ホールマークは語る。

 

「我々ベントレーとブライトリングは世界トップレベルのパフォーマンスとラグジュアリー、革新性、洗練性という両社共通の価値を共有しあっています。新しい『ブライトリング プレミエ ベントレー マリナー リミテッド エディション』と『コンチネンタル GT マリナー コンバーチブル』には、文字盤に刻まれた洗練された彫りの表情や、マリナー部門のクラフトマンシップが息づくGTのダッシュボードに備わるクロックとの共通項といった繋がりをありありと見てとることができます」

 

プレミエ B01 クロノグラフ ベントレー マリナー リミテッド エディションのイメージ

ベントレーとブライトリングの繋がりは2003年のコンチネンタル GTから長く続いてきた。

 

ブライトリングのジョージ・カーンCEOも説明する。

 

「昨年発表した『プレミエ ベントレー センテナリー エディション』はベントレー、そしてブライトリング両方のファンの皆様から温かく受け入れていただきました。『ブライトリング プレミエ ベントレー マリナー リミテッド エディション』はベントレーと我々のDNAとの繋がりを明確に表すものであり、私達の物語を次のステップへと押し進める存在といえるでしょう。そしてもちろん、ヘリテージとクラフトマンシップ、卓越したパフォーマンスの代名詞ともいえるベントレー マリナーの証でもあります」

 

【SPECIFICATIONS】

ブライトリング プレミエ クロノグラフ ベントレー マリナー リミテッド エディション

リファレンスナンバー:AB0118A71G1P1(穴留めタイプはAB0118A71G1P2)

 

・ムーブメント

キャリバー:ブライトリング自社製Cal.01
直径:30mm
厚さ:7.2mm
ワインダー:両方向巻き上げ式の自動巻き機構
パワーリザーブ:約70時間
部品数:346点
振動数:2万8800回/時、4ヘルツ
クロノグラフ:コラムホイール、垂直クラッチ、30分積算計
認定:C.O.C.S.公認

 

・ケース
直径:42mm
厚さ:13.65mm
防水:10気圧(100m)
ガラス:ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタル
ケースバック:ねじ込み式ステンレススチール、サファイアクリスタル
リューズ:ねじロックなし、2ガスケット

 

・ダイヤル/針
シルバーダイヤルにブルーのスモールセコンドと積算計インダイヤルを配置
時/分針はSuper-LumiNova蓄光塗料使用

 

・ストラップ
ブルーアリゲーター
フォールディングクラスプ式(Dバックル)もしくは穴留め式(ピンバックル)