ベントレー コンチネンタル GT コンバーチブル 「エクエストリアン エディション」発表!伝統の競馬にインスパイア

公開日 : 2020/03/10 11:55 最終更新日 : 2020/03/10 11:55


「ジャックドーズ・キャッスル」で撮影されたコンチネンタル GT コンバーチブル ”エクエストリアン エディション”

Bentley Continental GT Convertible “the Equestrian Edition”

ベントレー コンチネンタル GT コンバーチブル “エクエストリアン エディション”

 

 

マリナーが伝統の障害馬競争をオマージュ

 

ベントレーのビスポーク部門である「マリナー(Mulliner)」は、コンチネンタル GT コンバーチブルに専用装備を与えた特別仕様「エクエストリアン エディション」を追加した。

 

英国・グロスタシャー州のチェルトナム競馬場で開催される競馬の障害レース「チェルトナム・フェスティバル(Cheltenham Festival)」にインスパイアされたエクエストリアン エディションは、ベントレー・ブリストルの依頼によってマリナーが製作した。

 

今回、「馬術」を意味する「the Equestrian」の名前が冠された特別仕様車の完成を記念し、チェルトナム競馬場からわずか16kmの位置にあるジョンジョ・オニール・レーシングの本拠地「ジャックドーズ・キャッスル」で車両の撮影が行われた。

 

コンチネンタル GT コンバーチブル ”エクエストリアン エディション”のジョッキーと競走馬のモチーフ

エクエストリアン エディションの名前に相応しく、競馬を戦う競走馬とジョッキーの美しいモチーフが、4つのシートそれぞれに刺繍されている。

 

それぞれのシートに刺繍された競争馬と騎手のシルエット

 

エクエストリアン エディションの希少性は、豪華な刺繍と美しいウッドで飾られたインテリアにある。サステナブルなサドルレザー素材を使ってハンドメイドで作られた4つのシートには、競争馬と騎手のシルエットの刺繍が織り込まれた。また、コントラストとしてカンブリアグリーンのレザーが組み合わせられている。

 

競争馬と騎手のモチーフはフロントフェイシアにも配置。贅沢なゴールドのディテールが、シンプルなグレインウォールナットとボックスウッド・インレイをスタイリッシュに飾った。

 

また、ドアインレイとリヤクォーターパネルには、はマリナーの象徴とも言える「ダイヤモンド・キルティング」がツイード生地に縫い込まれた。ステッチにはライトブルーがチョイスされ、クラシカルなインテリアにモダンなエッセンスをもたらしている。

 

コンチネンタル GT コンバーチブル ”エクエストリアン エディション”の走行シーン

エクステリアは、英国の競馬場にもマッチする特別色のグリーン「スプルース」をボディカラーにチョイスし、グリルやベゼル類をグロスブラックとするブラックライン仕様が組み合わされた。

 

特別色のスプルースにブラックライン仕様の組み合わせ

 

ボディカラーは、特別色であるスプルースを採用。深みのある独特のグリーンを「ブラックライン」仕様に組み合わせた。マリナーが展開するブラックライン仕様はラジエーターグリル、ベセル、エキゾーストパイプなどのクロム類をグロスブラックにすることで、スポーティな印象を見る者に与える。

 

ホイールにもグロスブラックの22インチ「マリナー・ドライビング・スペシフィケイション」がチョイスされた。

 

エクエストリアン エディションは、レーンアシスト、アダプティブ・クルーズコントロール、ベントレー・セーフガードプラス、ナイトビジョン、ヘッドアップディスプレイ、トップビューカメラ、シティーアシストなど、ベントレーが誇る最先端のドライビング・アシスタンス・デバイスがすべて標準で装備されている。