マクラーレン、バウワース・アンド・ウィルキンスと共同開発したオーディオシステムが「iFデザイン賞」を獲得

公開日 : 2020/03/15 06:30 最終更新日 : 2020/03/15 06:30


マクラーレン スピードテールのオーディオシステム

McLaren Speedtail

マクラーレン スピードテール

 

 

スピードテールとGTに搭載されたオーディオが受賞

 

マクラーレン・オートモーティブと高級オーディオブランドとして知られるバウワース・アンド・ウィルキンス(Bowers Wilkins)が手がけたオーディオシステムが、2020年の「iFデザイン賞(iF DESIGN AWARD)」を獲得。そして「マクラーレン スピードテール」と「マクラーレンGT」に搭載されたオーディオシステムが、カーオーディオ部門を受賞した。

 

iFデザイン賞は、ドイツ・ハノーバーを拠点とする世界で最も権威のある独立系デザイン組織「iF・インターナショナル・デザイン・フォーラムGmbH」が主催し、毎年優れたデザインの工業製品を選出している。2020年は56ヵ国から7298点もの応募があり、厳しい選考の末、マクラーレンはふたつの賞を手にした。

 

マクラーレン スピードテールのオーディオシステム

高い技術力を持つバウワース・アンド・ウィルキンスは、マクラーレンと共同でセンターコクピットという独特のインテリアを持つスピードテールに特化したオーディオシステムを開発した。

 

センターコクピットに最適化されたオーディオシステム

 

スピードテールに搭載されたバウワース・アンド・ウィルキンスのオーディオシステムは、独立した世界中の専門家により構成された78名の選考委員により選出。スピードテールの先進的なインテリアへとシームレスに統合された美しいオーディオデバイスが高い評価を得ることになった。

 

バウワース・アンド・ウィルキンスの技術陣はマクラーレンのエンジニアと協力し、車両のセンターに配置されたドライビングシートにフィットする、これまでに類を見ないオーディオシステムを完成させた。絶妙なデザインに加えて、このオーディオシステムには最先端のスピーカーテクノロジーも組み込まれている。

 

マクラーレンGTのオーディオシステム

マクラーレンが、グランドツアラーの定義を塗り替えることを目標に開発したGT。古き佳きクラフトマンシップを感じさせるインテリアに、最新のオーディオシステムが美しく融合している。

 

McLaren GT

マクラーレン GT

 

テクノロジーとクラフトマンシップの美しい融合

 

マクラーレンGTのオーディオシステムも、この卓越したグランドツアラーのインテリアに完全に統合されたデザインを特徴としており、テクノロジーとクラフトマンシップの美しい融合が絶賛を受けた。このオーディオシステムには、優れた解像度、応答性、音質を持つアラミド繊維製ハイエンドスピーカー・テクノロジーも採用されている。

 

マクラーレン・オートモーティブのデザインディレクターを務めるロブ・メルビルは、今回の受賞について以下のように喜びを語っている。

 

「偉大なデザインアワードを受賞できたことを光栄に思います。マクラーレンがバウワース・アンド・ウィルキンスと共に開発したオーディオシステムは、この賞にふさわしいデザインを持っています。マクラーレンGTは、魅力的なドライビング経験を提供するだけでなく、パッセンジャーに並外れた快適さを提供してくれる1台です。そしてスピードテールのオーディオは、かつてマクラーレンF1に取り付けられていたビスポークオーディオのようでありながら、同時に現代的な美しいデザインが特徴となります」