靴の神様に愛された日本の匠。英国靴職人・川口昭司とビスポークの世界。

Marquess マーキス 川口昭司さんイメージ

手作りのビスポークシューズを作りたい

 

「びっくりしたんですよ。こんなに綺麗な靴が存在するのかって」

 

2002年、英国ノーザンプトンのミュージアム。展示台に飾られた1900年代初頭のシューズの前にひとりの青年が立ち尽くしている。川口昭司、22歳。福岡大学を卒業し、イギリスにある公立の職業訓練校トレシャム インスティテュートで靴づくりを学んでいた彼の進むべき道が決まった瞬間だった。

 

手作りのビスポークシューズを作りたい。でも教えてくれる人は果たしてどこにいるのだろうか。夢中で便箋に思いの丈を書きつけた川口は、色々なビスポークの会社へ手紙を送った。そして出会ったのが師匠、ポール・ウィルソン。ジョージ・クレバリーやジョンロブ パリなどで活躍するマスター級の靴職人だった。

 

Marquess マーキス 川口昭司さんイメージ

Marquess マーキス代表の川口昭司さん。

 

弟子から友だちへ

 

師がアトリエを構えるニューキャッスルへ勇んで引っ越した川口だったが、最初は何も教えてもらえなかった。いわゆる「目で盗め」という伝統的な職人世界の慣習だったのだろう。つまりそれは出来るようになれば認めてくれるということでもあり、技を習得するほどに厳しかった氷は次第に溶けていく。2003年から3年半。師匠のもとで技を磨くうちに弟子からいつしか「友だちのような関係」になった。

 

木型、型紙づくり、革の裁断や漉き、縫製、つり込み、底付け。マスターのもとですべての工程を学んだ川口は独立し、フォスター&サン、エドワード・グリーンといった名門ビスポーク靴店のアウトワーカーとして活躍した。

 

Marquess マーキスイメージ

おそらく1910年頃のものと思われる英国のヴィンテージ靴。シューツリーは軽量化のため中空構造になっている。

 

世界中からやってくる目利き

 

2008年に帰国した川口だったが、依然として彼の腕を見込んでアウトワーカーの依頼が英国からやってきた。「向こうから木型や材料を送ってきて、日本で作ってイギリスに送り返していました」

 

そして2010年に立ち上げたのが自身のブランドであり、独立したビスポークシューメーカーである「マーキス(Marquess)」だ。

 

いま「Shoji Kawaguchi」という靴職人の名は、美しく繊細で、かつ力強さと普遍性をあわせもつシューズの佇まいとともに目利きの間でつとに知られている。完全予約制の銀座の店舗には、“川口さんの靴を買うため”だけに日本国内はもとより世界中からファンがやってくる。

 

Marquess マーキスのシューズイメージ

左がいわゆるクラシックなフルブローグ。右はモダンに再解釈した軽やかな現代的フルブローグの提案。

 

納期は約一年半

 

店舗フロアの上階にある小さな工房では現在2名の職人と川口さんがハンドメイドでフルオーダーの靴を日々生産しており、自宅でも同じ師匠に師事した奥様が革の縫製を行っている。打って叩いて削って漉いて、気の遠くなるほどの手作業の末に完成する製品は、スタッフがフル稼働しても月に作れるのは「7〜8足」が限界。注文してから“納車”までおよそ一年半かかるというのも納得だ。

 

Marquess マーキスイメージ

長く履きこまれてきたであろうヴィンテージ靴。直しに直して履き続ける一足は持ち主の物語そのものだ。

 

「これ、見てください」

 

川口が差し出したのは、いかにも長年履き続けてきた風情の一足の靴。しかし不思議とくたびれた様子ではなく、飴色の艶にも嫋やかなフォルムにも独特のニュアンスがあって一種の凄みさえ感じさせる。

 

「イギリスって、本当に長い間大切に一足の靴を使い続ける方がいるんです。剥げてもひび割れても直してまた履く。手作業でないと直せないからお金だってかかります」

 

Marquess マーキスイメージ

店舗の上階に工房を構える。柔和だった表情がここでは一転、職人の厳しい顔に変化する。

 

これだったら新しいのを一足作ってしまった方がいいじゃないか。最初はそうも考えた。でも客は言う。「長年履いているこれがいいのだ。お金の問題ではない」と。自分と共に十年、二十年を過ごしてきた。忘れられない瞬間を共に送ってきた相棒でもあり、自分の一部でもある。もちろんそれを作った職人に対する想いもあるだろう。

 

Marquess マーキスイメージ

革をつり込み、釘を打つ。その手並みは素晴らしく速く鮮やか。

 

金額でもブランドでもない「人」という購入動機

 

いま、世の中にはいいものが溢れている。お金があれば一流品がどこでも手には入り、特別な経験も出来る。では人は、どこに本当の価値を見い出せばいいのか。

 

「人ではないでしょうか」

 

川口は言う。この人が何十時間もかけて作った靴を履きたい。そういう買い物ってとても素敵だと思うんです、と。

 

Marquess マーキスイメージ

顧客が実際に履いたうえで、裁断して指の当たる部分などを調べる「仮縫い」の靴。わざわざ本格靴を一足、そのためだけに使用する。

 

ものの向こう側に見えるのがプライスタグやブランドのロゴではなく、それを作った職人の顔だったら、なんだか使っていて嬉しくなるし、もっと大切に扱おうと考える。所作振る舞いにもそれは表れるに違いない。

 

イギリスのビスポークは客と職人の距離が近いという。技術はもちろん大切だが、それ以上にお客さまのことを理解することが重要だから、川口は靴の注文を受け付けるときはファッションから趣味、仕事などあらゆる話題を交わす。デザインやサイズだけの形式的な“問診”では作れない。いみじくもビスポーク(=be spoken、話し合う)という言葉そのものが本質を指している。

 

Marquess マーキスイメージ

数百におよぶ顧客の木型はすべて保管されている。

 

未来のヴィンテージへ

 

マーキスの店内には「TURKEY SPONGE(かつてイギリスにあった薬局の名前らしい)」と書かれたマホガニーのアンティーク棚があって、その中には1900年代初頭のヴィンテージ靴が置かれている。ガラスケースの向こう側に拡がる、18年前に22歳の青年が魅せられた世界。

 

Marquess マーキスイメージ

Marquess(マーキス)
東京都中央区銀座1-19-3 銀座ユリカビル8階
TEL 03-6912-2013
※完全予約制

 

「1910年から30年代くらいまでが英国の靴の黄金期です。手で作る職人がたくさんいて、それぞれが切磋琢磨していた時代だからとてもレベルが高い」

 

この時代の靴から学ぶことはまだまだたくさんあるという。しかし、川口が見つめているのは過去ではない。自分の靴がヴィンテージになる未来だ。今日も川口は銀座の一角でビスポークの高みを目指している。

 

Profile

川口昭司(かわぐち しょうじ)

1980年、福岡生まれ。2002年に渡英し英国ノーザンプトンにある公立靴職業訓練校で靴づくりを学ぶ。学校近くにあった靴のミュージアムで1900〜1920年頃のクラシックシューズに魅了され、以来クラシックシューズづくりに邁進。ジョージ・クレバリーやジョンロブ パリの職人であったポール・ウィルソン氏に師事したのち、名門ビスポーク靴店のアウトワーカーとして活躍。2008年に帰国し2010年に自身のブランド「マーキス(Marquess)」設立。木型からすべてフルビスポークのハンドソーン専門にこだわるゆえ、月に生産できるのは「7〜8足」。

 

 

【関連記事】

ビスポーク職人に訊く英国靴とベントレーの親和性