TOYO TIRES、SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY R/T」のサイズラインナップを拡充

TOYO TYRESの「OPEN COUNTRY R/T」に新サイズ追加、タイヤ側面

TOYO TIRES OPEN COUNTRY R/T

トーヨータイヤ オープンカントリー アールティー

 

 

海外市場で人気の新ジャンルのSUV用タイヤ

 

TOYO TIRESは、グローバル展開しているSUV用タイヤブランド「OPEN COUNTRY」シリーズで人気を博している「OPEN COUNTRY R/T」に新サイズを加え、2020年4月下旬よりサイズラインナップを拡充すると発表した。

 

OPEN COUNTRY R/Tは、不整地や泥濘地の走行に適したマッドテレインタイプと、オンロード中心でありつつもオフロードとのバランスも重視した全地形型のオールテレインタイプの中間を充足する新しいジャンル「ラギッドテレイン」のパターンデザインを採用。このユニークな商品コンセプトは2016年度のグッドデザイン賞を受賞しているが、特に大型SUVが広く普及している北米市場では高い評価を得ており、国内でも軽自動車からSUVまで充実のラインナップを揃えている。

 

TOYO TYRESの「OPEN COUNTRY R/T」に新サイズ追加

OPEN COUNTRY R/Tに新たに加わったのは225/60R18 100Qと、215/65R16C 109/107Qの2サイズ。共にタイヤ側面のブランド名や商品名を白く浮き上がらせたホワイトレター仕様を採用。

 

アメリカンカスタムを彷彿とさせるホワイトレターを採用

 

今回新たに追加されたサイズは18インチと16インチにひとつずつ、225/60R18 100Qと215/65R16C 109/107Q。両サイズともに近年のアウトドアブームなどレジャーユースでのトレンドを鑑み、ホワイトレター(ブランド名や商品名をホワイトの文字で立体的に浮き上がらせたもの)仕様を採用する。価格はともにオープン。

 

 

【関連リンク】

・TOYO TYRES公式サイト

https://www.toyotires.co.jp/