ポルシェ、2019年度の販売台数・売上高・営業利益で新記録を樹立。さらなる成長を遂げる

ポルシェが2019年度の販売台数・売上高・営業利益の新記録を樹立、発表の様子

2019年度の販売台数は28万800台を数える

 

ポルシェAGは、2019会計年度において販売台数、売上高、営業利益(特別損益前)の新記録を樹立。さらなる成長を遂げたことを報告した。

 

2019会計年度の販売台数は前年比10%増の28万800台を記録したが、特にカイエン及びマカンのモデルレンジは販売台数を大幅に増やし、カイエンは前年比29%増の9万2055台が、同様にマカンは前年比16%増の9万9944台を販売した。

 

ドイツ国内市場及びヨーロッパ市場全体ではそれぞれ15%増を記録し、ドイツ国内市場では3万1618台、ヨーロッパ市場全体では8万8975台を納車している。さらにポルシェにとって最も大きな2つの市場、中国では前年比8%増の8万6752台、米国は8%増の6万1568台の販売台数を達成した。

 

一方、売上高は11%増加の285億ユーロを記録。特別損益前の営業利益は3%増の44億ユーロ、営業利益率は15.4%だったが、2019年第2四半期の特別損益がディーゼル問題により5億ユーロに上ったため、2019会計年度のポルシェAGの特別損益後の営業利益は38億6000万ユーロ、特別損益後の営業利益率は13.5%に留まっている。

 

ポルシェが2019年度の販売台数・売上高・営業利益の新記録を樹立、発表の様子

ポルシェAGは、2019会計年度において販売台数は28万800台、売上高は285億ユーロ、営業利益(特別損益前)は38億6000万ユーロの新記録を樹立した。

 

タイカンによって新規雇用を促進

 

企業の成長は10%増の従業員数(3万5429人)にも現れている。新たな雇用を創出したのはEモビリティに負うものが大きく、タイカンによって約2000人の新規雇用が行われた。

 

また、さらなる成長の促すため、2024年までに自動車のハイブリッド化、電動化、デジタル化に約100億ユーロを投資し、Eモビリティ分野を一貫して強化する計画。タイカン初の派生モデルとなるタイカンクロスツーリスモの発売も決定し、ミドルサイズSUVのマカンも電化されてポルシェにとって2番目のフルバッテリー駆動モデルになる。2025年までに販売台数の半分を電気駆動モデルとプラグインハイブリッドモデルとして販売する予定だ。

 

ポルシェが2019年度の販売台数・売上高・営業利益の新記録を樹立、発表の様子

ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは「過去5年間で業績を60%以上伸ばしました。これによって、経済的、環境保護、及び社会的な分野において企業責任を十分に果たすための前提条件が整いました」と語る。

 

ポルシェAG取締役会会長オリバー・ブルーメの談話

 

「タイカンについては、2019年9月のワールドプレミア前に約3万件の真摯な購入に関する問い合わせをいただきました。そして1万5000人以上のお客様が実際に購入契約に署名されました。タイカン、911、718、及びカイエンクーペによって、2020年にも高い需要を生み出すことができると確信しています」

 

「ポルシェは、持続可能なモビリティの先駆者として、近年重要な対策を実施してきました。2019年には多くの感動的な新製品を導入しており、とりわけポルシェ初のフル電動スポーツカーであるタイカンを発売しました。効率的なガソリン車、高性能プラグインハイブリッド車、フル電動スポーツカーで構成される魅力的な製品レンジによって、2019会計年度も再び販売台数が増加しました」

 

「私たちの主な目標は、価値を生み出す成長です。過去5年間で業績を60%以上伸ばしました。これによって、経済的、環境保護、及び社会的な分野において企業責任を十分に果たすための前提条件が整いました」

 

ポルシェが2019年度の販売台数・売上高・営業利益の新記録を樹立、発表の様子

ポルシェAG財務及びIT担当の取締役会副会長であるルッツ・メシュケは「効率性を高める対策を講じ、収益性の高い新しい事業分野を開発することで、15%の営業利益率という戦略目標の達成を目指します」と話す。

 

ポルシェAG財務及びIT担当 取締役会副会長ルッツ・メシュケの談話

 

「私たちは、2019年に売上高と営業利益(特別損益前)について新記録を達成しました。営業利益の増加は、特に販売台数の大幅な増加と、他の事業分野及び部門の積極的な進展によるものです。同時に、当社の成長による固定費の増加、電動化とデジタル化への多額の投資、及び通貨の影響は、業績にマイナスの影響を与えました。それでも15.4%の営業利益率(特別損益前)と21.2%の投資利益率によって戦略的目標を再び上回りました」

 

「特にコロナウイルスに関連する不確実性を考慮すると、今後数ヵ月にわたって私たちは経済的及び政治的に厳しい環境に直面します」

 

「製品レンジの電動化、デジタル化、及び工場の拡大とリニューアルに関する非常に高額の投資にもかかわらず、当社は高い収益目標の達成を継続することを目指しています。効率性を高める対策を講じ、収益性の高い新しい事業分野を開発することで、15%の営業利益率という戦略目標の達成を目指します」