GENROQ 5月号、発売中! フェラーリF8トリブート国内初試乗

GENROQ 2020 5月号発売、フェラーリF8トリブートの走行シーン

British World – 英国車の挑戦

GENROQ 2020年5月号 3月26日発売

 

 

GENROQ 2020 5月号発売、フェラーリF8トリブートの走行シーン

「近年まれに見るライドコンフォート性能の持ち主だ」と、試乗を終えたモータージャーナリストの西川 淳氏は語る。

 

Recommend:1

フェラーリF8トリブートの実力

 

フェラーリのラインナップの中でも、最もピュアなスポーツ性を持つのがV8ミッドシップのモデル。その最新バージョンであるF8トリブートがついに日本へ上陸した。

 

2019年のジュネーブ・ショーで発表されたF8トリブートは、488ピスタ譲りの3.9リッターV8ツインターボを搭載し、720ps/770Nmを発揮。0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は340km/hと謳われているモデルだ。

 

GENROQ 2020 5月号発売、フェラーリF8トリブートのリヤセクション

テールライトは丸目4灯となり、リヤエンドのスリットがダウンフォースを生み出す。

 

GENROQはこのF8トリブートをどこよりも早く路上に連れ出し、インプレッションを敢行。昨年、イタリア・マラネッロで現地試乗を行った西川 淳氏が、改めて東京の路上でその感触を確かめた。果たして、最新フェラーリV8ミッドシップ・ベルリネッタの走りは如何に!?

 

GENROQ 2020 5月号発売、ランボルギーニ ウルスの走行シーン

スーパースポーツ顔負けのオンロード性能を持つウルスだが、オフロードではどんな走りを披露したのか?

 

Recommend:2

ランボルギーニ ウルスの本格オフロードアタック!

 

SUV造りは難しい・・・SUVたるもの背が高いのにFWDとか、背が高くてAWDなのに雪の坂道を登れないとか、見る人の期待を裏切ってはいけないと思う。プレミアムブランドにおいては尚更だ。たとえSUVであってもスーパースポーツカーメーカーが造る以上それなりに走る性能をもっていてほしいし、超高級ブランドなら室内は豪奢であってほしいものだ。

 

GENROQ 2020 5月号発売、ランボルギーニ ウルスの走行シーン

泥濘地は厳しいものの、圧倒的な旋回性能は十分に楽しむことができた。

 

つまりプレミアムブランドのSUVに期待される性能は結構高い! ということで、我々はランボルギーニ ウルスをオフロードコースに持ち込んだ。テスト車に装着されるタイヤは21インチのピレリPゼロだったりするので、無謀感が現場に漂ったのは言うまでもない。はたしてウルスは無事にオフロードを走りきったのか? ぜひ本誌で確かめて欲しい。

 

GENROQ 2020 5月号発売、モーガン3ホイーラーのフロントセクション

S&S製Vツインエンジンを搭載。最高出力69ps/最大トルク129Nmの実力を誇る。

 

Recommend:3

禁断の1台。モーガン3ホイーラー

1910年創業のモーガン社を代表するモデルが3ホイーラーだ。2011年に復活を遂げ、そのパワートレインはS&S製の2.0リッターVツインエンジンにマツダ製5速MT(ロードスター用)を組み合わせたものだ。

 

GENROQ 2020 5月号発売、モーガン3ホイーラーの走行シーン

シックなツイードジャケットを羽織り、軽快に3ホイーラーを操る吉田拓生氏。

 

今回は由緒正しき歴史ある1台を、これまた由緒正しき歴史ある古都・鎌倉で撮影してきた。乗り手は英国車に一家言あるモータージャーナリスト・吉田拓生氏。英国で購入したという拘りのツイードジャケットにゴーグルという装いで撮影現場に登場。3ホイーラーを操る吉田拓生氏を見ていると、まるでタイムスリップした気分だ。

 

タウンスピードでもドーパミンが噴き出すほどの快感を味わえるモーガン3ホイーラー。凡庸なスポーツカーにはない、リアルな感触はまさに唯一無二の存在だった。

 

 

【Information】

GENROQ 2020年5月号

発売日:3月26日(木)

定価:998円(税込)

 

 

PHOTO/小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)、田村 弥(Wataru TAMURA)

 

 

【関連リンク】

・GENROQ 2020年5月号