アウディがA6&A7スポーツバックに、2.0リッターディーゼル「40 TDI」を追加

アウディがA6とA7に2.0リッターディーゼル「40 TDI」を追加、A6 40 TDI クワトロとA7 スポーツバック 40 TDI クワトロ

Audi A6 40 TDI quattro / A7 Sportback 40 TDI quattro

アウディ A6 40 TDI クワトロ/A7 スポーツバック 40 TDI クワトロ

 

 

最新の2.0リッター直4ターボディーゼルを追加

 

アウディ ジャパンは、新開発の2.0リッターTDIエンジンを搭載する「A6 40 TDI クワトロ」と「A7 スポーツバック 40 TDI クワトロ」をラインナップに追加。全国のアウディ正規販売店を通じて販売を開始した。

 

A6とA7スポーツバックは、これまで3.0リッターV型6気筒直噴ターボと2.0リッター直4ガソリンターボを国内で展開しているが、ここに2.0リッター直4ディーゼルターボが加わり、エンジンはカスタマーの好みと使用条件に応じて3機種から選べるようになった。

 

アウディがA6とA7に2.0リッターディーゼル「40 TDI」を追加、A6 アバント 40 TDI クワトロの走行イメージ

A6 40 TDI クワトロは、セダンとアバントの2タイプのボディに、それぞれにSportグレードを加えた4モデルをラインナップする。ステアリングはすべて右のみ。

 

12Vマイルドハイブリッドシステムを採用

 

最新の排ガス基準に適合したTDIエンジン(EA288 evo型)は、最高出力204ps/3750~4200rpm/最大トルク400Nm/1750~3500rpmを発生し、新たにリチウムイオンバッテリーを用いた12Vマイルドハイブリッドシステムを採用。エンジンと電気モーターが協働することで余裕ある加速感や快適性、そして環境性能を両立する。

 

12Vマイルドハイブリッドシステムは、従来の電装系用バッテリーに加えリチウムイオンバッテリーを利用するもので、この2つ目のバッテリーのサポートによって55~160km/hの範囲でエンジンを休止させるコースティング走行、あるいは22km/h以下でのアイドリングストップを実現する。また、5秒間のエンジンアシスト(最大2kW/60Nm)も可能となり、通常のスターターモーターより大型のBAS(ベルト オルタネーター スターター)を搭載することで、スムーズなエンジン停止・再始動をもたらす。緻密な回生と効率アシストは欧州計測値で3%の省燃費効果を計上する。

 

アウディがA6とA7に2.0リッターディーゼル「40 TDI」を追加、A7 スポーツバック 40 TDI クワトロ

今回2.0リッターTDIを導入し国内販売するA7 スポーツバックは1グレードのみ。 車両本体価格は税込で812万円。

 

環境性能に優れたクリーンディーゼルモデル

 

アルミ製のシリンダーブロック/ピストンなどで軽量化に成功したTDIエンジンには新開発の8穴ソレノイドインジェクターが採用され、2200barの燃料噴射圧を背景に従来のピエゾ式と同等のレスポンス&正確な噴射コントロールを実現。状況に応じ1行程あたり合計5~8回の噴射(パイロット/メイン/ポスト噴射)を行う。

 

排ガス処理には燃焼温度を最適に保つ高圧及び低圧の2チャンネルEGRのほか、アンモニア酸化触媒、パティキュレートフィルター、尿素噴射SCRを採用。これらの連携作用により、あらゆる温度条件で効率的なエミッションコントロールを行う。

 

A6及びA7 スポーツバック 40 TDI クワトロは、最新のTDIエンジンに12Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ、7速Sトロニック、AWDクラッチを使用する高効率なクワトロシステムとの協調により、高い環境性能と低振動・静粛性などを併せ持ち優れたバランスを実現する。

 

 

【車両本体価格(税込)】

アウディ A6 40 TDI クワトロ:745万円

アウディ A6 40 TDI クワトロ スポーツ:792万円

アウディ A6 アバント 40 TDI クワトロ:781万円

アウディ A6 アバント 40 TDI クワトロ スポーツ:828万円

アウディ A7 スポーツバック 40 TDI クワトロ:812万円

 

 

【問い合わせ】

アウディ コミュニケーション センター

TEL 0120-598-106

 

 

【関連リンク】

・アウディ ジャパン 公式サイト

https://www.audi.co.jp/