オンラインでモータースポーツの魅力を発信する「e-Motorsports Studio supported by TGR」オープン

トヨタの施設内に設置される「e-Motorsports Studio」のイメージ

トヨタ所有の事業所内にオンラインゲーム環境を設置

 

TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、モータースポーツイベントの中止・延期が相次ぐ中、トヨタが所有する事業所内に「e-Motorsports Studio supported by TGR(e-Motorsports Studio)」を4月17日に開設する。

 

e-Motorsports Studioは、PlayStation4用ソフト「グランツーリスモSPORT」に対応したレーシングシミュレーターとネットワークを配備。国内外トップクラスのレーシングドライバーが活用するための“オンラインスタジオ”となる。

 

この施設では、レーシングドライバーがそれぞれ企画したe-Motorsports大会を通じて、世界中のドライバーやファンと自由に繋がり、様々な企画を実施することが可能となる。しかし、レーシングドライバーの集会や一般のファンの来場、参加を目的とするものではないという。

 

東京モーターショー2019で開催された「GR Supra GT CUP」

プレイステーション4用ゲーム「グランツーリスモSPORT」に対応した設備となり、TGRが企画した「GR Supra GT CUP」など、様々なオンラインイベントの開催が計画されている。

 

グランツーリスモSPORT公式レースの開催も

 

「e-Motorsports Studio」活用例としては、以下のような例が挙げられている。

 

・レーシングドライバー同士でのオンラインレースを開催、その様子をYoutubeチャンネル等で中継。

・「グランツーリスモSPORT」トッププレイヤーによるオンラインレッスンの配信。

・「GTチャンピオンシップ」や「GR Supra GT CUP」などのグランツーリスモSPORT公式レースへ参戦、その様子を放映。

・ル・マン24時間レースの当初の開催日にTGR所属WECドライバー6名がオンライン上で参戦する「TS050 Hybrid ワンメークレース(仮称)」の開催、放映。

 

今回の試みは「このような時だからこそ、ひとりでも多くのファンの方にモータースポーツの魅力を届けたい」というレーシングドライバーの想いを受けて実現したもの。TGRとして、従来のモータースポーツでは見ることのできない、メーカーやレースカテゴリー、さらにはリアルとバーチャルの枠を超えたe-Motorsportsならではのコンテンツを発信することが目的とされている。モータースポーツに触れたことのない層に向けても、新たなエンターテインメントのひとつとして発展できるよう取り組んでいくという。

 

使用に際し求められる新型コロナウイルス対策

 

この施設を使用する場合は、次に該当するメンバーが1名以上いること。もしくはオンライン上で参加することが条件となる。レーシングドライバー、国際Cライセンス以上所有者もしくはJAF全日本格式競技の参戦経験者。「グランツーリスモSPORT」トッププレイヤーか「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」18年、19年ワールドツアー出場者。

 

また、下記の新型コロナウイルスへの対策を実施・徹底することも求められている。使用14日前からのドライバー/スタッフ全員の健康状態の管理(チェックリストの提出)。入退場時の手洗い、うがい、検温の徹底(37.5度以上ある方の入場は不可)。ドライバー以外のスタッフ全員のマスク着用など。

 

 

【企画概要】

e-Motorsports Studio supported by TGR

開設期間:2020年4月17日〜(終了時期未定)
場所:トヨタが所有する事業所内
使用環境:

(1)「グランツーリスモSPORT」用レーシングシミュレーター4台、4台でのオフライン対戦および『ロビー機能』を活用したネットワーク対戦(最大16人)が可能。

(2)レースオペレーター(ゲーム設定、ネットワーク接続、配信等)。

(3)TGR Youtubeチャンネルでの中継・配信。