マクラーレン エルヴァ上陸! フロントウインドウを持たない815psを誇る究極のロードスター

マクラーレン・エルヴァのアンベールシーン

McLaren Elva

マクラーレン エルヴァ

 

 

セナをも凌ぐ最新アルティメット・シリーズ「エルヴァ」

 

4月6日、マクラーレンのアルティメット・シリーズ初のオープンモデルである「エルヴァ(Elva)」が日本で公開された。

 

アルティメット・シリーズとはマクラーレンの最高峰ラインであり、これまでにP1、P1 GTR、セナ、セナ GTR、スピードテイルのわずか5モデルしかリリースされていない。その最新作であるエルヴァは、6作目にしてアルティメット・シリーズ初のオープンモデルとなった。いや、エルヴァは単なるオープンモデルというだけでなく、開閉可能なルーフはおろか、ウインドウスクリーンさえ省いた究極のロードスターである。

 

しかも、アルティメット・シリーズの一員であるからにはパフォーマンスが超ド級であることは言うまでもなく、4.0リッターV8ツインターボ・エンジンから絞り出す最高出力はセナを15ps上回る815ps。加えて車重はセナの1198kgより軽いことが確約されているため、0-200km/h加速はセナを凌ぐ6.7秒でクリアするという。

 

それにしてもオープンモデルでありながらセナを凌ぐ動力性能が与えられたエルヴァの位置づけとは、はたしてどのようなものなのか?

 

マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社の代表を務める正本氏によるエルヴァのプレゼンテーションの模様

マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社の代表を務める正本氏によるエルヴァのプレゼンテーションの模様。エルヴァの位置付けを説明した。

 

オンロードで楽しむための究極のオープン・スポーツ

 

今回の発表に際して、マクラーレンは1枚のグラフを用いてエルヴァのポジショニングを説明した。このグラフは上に行けば行くほど高価で、水平の座標軸は右がサーキット指向、左がオンロード指向を意味する。アルティメット・シリーズはスポーツ・シリーズやスーパー・シリーズよりも高価なので、このグラフでは両シリーズの上側に位置する。この帯状に広がった領域の中でいちばん右側、つまりサーキット指向が強いのがセナ GTRで、そのすぐ左側にはセナが陣取る。これとは対照的に、もっとも左側に位置するのがスピードテイルで、これとセナの中間に位置するのがニューモデルのエルヴァだという。

 

公式な説明に私がダメ出しするのも妙な話だが、このグラフだけではエルヴァのポジショニングを説明し切れていないように思う。個人的には、サーキット指向を片方の極に、そしてオンロード指向を反対側の極に置くならば、エルヴァとスピードテイルはともにオンロード指向の強いモデルとして近いポジションに位置すべきだろう。そのうえで、コーナリング主体か、それともストレートスピード主体かという新たな軸を設け、ここでコーナリング主体はエルヴァ、ストレートスピード主体はスピードテイルに位置づけるほうが、それぞれの特徴をより明確に説明できるように思う。

 

マクラーレンのジェンス・ルードマンCOOはエルヴァのコンセプトを次のように説明する。

 

「エルヴァはセナよりも軽いマクラーレンの最軽量モデルです。現在は認証作業中のため最終的な車重は申し上げられませんが、セナより軽くなることは間違いありません。これほど軽量なのですから、エルヴァのアジリティが優れているのは当然のこと。なぜなら、アジリティにとってもっとも支配的な要素が重量だからです。正確に作動するステアリングとブレーキングがあって、しかも軽量であれば、そのクルマのアジリティは確実に優れたものとなります。しかもエルヴァはオープンモデルなので、風に髪をなびかせながらツィスティーなワインディングロードでのドライビングが楽しめます。これは言葉では言い表せないほど爽快な体験ですよ」

 

つまり、セナ並みのコーナリング性能をオンロードで楽しむためのロードスターがエルヴァなのである。

 

マクラーレン・エルヴァのフロントスタイル

フロントボンネット上には可動式のディフレクターが設けられ、これを動かくことにより、コクピットに風の流入を防ぐ仕組みだ。

 

フロントウインドウの役目は風が作り出す

 

ここまでの説明で想像できるとおり、エルヴァはハードウェアの多くをセナと共有している。その一方で大きく異なっているのがオープン化に関わるもので、中でも注目されるのがフロントウインドウを不要としたアクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)だろう。

 

このAAMSをひと言でいうなら「風で作り出したウインドウスクリーン」となる。ボディ前部の低い位置から取り込まれたエアフローの一部は、コクピット直前のボンネット上に設けられたエアアウトレットから上方に向けて排出。このエアフローにより、前方からコクピットに向かってきた気流は上方に跳ね上げられる。さらに、エアアウトレットの前側にはディフレクターが配置されており、AAMSのシステムを作動させるとこのディフレクターが150mm迫り上がることで気流を上に向けて跳ね上げる効果を強調。コクピットにはほとんど風が流れ込まない状況を作れるようだ。

 

ルードマンCOOはAAMSの効果をこんなふうに説明してくれた。

 

「AAMSは驚くほどの効果を発揮します。手を高く上に伸ばすと、そこにものすごい勢いの風が流れていることに気づいてびっくりされるはずです。ところが、コクピットに強い風が巻き込んでくることはありません。軽く頬を撫でる程度の風を感じるだけです。しかも、Aピラーが存在しないから、その開放感は従来のコンバーチブルモデルとは別次元です。本当に驚きますよ」

 

マクラーレン・エルヴァのコクピット

ルーフはもちろん、フロントウインドウすら持たないオープン・コクピットとなるエルヴァ。他のモデルよりもセンターモニターを大型化し、新たに待望のAppleCarPlayやAndroid Autoに対応するようになったのも注目だ。

 

アメリカ仕様はウインドウを装備

 

それにしても、コクピットに風が流れ込まないだけでハードウェアとしてのウインドウスクリーンがないとなると、前車が巻き上げた小石などがドライバーを直撃しないのか心配になる。この点はどうなのか?

 

「いいえ、心配には及びません」

 

ルードマンCOOは自信たっぷりな様子でそう答えた。

 

「これまで非常に長い距離のテストドライブを行ないましたが、ホコリのように軽いものが飛んできたことはあっても、小石のように重いものが飛んできたことは一度もありませんでした。とはいえ、ドライバーの目に万一ホコリが入ると危険なので、ゴーグルもしくはサングラスの装着が推奨されます。フルフェイスのヘルメットであればより安全ですが、これらは義務づけではなく、あくまでも推奨の範囲です」

 

ちなみにエルヴァにはオーナーにあわせて特別に製作されたベル製ヘルメットが2個ついてくる。また、アメリカの法規はウインドウスクリーンの装着を義務づけているため、アメリカ向けのエルヴァは全車ウインドウスクリーン付きとなる。ちなみに日本市場ではウインドウスクリーンなしでも登録できるが、オーナーが希望すればウインドウスクリーン付きもオーダー可能である。

 

マクラーレン・エルヴァのリヤスタイル

エキゾーストシステムは、上方排気に2本、後方に2本と全4本の構成。こうすることにより、高音と中低音に分けられ、これまでにないほどの快音を響かせるという。

 

快音を奏でるエキゾーストノート

 

エルヴァのもうひとつの特徴がエキゾーストノートで、ボディ後方には4本のエキゾーストパイプを装備している。このうち2本がリヤデッキ上に上方に向けて装着されており、残り2本はテールエンドから後方に向けて装着される。ここで上方向けのテールパイプからは高音成分が、後方向けのテールパイプからは中低音成分が発せられ、これらが渾然一体となって得も言われぬほど美しい音色を響かせるという。ちなみにエキゾーストパイプの素材にはインコネルとチタンの両方を用いているが、これはこのセグメントで世界初の試みである。

 

エルヴァの生産台数は当初399台と発表されていたが、新型コロナウイルスの影響などもあって249台しか生産されないことになった。価格は137万5000ポンド(約1億8000万円)。

 

マクラーレン・エルヴァのフロントスタイル

昨今、一部のスペシャルカスタマーに向けたこのようなモデルは少なくない。フェラーリSP1やSP2も似たようなコンセプトだが、マクラーレンが決定的に違うのは、単なるスタイリングで魅せる車両ではなく、最新技術を駆使して造られている点。フロントウインドウを持たずともキャビンを快適に維持するというアイデアは、まさに画期的。マクラーレンでしか成し得ないユニークなモデルである。

 

マクラーレンらしいユニークかつ唯一無二のコンセプト

 

この種のスペシャルモデルはライバルメーカーからも次々とリリースされているが、そうしたモデルの中には「量産モデルとちょっとデザインを変えただけ」というケースが少なくない。けれどもエルヴァは究極のオープンエアモータリングと究極のオンロード・ハンドリングマシーンを組み合わせたという意味において斬新で、少なくともマクラーレンの中に同様のコンセプトをもつモデルはひとつもない。よく「マクラーレンはモデルが多すぎて、どれがどれだかよく分からない」といった声を耳にするが、実際にはそれぞれのモデルがユニークなコンセプトで造り上げられているのがマクラーレンの特徴なのである。

 

ちなみにエルヴァは1950年代から1960年代にかけてロードカーやレーシングカーを手がけたイギリスのスポーツカーメーカーであり、マクラーレンが開発したスポーツプロトタイプのレーシングカーをカスタマーチーム向けに量産したことで知られる。今回、マクラーレンはこのエルヴァ・ブランドの使用権を取得。この画期的なロードカーのモデル名に用いたのである。

 

 

REPORT/大谷達也(Tatsuya OTANI)

PHOTO/小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)