ベントレー フライングスパーの「タッチスクリーン・リモート」、タッチパネルで直感的にリヤキャビンの環境を設定

タッチスクリーン・リモートのインターフェイス

後席パッセンジャーの操作機能を集約

 

新型「ベントレー フライングスパー」に採用された多機能「タッチスクリーン・リモート(TSR)」により、リヤシートのパッセンジャーは、これまでにないほど様々な機能を操作できるようになった。キャビン内の環境をさらに細かく快適に設定することが可能になったのだ。

 

TSRはフライングスパーのラグジュアリーなキャビンの機能をカプセル化。直感的な電子デバイスでありながら、ベントレーらしいダイヤモンド・ローレットが施された美しいポリッシュメタルで仕上げられている。

 

スイッチを押すだけで、リヤコンソールにマグネットで固定された操作デバイスは自動的に展開。リヤシートのパッセンジャーが利用できるようになる。

 

タッチスクリーン・リモートの「ハンドヘルド・リモート」

スマートフォンのような形状の「ハンドヘルド・リモート」は、1280×720ピクセルのタッチスクリーンを採用。様々な機能の操作をこのデバイスを介して行うことができる。

 

ハンドヘルド・リモートとして取り出して使用も可能

 

本体から取り出して使用できるスマートフォンのような形状の「ハンドヘルド・リモート」は、4コアプロセッサと1GBのオンボードRAMを搭載。それ自体がパワフルなコンピューターデバイスと言えるだろう。

 

1280×720ピクセルのディスプレイがインターフェイスを形成し、3軸加速度計や近接センサーを含む最先端センサーを採用。タッチパネルにより直感的な使用が可能になった。また、3200mAhリチウムポリマーバッテリーを搭載しており、定期的な充電を必要とせずに長距離移動でも継続的な動作が保証されている。

 

フライングスパーのリヤシートはクラス最高の快適性を実現。座席はTSRによりバックレストとクッションを14通りに調節可能で、シートヒーターとベンチレーションは6つのモードを用意し、さらにアームレストヒーティングや5種類のマッサージ機能も備えている。

 

エアコンディショナーの設定は、TSRを使うことでパッセンジャーシート両サイドそれぞれを独立して設定することが可能。室内温度/空気の分配/ファンの強さ/静電気除去装置(イオナイザー)の起動など、完全に個別制御することができる。

 

タッチスクリーン・リモートのインターフェイス

室内に注ぎ込まれる自然光は、パノラミックサンルーフによりコントロール。「お気に入り」を登録することで、室内の明るさを自分の好みに設定することができる。

 

昼夜を問わずキャビンの明るさを自分の好みに設定

 

キャビンの照明は昼夜を問わずに操作が可能。TSRはフライングスパーのパノラミックサンルーフとウィンドウを制御することで、パッセンジャーの好みに合わせて自然光を室内に取り入れる。

 

プライバシーレベルを高めるため、パノラマサンシェードとリヤウィンドウブラインドが用意された。オプションのムードライティングを使用すると、リヤシートのパッセンジャーは好みの設定を「お気に入り」として保存し、周囲の色と明るさを自分の好みに合わせることができる。

 

タッチスクリーン・リモートのインターフェイス

室内環境やオーディオだけでなく、これまで前席のみに提供されていた様々な情報の表示も可能。また、ボンネットに備わるフライングBの収納・展開もすることができる。

 

リヤキャビンからあらゆる情報にアクセス

 

TSRを介して、リヤシートのパッセンジャーも様々なドライバー情報にアクセスが可能になった。これまでは前席にのみ表示されていた速度/移動情報/外気温度/ナビゲーションなどのインフォメーションを確認できる。つまり、より一体感を持ってドライブ体験が可能になっている。

 

オプションの「ネイム・フォー・ベントレー(Naim for Bentley)・オーディオシステム」は2200Wの出力と18スピーカーを備え、最高の音楽環境をリヤシートに提供する。もちろんTSRのオーディオ・インターフェイスは、現代的で直感的なグラフィックが実現されている。

 

最後に紹介する機能が、フライングスパーのボンネットに輝く「フライングB」マスコットのリモート収納だ。TSRを操作することで、リヤシートのパッセンジャーは自由に、収納・展開ができるようになっている。