ミシュランが欧州10拠点でマスクとフェイスシールドの生産を開始

公開日 : 2020/04/15 16:10 最終更新日 : 2020/04/15 16:10


ミシュランが欧州10拠点でマスクとフェイスシールドを生産

使い捨てマスクを毎週約40万枚生産

 

ミシュランは、世界的に感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVID-19)に対抗するため、欧州にある同社の10拠点にてマスク及び医療従事者向け防護フェイスシールドの生産を開始する。

 

ミシュランが欧州10拠点でマスクとフェイスシールドを生産、紙マスク

欧州10拠点でマスクの生産をスタート。使い捨ての紙マスクは毎週約40万枚生産し、順次増産していく予定だ。

 

今回ミシュランが生産するマスクは使い捨て用の紙マスクと再利用可能なタイプの2種類で、事業展開する各国の医療機関や従業員に提供する。まずは欧州の10拠点で毎週約40万枚の使い捨てマスクの生産をスタートし、順次増産していく予定だ。一方、再利用可能マスクは5月までに週100万枚、6月には週500万枚のペースでの生産を目指す。このマスクは洗浄することで再利用でき、交換可能なフィルターによって100回まで使用できるため、週生産500万枚は使い捨てマスク5億枚に相当する。

 

ミシュランが欧州10拠点でマスクとフェイスシールドを生産、再利用可能マスク

交換できるフィルターを用いた再利用可能マスクは洗浄も可能で、繰り返し100回の使用に耐える。5月までに週100万枚、6月には週500万枚の生産を目指す。

 

また、フランスの病院から受けた要請により、医療従事者向けの滅菌可能なポリカーボネート製フェイスシールド(防護マスク)の製造もスタートし、4月中旬以降に1万枚を外部委託生産の予定。この他にも人工呼吸器、医療機械部品、医療用クッション、消毒剤などを生産するプロジェクトも進めており、今後も行政や業界団体と連携を図りながら支援を行っていく。