ロータス、エヴァイヤのために開発した最新コンフィギュレーターの映像を公開【動画】

公開日 : 2020/04/16 06:30 最終更新日 : 2020/04/16 06:30


エヴァイヤのために開発された最新コンフィギュレーター

Lotus Evija

ロータス エヴァイヤ

 

 

公式YouTubeにエヴァイヤの最新動画をアップ

 

カスタマーへのデリバリーが迫る、ロータス初のEVハイパースポーツ「エヴァイヤ」。ロータスカーズは、それぞれのカスタマーが購入の際、愛車の仕様を決める最新のコンフィギュレーターを開発した。エヴァイヤの生産は2020年後半からスタートし、最初の年の販売割り当て台数はすでにソールドアウトしている。

 

最高システム出力2000psを誇るエヴァイヤのオーナーは、あらゆる箇所で独自の仕様を求めることができる。豊富なエクステリアカラーの組み合わせ、多種多様なインテリアトリムなどはそのごく一部だ。

 

今回ロータスカーズは、エヴァイヤのコンフィギュレーターからキャプチャーされたプロモーション映像を公式YouTubeで公開した。動画内では本拠地である英国・ヘセルのロータス・デザインスタジオ内のセットを背景に、「カーボンブラック・アクセントパック」をチョイスしたアトミックレッドのエヴァイヤを配置。さらに、ソラリスイエローとカーボンブラックのボディカラーも提示し、ホイールの選択画面などを確認できる。

 

エヴァイヤのために開発された最新コンフィギュレーター

エヴァイヤの購入を考えているカスタマーは、高度な技術を用いて開発された専用コンフィギュレーターでボディカラーや仕様を決めることができる。

 

レースゲームのソフトを活用したコンフュギュレーター

 

愛車の仕様を決めるため、オーナーに与えられるのがエヴァイヤのために開発されたタッチスクリーン・コンフィギュレーターだ。

 

特別に設計された強力なグラフィックプロセッサにより、まるで実車のような高解像度アニメーション映像が目の前に提示される。このコンフィギュレーターの開発には最新レーシングゲームのソフトウェアが使用されており、カスタマーは自身が決めた仕様のエクステリアやインテリアを、360度あらゆる角度から映像として確認することができる。

 

また、「レイ・トレーシング」と呼ばれる高度な映像技術を活用したことで、世界中の様々な環境下にエヴァイヤを置いて自然光によりボディカラーがどのように見えるかをチェックすることも可能となっている。

 

エヴァイヤのために開発された最新コンフィギュレーター

エヴァイヤのオーナーには、それぞれの製造工程を撮影し1冊にまとめたビルドブックが製作され、納車式においてキーと共にプレゼントされる。

 

エヴァイヤのオーナーに与えられる様々な特典

 

コンフィギュレーターは、エヴァイヤにまつわる特別な経験のごくごく一部に過ぎない。オーダーから納車に至るまでのプロセスにおいて、カスタマーはエヴァイヤの“スペシャル”な技術を反映した、ユニークなギフトがロータスから提供されるという。

 

そのひとつが、それぞれのクルマの組立工程を撮影して1冊にまとめた美しい手作りのビルドブックだ。この本はカスタマーへの車両引き渡しイベントにおいて、エヴァイヤのキーと共に手渡される。

 

ロータスカーズのグローバルマーケティング担当エグゼクティブ・ディレクターを務めるサイモン・クレアは、以下のようにコメントした。

 

「私たちはすべてのお客様に対して、経験豊富なチームがあらゆるリクエストにお応えできる体制を整えました。このコンフィギュレーターなど、最先端のデジタルツールを使用することで、世界中のどこからでもお客様の好みやリクエストに対応することができるでしょう」