ブガッティ流の「在宅勤務」とは。ロックダウン中も前進を続けるハイパースポーツ開発 | Bugatti_home_04175 | 2枚目の写真 (全6枚)

公開日 : 2020/04/19 06:30 最終更新日 : 2020/04/19 06:30

  • ブガッティ流の「在宅勤務」とは。ロックダウン中も前進を続けるハイパースポーツ開発 | Bugatti_home_04176 | 1枚目の写真 (全6枚) 愛車の911に笑顔で収まるボーンホルスト。しかし、何より願うのはチーム全員でクルマづくりができるいつもの日々だ。
  • ブガッティ流の「在宅勤務」とは。ロックダウン中も前進を続けるハイパースポーツ開発 | Bugatti_home_04175 | 2枚目の写真 (全6枚) 自身の工房で愛車の1989年製911カレラ 3.2をいじるボーンホルスト。ここは「自分のバッテリーを充電する隠れ家」だと語る。
  • ブガッティ流の「在宅勤務」とは。ロックダウン中も前進を続けるハイパースポーツ開発 | Bugatti_home_04174 | 3枚目の写真 (全6枚) 現在ブガッティは開発作業をスタッフ一人一人で行っている。
  • ブガッティ流の「在宅勤務」とは。ロックダウン中も前進を続けるハイパースポーツ開発 | Bugatti_home_04173 | 4枚目の写真 (全6枚) 次のテストに向けてパラメータを再設定する。2名乗車ができないため、通常より時間がかかる。
  • ブガッティ流の「在宅勤務」とは。ロックダウン中も前進を続けるハイパースポーツ開発 | Bugatti_home_04172 | 5枚目の写真 (全6枚) テスト部門を率いるラース・フィッシャー。
  • ブガッティ流の「在宅勤務」とは。ロックダウン中も前進を続けるハイパースポーツ開発 | Bugatti_home_04171 | 6枚目の写真 (全6枚) シロン ピュール スポールのダンパーとステアリングのデータを分析するスヴェン・ボーンホルスト(左)とラース・フィッシャー。

※ スワイプで前後の画像を表示