トムスとカシオがコラボしたレーシーなメタルウォッチ「EDIFICE ECB-10TMS」発売決定

公開日 : 2020/04/22 14:55 最終更新日 : 2020/06/22 12:03


カシオ計算機とTOM’Sのコラボレーションモデル「EDIFICE ECB-10TMS」発売

CASIO EDIFICE ECB-10TMS

カシオ エディフィス ECB-10TMS

 

 

レーシングチーム「TOM’S」とカシオが2年ぶりのコラボレーション

 

カシオ計算機はレーシングチーム「TOM’S(トムス)」とのコラボレーションモデル第2弾として、発売から20周年を迎える高機能メタルウォッチ“EDIFICE(エディフィス)”の新製品「ECB-10TMS」を5月29日より発売する。

 

国内トップクラスのレーシングチームとして伝統と実績を誇るTOM’Sは、2019年シーズンも全日本フォーミュラ選手権で所属ドライバーのニック・キャシディ選手がチャンピオンとなり、スーパーGTではGT500クラスでチームタイトルを獲得するなど活躍しているが、“Speed and Intelligence”をコンセプトにしたEDIFICEをリリースするカシオ計算機はTOM’Sに共感して2013年よりオフィシャルパートナーとしてサポートしてきた。

 

カシオ計算機とTOM’Sのコラボレーションモデル「EDIFICE ECB-10TMS」発売

カシオ計算機とTOM’Sのコラボレーションモデル「EDIFICE ECB-10TMS」は、モータースポーツシーンでも映えるデザインと実用性を与えた特別仕様となる。

 

TOM’Sのメカニックからの要望も導入

 

今回発売されるECB-10TMSは、TOM’SとEDIFICEによる2年ぶりのコラボレーションモデル。レース時の時間管理に役立つスケジュールタイマーをはじめとした多彩な機能をもつ「ECB-10」をベースに、TOM’Sのロゴに用いられている赤富士をモチーフとした赤のグラデーションをダイヤルの内周部分やインダイヤルに採用。インダイヤルはブレーキキャリパーをイメージしたもので、“TOM’S”のロゴ入りパーツをデザインのアクセントにしている。

 

また、レーシングカーと親和性の高いカーボン素材をダイヤルに採用してモータースポーツの世界観を演出するフェイスデザインに仕上げると共に、外装ではTOM’Sのメカニックからのニーズに応え、遊環から外れにくいよう先端に厚みをもたせたバンドや傷に強いサファイアガラスを用いた風防を与えるなど、機能面も特別仕様に相応しい内容になっている。

 

さらにEDIFICEシリーズの20周年を記念し、ベゼルの“20”を赤で強調し裏蓋には“20th Anniversary EDIFICE”と刻印するなど、レースファンだけでなく時計好きにも訴求するスペシャルモデルに仕上がっている。発売は2020年5月29日より、価格は税込3万8500円。

 

 

【SPECIFACATIONS】

CASIO EDIFICE ECB-10TMS

防水性:10気圧防水

通信仕様:Bluetooth low energy

ワールドタイム:世界38都市(38タイムゾーン・サマータイム自動設定機能付)、UTCの時刻表示、ホームタイムの都市入替機能

ストップウォッチ:1/1000秒(1時間未満)/1/10秒(1時間以上)、24時間計、ラップメモリー200本付

タイマー:セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測

アラーム:時刻アラーム5本、時報

その他の機能:モバイルリンク機能、針退避機能、ダブルLEDライト、他多数

使用電池・寿命:CR2016・約2年

サイズ:51.0×48.5×12.5mm

質量:約112g

 

 

【問い合わせ】

カシオ計算機 お客様相談室

TEL 03-5334-4869

 

 

【関連リンク】

・カシオ計算機 公式サイト

https://casio.jp/