SARSウイルスを99%殺菌する高濃度オゾンシステムをタジマモーターコーポレーションが取り扱い開始

公開日 : 2020/04/22 06:30 最終更新日 : 2020/04/22 06:30


タジマモーターコーポレーションのクリーン アンド グリーン事業部設立、SANITY SYSTEMの高濃度オゾン発生器の取り扱い開始

除菌・消臭ソリューションを国内展開

 

モータースポーツ活動や車両及びパーツ開発などで名高いタジマモーターコーポレーション。中でも北米で毎年開催されているパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでは同社代表の“モンスター田嶋”氏が長年に渡って活躍するなど、国内外で大きな知名度をもつ。

 

同社ではモータースポーツ活動以外に、ウェアラブルカメラ「GoPro」の日本総代理店や電気自動車及び燃料電池車の開発、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギー事業、防災減災事業(浮揚式津波洪水対策シェルター SAFE+)、キャンピングカー事業など多方面で活躍しているが、新たに社会性が高く人々の生活の場を清潔に保つことを目的として「クリーン アンド グリーン事業部」を立ち上げた。

 

このクリーン アンド グリーン事業部がまず手掛けるのが「SANITY SYSTEM International」との日本総代理店契約であり、同社の業務用高濃度オゾン発生器による除菌・消臭ソリューションの日本展開。SANITY SYSTEMは、欧州を中心に世界18ヵ国でサービス展開を行っており、その活躍の場はカーディーラー、医療現場、介護施設、ホテル、ペットショップ、商業施設など広域にわたる。日本国内でも同様にサービスステーション(ガソリンスタンド)やカーディーラーなどの自動車事業をはじめとした各分野でサービス展開を行っていく。

 

タジマモーターコーポレーションのクリーン アンド グリーン事業部設立、SANITY SYSTEMの高濃度オゾン発生器の取り扱い開始

SANITY SYSTEMの高濃度オゾン発生器は強力な酸化力で細菌やウイルスを殺菌。使用空間を安全性を担保しながら短時間で清潔にできる。

 

強力な酸化力で細菌を除菌する高濃度オゾン発生器

 

SANITY SYSTEMがアイルランドで開発しイタリアで製造する独自の高濃度オゾン発生器は、高い酸化力によって細菌やウイルスの機能を低下させることが可能。例えば新型コロナウイルスにゲノム配列が80%以上近似しているSARSウイルスに対しての実験では、オゾンがウイルスを99%殺菌することをヨーロッパで証明している。

 

今後は手始めに、医療レベルの消毒効果を発揮する高濃度オゾン発生器により、車内の消毒・消臭をはじめとしたサービスの提供をタジマモーターコーポレーションのクリーン アンド 事業部は展開していく。

 

 

【関連リンク】

・タジマモーターコーポレーション 公式サイト

https://www.tajima-motor.com