アストンマーティン、新型コロナウイルスに対応する保証&サービスを展開

公開日 : 2020/05/01 16:05 最終更新日 : 2020/05/01 16:05


アストンマーティン、新型コロナウイルスに対応する保証&サービスを展開

対象車両の新車保証を6月30日まで延長

 

アストンマーティンは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため世界中でロックダウン(都市封鎖)を行っている現状を踏まえ、アストンマーティンに対する新車保証の延長と点検整備間隔を緩和する施策を実施する。

 

今回発表された新車保証延長の対象になる車両は、今後保証が切れる車両、2020年3月14日以降に保証が切れた車両(中国の場合は2020年1月1日以降に保証が切れたすべての新車)に適用される。さらに、車両の取り扱い説明書には指定された点検整備間隔を守らない場合に保証が無効になると記載されているが、政府による規制が緩和されて適切なディーラー業務が再開できるようになるまで規定の適用は免除される。

 

点検整備間隔の要件を緩和

 

また、新型コロナウイルスの影響によって必要な車両サービスを受けられず保証適用外になってしまう場合、インストゥルメントパネルの点検整備インジケーターが表示されてから3ヵ月(または3万200kmのどちらか早い方)以内にサービスを受ければ、該当するアストンマーティンの保証が完全に適用されるように期限付で改訂。規制緩和後にアストンマーティン・ディーラーの営業が再開した際、ディーラーは整備が必要なこれらの車両のオーナーに予約を入れるように通知を行う。

 

アストンマーティン・クライアントサービス担当ディレクターのアンディ・ウエストは以下のように語る。

 

「新型コロナウイルス感染症が引き起こしたパンデミックとそれに伴うロックダウンは、すべての人々に非常に困難な状況をもたらしました。この状況は今後も続くでしょう。当然のことながら、このような状況において車両のメンテナンスや保証は最優先事項ではありません。そのため、私たちは世界中のディーラー・ネットワークと協力し、この困難な時期を乗り越えてお客様及び弊社のスポーツカーをサポートできるように全力を尽くしています。今後状況が変化し、安全かつ適切に弊社のスポーツカーのハンドルを握ることができるようになった場合、私たちは喜んで皆様をサポートいたします」

 

なお、保証及びサービス対策の詳細については、最寄りのアストンマーティン・ディーラーに問い合わせのこと。