ランボルギーニが5月4日から生産を再開。従業員の安全を最優先で確保

公開日 : 2020/05/07 11:55 最終更新日 : 2020/05/07 11:55

徹底的なウイルス対策を施し再生産に踏み切ったランボルギーニ

3月13日の生産停止以来1ヵ月半ぶりの生産開始

 

4月26日にイタリアにおいて発表された首相令を受けて、アウトモビリ・ランボルギーニは5月4日から生産活動を再開した。サンタアガタ・ボロネーゼの本社では現在、従業員の安全を最大限確保したうえで、あらゆる対策を完了した。

 

生産活動が一時的に停止している間、ランボルギーニでは工場の一部をサントルソラ=マルピーギ総合病院で使用する医療用マスクとフェイスシールドの生産に充てたほか、シアレ・エンジニアリング・インターナショナル・グループと人工呼吸器の設計、生産にも取り組んでいる。

 

食堂のテーブルにはパーテーションが設置された

3月13日の生産停止決定後に設立された「労使合同委員会」において、安全な労働環境実現を進めている。食堂のテーブルにはパーテーションが設置された。

 

労使合同委員会による様々なウイルス対策を導入

 

5月4日の生産再開に向けて、新型コロナウイルス(COVID-19)による緊急事態を話し合う「労使合同委員会」では議論と提議が行われてきた。

 

労使合同委員会は、3月13日に生産活動を一時停止した後すぐに設立。数週間にわたって委員会のメンバーが業務に復帰する際の手順や使用する設備を見直してきた。そしてランボルギーニの従業員全員の安全を最大限に確保するため、包括的な教育をはじめとする正確な安全手順についての協力も続けている。

 

本社ファクトリーを視察するステファノ・ドメニカリCEO

生産を再開した本社工場を視察するステファノ・ドメニカリCEO。従業員の安全を確保した上での生産再開であることを強調した。

 

5月7日にニューモデルをオンラインで発表

 

アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、生産再開について以下のようにコメントした。

 

「生産再開に向けてやる気にあふれ、準備は整いました。しかし、私たちが最も大切にしているのは従業員の安全であり、それを守るために安全面での厳格な手順も実施していきます。この優先順位こそランボルギーニが他社に先駆けて休業した理由であり、現在も徹底した議論と安全な復帰のための指針となっています」

 

「まだ新型コロナウイルスとの戦いに勝利したわけではありません。今後も感染の状況を継続的に見守り、イタリア政府とエミリア・ロマーニャ州が発表するガイドラインに従って手順の見直しを図れるようにしています。この慎重にならざるを得ない局面の中で、政府と自治体からの支援に心から感謝を述べたいと思います」

 

「私たちはこれからもランボルギーニ・ファンの皆さんやお客様の夢を大切に育み、5月7日にはシリーズを完成させるニューモデルをオンラインで発表します。ランボルギーニはそれまで非常に良い結果が得られていたにもかかわらず、2020年の第1四半期は工場を閉鎖しました。こうした結果を受けて私たちは業界のリーダーとして早く復帰をし、世界各地の販売店が営業を再開後、できるだけ早く私たちのクルマを皆様にお届けしたいと思っています」