アルファロメオ ジュリアに蘇る伝説の「GTA」 車両価格は邦貨約2046万円から

公開日 : 2020/05/11 16:30 最終更新日 : 2020/05/11 16:30

アルファロメオ GTAのカラーリング提案イメージ

Alfa Romeo Giulia GTA/GTAm

アルファロメオ ジュリア GTA/GTAm

 

 

500台限定のGTAに用意した特別なカラーリング

 

アルファロメオはジュリアに高性能仕様の「GTA」及び「GTAm」を設定し500台限定で販売する。車両価格は17万6500ユーロ(約2046万円)からで、現在すでにプレオーダーを受け付けている。GTAは4座、GTAmは後席を排除した2座仕様となる。

 

2020年6月24日に創立110周年を迎えるアルファロメオが、その節目に伝説のGTAを蘇らせる。500台と限られたボリュームの特別な車両となるため、その販売方法にも特別な手法を採用するという。

 

今回、アルファロメオのスタイルセンター(チェントロ・スティーレ)はジュリアGTA及びGTAmのために専用のカラーリングを開発。顧客が思い思いに内外装をカスタマイズできるように、幾通りもの選択肢を用意した。

 

アルファロメオ GTAのカラーリング提案イメージ

アルファロメオは500台限定のGTA及びGTAmのために、スタイルセンターによる専用のカラーリングを用意した。

 

スプリントやジュニアなど往年のマシンを再解釈

 

新生GTAのカラーリング開発にあたり、チェントロ・スティーレの面々はかつてのレース界で活躍した往年のGTAを再解釈。1971年のヨーロッパツーリングカー選手権(ETCC)で勝利したマシンや1965年〜68年のスプリントGTA、GTA 1300 ジュニアなどのカラースキームを最新ジュリアへと蘇らせた。

 

もっとも象徴的なのが、1970年のETCCでトイネ・ヘゼマンスが勝利した1750 GTAmのオークル(黄土)×ホワイトの配色だろう。ボンネット上に描かれた「人を飲み込む蛇」、そしてレッド×イエローのカラーリングは1300 GTA ジュニアを彷彿させる。

 

そもそもノーズのカラーリングはレース中にドライバーが互いを認識しあうために必要だった。伝統的なホワイトマスクのカラーリングは、アルファロメオのレース史に刻まれたアイコンのひとつといえる。

 

アルファロメオ GTAのカラーリング提案。リヤ

モータースポーツフィールドで活躍した往年のマシンを彷彿とさせる配色やアイコンを採用。ゼッケンナンバーも選択することができる。

 

ゼッケンやボディカバーも選択可能

 

チェントロ・スティーレの特別なカラーリング以外に、イタリア国旗のトリコローレに敬意を表したGTAレッド、トロフィーホワイト、モントリオールグリーンも設定。

 

ブレーキキャリパーやロールバー、シートベルト、ステッチにも多彩なカラーパレットを用意している。顧客は内外装の配色のみならず、ボディサイドに掲げる「ゼッケンナンバー」や、自分のGTAに合わせたGoodwool製のボディカバーも選ぶことが可能。

 

アルファロメオ GTAmのフロントイメージ

GTAはジュリアのクアドリフォリオをベースに100kg軽量化した軽量・高性能仕様。GTAmはさらに後席も取り払い、ロールケージを装備したサーキット向けモデルとなる。

 

ベース車比で100kg軽量化したGTA

 

ジュリア GTAはジュリア クアドリフォリオがベース。同じドアパネルやシート、ウインドウを使い、スポイラーやスプリッターは日常ユースに最適な仕様となっている。一方で、GTAmはよりサーキット志向であり、後席を取り払うとともにロールバーを設置、大型のフロントスプリッターやカーボン製リヤウイングを備えたアスリート仕様だ。

 

ドライブシャフトやボンネットをはじめ、ルーフ、フロントバンパー、フロントのホイールアーチ、リヤのホイールアーチのインサート部品、サベルト製6点式ハーネスを備えたスポーツシートのシェルにはカーボンファイバーを使用。ベース車両比でじつに100kgものダイエットを達成した。

 

アルファロメオ GTAmのシートイメージ

2座仕様のGTAmのキャビンには、後席の代わりに消火器やヘルメットの収納スペースを設けている。

 

0-100km/h加速3.6秒のパフォーマンスを達成

 

結果、車重は1520kgまで軽量化された。心臓部に搭載するのは最上級グレードのクアドリフォリオに搭載するオールアルミ製の2.9リッターV6ツインターボユニットで、出力は510hpから540hpまで向上している。ゆえにパワーウェイトレシオは2.82kg/hpを実現。0-100km/h加速は3.6秒を記録している。

 

アルファロメオ GTAのGoodwool製ボディカバーイメージ

GTA及びGTAmにはGoodwool製ボディカバーも付属する。カバーも自分のクルマに合ったカラーリングを選ぶことができる。

 

聖地バロッコでの車両受け渡しも

 

ジュリア GTA及びジュリア GTAmは販売面でも特別なサービスを用意しており、製品のスペシャリストがオーダーから納車までそれぞれの顧客をフォローする。

 

さらに、GTAのデザインをモチーフにしたBellのヘルメットや、アルパインスター製のレーシングギア一式(レーシングスーツ、グローブ、シューズ)、Goodwoolのボディカバーといった様々な装備類に加え、アルファロメオ ドライビング アカデミーでの特別レッスンを受けることもできる。

 

アルファロメオ GTAmのリヤビュー

希望すれば聖地とも言える「バロッコ」のワークショップで愛車の受け渡しも可能。さらにドライビングアカデミーへの受講権など、様々な「付加価値」を用意した。

 

希望すれば、聖地ともいえるイタリア・バロッコにあるアウトデルタのワークショップで車両を受け取ることも可能という。